135件中 91 - 100件表示
  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たベストナイン (日本プロ野球)

    ベストナイン:2回 (投手部門:2004年、2006年)川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たポストシーズン

    には、8月3日の対横浜戦で、NPB史上124人目(チーム史上9人目)の一軍公式戦通算100勝に到達。228試合目での到達は、212試合の杉下茂、221試合の服部受弘に次いで、チーム史上3番目のスピード記録であった。レギュラーシーズン通算では、4年連続二桁勝利を達成。規定投球回に達しながら完投を記録できないなど、本調子には至らなかったが、K/BBはNPB12球団の規定投球回数到達者でトップの6.90であった。チームのレギュラーシーズン2位で迎えたポストシーズンでは、阪神とのクライマックスシリーズ ファーストステージ第1戦(ナゴヤドーム)で、7回を9奪三振被安打2無四死球無失点と好投。同シリーズ初の勝利を記録した。巨人とのファイナルステージでは、第2戦の先発で、7回を4失点という内容ながら勝利投手。チームの同ステージ3連勝で迎えた日本ハムとの日本シリーズでは、第1戦(10月27日)で先発に起用されたが、8回を被安打2と好投しながら敗戦を喫した。しかし、第2戦以降に先発陣がおおむね好投した結果、チームは日本一を達成した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た週刊ベースボール

    テレビ東京の当時スポーツ番組のキャスターをしていた佐々木明子アナが、週刊ベースボールのコラムで川上を新人の年に取材をした時に高橋由伸に対してノーヒットに抑えていたことに触れ「20打席ノーヒットですね」と言ってしまい(実際は当日の試合に4打席ノーヒットならば20打席ノーヒット)取材後間違いだったことに気づきスタッフと共に大慌て。川上はその試合の第3打席に本塁打を打たれてしまった。試合後取材を兼ねて謝罪しに行くと、川上もおかしいなと思いながら投げていたらしく、佐々木アナは川上の集中力を阻害したことを誌上で反省していた。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た2004年の日本シリーズ

    は、開幕投手最有力だったがこの年監督に就任した落合博満は川崎憲次郎を起用した。チームのリーグ優勝に貢献するとともに、リーグ最優秀選手、沢村賞など合計9つのタイトルを獲得。5月15日の対横浜戦では、7回2死2塁で迎えた打席で2点本塁打を放って両チーム唯一の打点を挙げると、2対0のスコアで完封勝利を挙げた。西武ライオンズとの日本シリーズでは、初戦と第5戦に先発。初戦では、7回2失点と好投したが、敗戦投手になった。チームの2勝2敗で迎えた第5戦では、8回1失点という内容で勝利。しかし、チームは第6・7戦に連敗したため、日本一を逃した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たミシシッピ・ブレーブス

    のスプリングトレーニングでは右肩の負担を減らすための新フォーム開発に着手。開幕から先発ローテーション入りする。打線の援護もなく球団史上ワーストとなる開幕9連敗、昨年から数えて11連敗を喫し、初勝利は6月26日のデトロイト・タイガース戦までずれこんだ。更にこの日の結果に限らずブルペンへの配置転換はすでに決まっており、以後はリリーフへと回ることとなった。8月にはマイナー落ちも経験。防御率、WHIPも前年度を大きく下回り、ポストシーズンのロースターからも外される悔いの残るシーズンとなった。11月13日には40人枠から外れ、傘下のAA級ミシシッピに降格した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たカーブ (球種)

    全盛期には平均球速89.8mph(約144.5km/h)の速球(フォーシーム、シュート)や平均球速86.3mph(約138.9km/h)のカットボール、そしてこれとは対照的に70mph(約113km/h)前後のスローカーブ、フォークボールを駆使した。過去にはナックルボールを投げたこともあった。左打者には一発を打たれる傾向こそあるものの強さを発揮し、中日時代は現役の先発投手の中では上原浩治や石川雅規らに次ぐ通算与四球率1.92と抜群の制球力を武器としていたが、メジャー移籍後は右肩の不安もあり左打者に対しての四球が増え、左打者に対しての与四球率は2010年までで3.67と精彩を欠いた。特に2010年は右打者を被打率.268、与四球率2.92だったのに対し、左打者には被打率.305、与四球率3.79だった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た野球解説者

    川上 憲伸(かわかみ けんしん、1975年6月22日 - )は、徳島県徳島市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者。右投右打。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た投手

    川上 憲伸(かわかみ けんしん、1975年6月22日 - )は、徳島県徳島市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者。右投右打。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た週刊少年サンデー

    1999年に週刊少年サンデーに「川上憲伸物語 魂のストレート」(作:武村勇治 原案:矢崎良一 協力:中日ドラゴンズ)として読切連載された事がある。ライバルである高橋由伸も同年に週刊少年マガジンに「高橋由伸物語」として読切連載された。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た川上犬

    中日在籍当時、ライバル・巨人の関連会社である日本テレビの『THE・サンデー』で、「ウッス!川上憲伸っス!」という彼の1週間を追うコーナーが放送されていた時期があった(石井浩郎、三沢興一のコーナーと同時に放送されていたが、この2名は巨人在籍経験があった)。また、『THE独占サンデー』では川上のパロディのパペット人形キャラ「川上犬・シン」(本物の川上は犬好きである)も登場していた。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

135件中 91 - 100件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード