129件中 91 - 100件表示
  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たクライマックスシリーズ

    10月13日の阪神タイガースとのクライマックスシリーズ第1ステージでは5回までパーフェクトピッチングを見せるなど、結果7回9奪三振被安打2無四死球無失点の好投でセ・リーグクライマックスシリーズ初の勝利投手に輝いた。また10月19日の巨人との第2ステージ第2戦でも好投し、4回表での自身の打席ではバントの構えを見せ、それを警戒し前進守備を敷いたサード小笠原の間を抜くバスターエンドランを成功させるなど、バッティングでも勝利に大いに貢献した。10月27日の日本ハムとの日本シリーズ第1戦では先発投手として登板し、8回を被安打2で完投するも、初回にフェルナンド・セギノールに浴びた3ラン本塁打が響き、ファイターズ先発のダルビッシュ有に味方打線が1点に抑えられ敗戦投手となるも、チームはこの年日本一となった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たライバル

    大学でもエースになると、4年時には主将として活躍。大学3年時の(1996年)東京六大学野球秋季リーグ優勝(全勝優勝)に貢献した。慶應義塾大学の高橋由伸とは同期のライバルとして好勝負を繰り広げた。リーグ通算57試合登板、28勝15敗、防御率2.14、311奪三振。ベストナイン3回。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たJA全農Go・Go賞

    JA全農Go・Go賞:1回 (最多奪三振賞:2008年5月)川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た商学部

    徳島県徳島市出身。徳島商業高校時代は第75回全国高等学校野球選手権大会に4番・エースとして出場し、準々決勝まで進出した。その後明治大学二部商学部に進学。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た最優秀防御率

    急性感音性難聴を患ったことなどにより不調に終わり、翌はプロ入り初の二桁敗戦を喫する。は、開幕投手を任されるはずだったが、足の深爪により登板できず、替わりに二軍の開幕投手となるも、相手投手に本塁打を打たれるなど不安が残った。しかし一軍に復帰してからは調子を取り戻し、桑田真澄と最優秀防御率争いを繰り広げた。8月1日には、この年日本一になった読売ジャイアンツ相手に、プロ野球史上70人目、81度目のノーヒットノーランを達成し、対巨人戦の連敗を9で止めた。この年を最後にニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜からは3三振を奪っている。なお、この日はバッテリーを組んだ谷繁元信の、1500試合出場の日でもあった。また、前年の8月1日も巨人戦で登板し、相手先発はこの日と同じく入来祐作であった。前年は高橋由伸に通算100号本塁打を打たれた後に打球を足に受け途中降板し敗戦投手となり、チームも完封負けを喫して散々な結果となった1年後にリベンジした形となった。主力投手であった野口茂樹の故障もあり、この頃から中日のエースと呼ばれるようになる。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た神戸総合運動公園野球場

    初ホールド:2008年10月12日、対阪神タイガース24回戦(スカイマークスタジアム)、3回裏に2番手として救援登板、2回無失点川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たウェブサイト

    投手でありながらバッティングが非常に良く、2008年に一度中日退団までの通算8本塁打は、日本では現役投手1位だった(2位は元巨人の桑田真澄の通算7本塁打)。右打ちでありながら、ナゴヤドームのライトスタンドへ本塁打を放ったこともある。中日在籍時は自身のウェブサイトに全本塁打の詳細な記録を載せていた。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た完封

    は、快調な滑り出しも、5月に右肩関節唇損傷により離脱。だが、翌は、リーグ最優秀選手、沢村賞など合計9つのタイトルを獲得し、チームのリーグ優勝に貢献。5月15日の対横浜戦では、7回二死二塁から2ラン本塁打を放ち、2対0で両チーム唯一の打点を挙げての完封勝利を達成。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たスターティングメンバー

    5月20日の千葉ロッテマリーンズ戦(交流戦)で8回途中まで完全試合のペースで好投。しかし李承燁に対してカウントがフルカウントになり、四球で歩かせてノーヒットノーランを狙うことも考えたが、既に川上はノーヒットノーランを達成していたために完全試合狙いに切り替えてストライク勝負を選択し、本塁打を打たれた。球団初の完全試合は逃したが、結局ヒットはこれ1本のみの四死球なしで完投勝利、同時にスタメン全員から奪三振という珍しい記録を達成した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た釧路市民球場

    初本塁打:1998年7月11日、対横浜ベイスターズ11回戦(釧路市民球場)、3回表に川村丈夫から左越同点2ラン川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

129件中 91 - 100件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード