129件中 11 - 20件表示
  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た野口茂樹

    急性感音性難聴を患ったことなどにより不調に終わり、翌はプロ入り初の二桁敗戦を喫する。は、開幕投手を任されるはずだったが、足の深爪により登板できず、替わりに二軍の開幕投手となるも、相手投手に本塁打を打たれるなど不安が残った。しかし一軍に復帰してからは調子を取り戻し、桑田真澄と最優秀防御率争いを繰り広げた。8月1日には、この年日本一になった読売ジャイアンツ相手に、プロ野球史上70人目、81度目のノーヒットノーランを達成し、対巨人戦の連敗を9で止めた。この年を最後にニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜からは3三振を奪っている。なお、この日はバッテリーを組んだ谷繁元信の、1500試合出場の日でもあった。また、前年の8月1日も巨人戦で登板し、相手先発はこの日と同じく入来祐作であった。前年は高橋由伸に通算100号本塁打を打たれた後に打球を足に受け途中降板し敗戦投手となり、チームも完封負けを喫して散々な結果となった1年後にリベンジした形となった。主力投手であった野口茂樹の故障もあり、この頃から中日のエースと呼ばれるようになる。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た桑田真澄

    急性感音性難聴を患ったことなどにより不調に終わり、翌はプロ入り初の二桁敗戦を喫する。は、開幕投手を任されるはずだったが、足の深爪により登板できず、替わりに二軍の開幕投手となるも、相手投手に本塁打を打たれるなど不安が残った。しかし一軍に復帰してからは調子を取り戻し、桑田真澄と最優秀防御率争いを繰り広げた。8月1日には、この年日本一になった読売ジャイアンツ相手に、プロ野球史上70人目、81度目のノーヒットノーランを達成し、対巨人戦の連敗を9で止めた。この年を最後にニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜からは3三振を奪っている。なお、この日はバッテリーを組んだ谷繁元信の、1500試合出場の日でもあった。また、前年の8月1日も巨人戦で登板し、相手先発はこの日と同じく入来祐作であった。前年は高橋由伸に通算100号本塁打を打たれた後に打球を足に受け途中降板し敗戦投手となり、チームも完封負けを喫して散々な結果となった1年後にリベンジした形となった。主力投手であった野口茂樹の故障もあり、この頃から中日のエースと呼ばれるようになる。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た福浦和也

    6月6日のロッテ戦で7回二死までは完全試合(二死から福浦和也に四球)、9回無死までノーヒットノーランペースだったが、代打のサブローにライト前ヒットを打たれ自身2度目の大記録を逃すも9回1安打2四球での完封勝利となった。8月3日にプロ野球史上120人目となる通算1000奪三振を記録した。10月21日の北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズ開幕戦で8回2失点で勝利投手となり、ナゴヤドームでは先発としては初の勝利投手となった。しかし第5戦では日本ハム打線の勢いを抑えきれずに敗戦投手となり、この敗戦によりチームはまたしても日本シリーズに敗れてしまった。しかしチーム唯一の勝ち星を挙げるなどの活躍が評価され自身2度目の敢闘選手賞を受賞。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た亀井義行

    、3月28日の広島東洋カープとの開幕戦では2008年シーズンのチーム初本塁打、初打点となる同点ソロ本塁打を放ち、この本塁打によってセ・リーグ全5球団からの本塁打を記録した。しかし4月3日の巨人戦で高橋由伸・亀井義行・小笠原道大に3者連続ホームランを浴び逆転負けで敗戦投手等不調で一時期先発を外れ、故障以外で初めて中継ぎを体験。その後は調子も戻り6月の月間最優秀選手(月間MVP)賞を獲得。北京オリンピックでは中継ぎとして奮戦したが、3位決定戦で敗戦投手となった。帰国後は2軍調整を強いられた。その後、1軍復帰するも、規定投球回数には到達せず、「隠れ1位」だった防御率のタイトルを逃した。オフにはダン・エバンスを代理人としてメジャー挑戦を目指す。11月15日にFA権を行使することを発表し、19日にFA公示された。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た藪恵壹

    初奪三振:同上、3回表に藪恵壹から川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た朝倉健太

    広島戦に弱い。最多勝に輝いた2006年は広島戦のみ勝ち星が挙げられなかった。そのためかは不明だが広島戦が近づくと広島戦に強い朝倉健太とローテーションを入れ替える。その結果2004年6月16日以来広島市民球場では登板しておらず、その試合も勝ち投手になっていない。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た古木克明

    1000奪三振:2006年8月3日、対横浜ベイスターズ10回戦(横浜スタジアム)、4回裏に古木克明から ※史上120人目川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た松井秀喜

    急性感音性難聴を患ったことなどにより不調に終わり、翌はプロ入り初の二桁敗戦を喫する。は、開幕投手を任されるはずだったが、足の深爪により登板できず、替わりに二軍の開幕投手となるも、相手投手に本塁打を打たれるなど不安が残った。しかし一軍に復帰してからは調子を取り戻し、桑田真澄と最優秀防御率争いを繰り広げた。8月1日には、この年日本一になった読売ジャイアンツ相手に、プロ野球史上70人目、81度目のノーヒットノーランを達成し、対巨人戦の連敗を9で止めた。この年を最後にニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜からは3三振を奪っている。なお、この日はバッテリーを組んだ谷繁元信の、1500試合出場の日でもあった。また、前年の8月1日も巨人戦で登板し、相手先発はこの日と同じく入来祐作であった。前年は高橋由伸に通算100号本塁打を打たれた後に打球を足に受け途中降板し敗戦投手となり、チームも完封負けを喫して散々な結果となった1年後にリベンジした形となった。主力投手であった野口茂樹の故障もあり、この頃から中日のエースと呼ばれるようになる。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た石川雅規

    全盛期には平均球速89.5mph(約144km/h)、最速95mph(約153km/h)のストレートや平均球速86mph(約138km/h)のカットボール、そしてこれとは対照的に100km/h前後のスローカーブ、コーナーギリギリに決めるシュート、フォークボールを駆使した。過去にはナックルボールを投げたこともあった。左打者には一発を打たれる傾向こそあるものの強さを発揮し、中日時代は現役の先発投手の中では上原浩治や石川雅規らに次ぐ通算与四球率1.92と抜群の制球力を武器としていたが、メジャー移籍後は右肩の不安もあり左打者に対しての四球が増え、左打者に対しての与四球率は2010年まで3.67と精彩を欠いている。特に2010年は右打者を被打率.268、与四球率2.92だったのに対し、左打者には被打率.305、与四球率3.79だった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た権藤博

    中日のエース候補という意味で「背番号20に最も近い男」と評されることもあった。これは杉下茂、権藤博、星野仙一、小松辰雄と1980年代までにおける中日の歴代エースが背番号20を背負っていたことにちなむ比喩的な表現である(現在の20番は中田賢一)。しかし、川上は入団時につけた背番号11を気に入っており、エースとしての評価を確立した後も変えなかった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

129件中 11 - 20件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード