129件中 31 - 40件表示
  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た三澤興一

    中日在籍当時、ライバル・巨人の関連会社である日本テレビの『THE・サンデー』で、「ウッス!川上憲伸っス!」という彼の1週間を追うコーナーが放送されていた時期があった(石井浩郎、三沢興一のコーナーと同時に放送されていたが、この2名は巨人在籍経験があった)。また、『THE独占サンデー』では川上のパロディのパペット人形キャラ「川上犬・シン」(本物の川上は犬好きである)も登場していた。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た沢村栄治賞

    は、快調な滑り出しも、5月に右肩関節唇損傷により離脱。だが、翌は、リーグ最優秀選手、沢村賞など合計9つのタイトルを獲得し、チームのリーグ優勝に貢献。5月15日の対横浜戦では、7回二死二塁から2ラン本塁打を放ち、2対0で両チーム唯一の打点を挙げての完封勝利を達成。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た阪神タイガース

    10月13日の阪神タイガースとのクライマックスシリーズ第1ステージでは5回までパーフェクトピッチングを見せるなど、結果7回9奪三振被安打2無四死球無失点の好投でセ・リーグクライマックスシリーズ初の勝利投手に輝いた。また10月19日の巨人との第2ステージ第2戦でも好投し、4回表での自身の打席ではバントの構えを見せ、それを警戒し前進守備を敷いたサード小笠原の間を抜くバスターエンドランを成功させるなど、バッティングでも勝利に大いに貢献した。10月27日の日本ハムとの日本シリーズ第1戦では先発投手として登板し、8回を被安打2で完投するも、初回にフェルナンド・セギノールに浴びた3ラン本塁打が響き、ファイターズ先発のダルビッシュ有に味方打線が1点に抑えられ敗戦投手となるも、チームはこの年日本一となった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た中日ドラゴンズ

    川上 憲伸(かわかみ けんしん、1975年6月22日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(投手)。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た読売ジャイアンツ

    急性感音性難聴を患ったことなどにより不調に終わり、翌はプロ入り初の二桁敗戦を喫する。は、開幕投手を任されるはずだったが、足の深爪により登板できず、替わりに二軍の開幕投手となるも、相手投手に本塁打を打たれるなど不安が残った。しかし一軍に復帰してからは調子を取り戻し、桑田真澄と最優秀防御率争いを繰り広げた。8月1日には、この年日本一になった読売ジャイアンツ相手に、プロ野球史上70人目、81度目のノーヒットノーランを達成し、対巨人戦の連敗を9で止めた。この年を最後にニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜からは3三振を奪っている。なお、この日はバッテリーを組んだ谷繁元信の、1500試合出場の日でもあった。また、前年の8月1日も巨人戦で登板し、相手先発はこの日と同じく入来祐作であった。前年は高橋由伸に通算100号本塁打を打たれた後に打球を足に受け途中降板し敗戦投手となり、チームも完封負けを喫して散々な結果となった1年後にリベンジした形となった。主力投手であった野口茂樹の故障もあり、この頃から中日のエースと呼ばれるようになる。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た広島東洋カープ

    、3月28日の広島東洋カープとの開幕戦では2008年シーズンのチーム初本塁打、初打点となる同点ソロ本塁打を放ち、この本塁打によってセ・リーグ全5球団からの本塁打を記録した。しかし4月3日の巨人戦で高橋由伸・亀井義行・小笠原道大に3者連続ホームランを浴び逆転負けで敗戦投手等不調で一時期先発を外れ、故障以外で初めて中継ぎを体験。その後は調子も戻り6月の月間最優秀選手(月間MVP)賞を獲得。北京オリンピックでは中継ぎとして奮戦したが、3位決定戦で敗戦投手となった。帰国後は2軍調整を強いられた。その後、1軍復帰するも、規定投球回数には到達せず、「隠れ1位」だった防御率のタイトルを逃した。オフにはダン・エバンスを代理人としてメジャー挑戦を目指す。11月15日にFA権を行使することを発表し、19日にFA公示された。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たナゴヤドーム

    6月6日のロッテ戦で7回二死までは完全試合(二死から福浦和也に四球)、9回無死までノーヒットノーランペースだったが、代打のサブローにライト前ヒットを打たれ自身2度目の大記録を逃すも9回1安打2四球での完封勝利となった。8月3日にプロ野球史上120人目となる通算1000奪三振を記録した。10月21日の北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズ開幕戦で8回2失点で勝利投手となり、ナゴヤドームでは先発としては初の勝利投手となった。しかし第5戦では日本ハム打線の勢いを抑えきれずに敗戦投手となり、この敗戦によりチームはまたしても日本シリーズに敗れてしまった。しかしチーム唯一の勝ち星を挙げるなどの活躍が評価され自身2度目の敢闘選手賞を受賞。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た高橋建

    1月13日にアトランタ・ブレーブスと3年契約を結び、入団発表が行われた。ブレーブスにとって初めての日本人選手となり、背番号は中日時代と同じ「11」に決定した。4月12日のワシントン・ナショナルズ戦でメジャー初先発を果たし、6回を4安打3失点8奪三振で抑えて勝利投手でデビューを飾った。5月13日のニューヨーク・メッツ戦では控え野手が尽きてしまったため延長12回に日本人メジャー投手として初めて代打で起用され、高橋建と対戦して空振り三振。31日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でも、控え野手が2人いたにも関わらず再び代打で起用されるが、空振り三振を喫した。シーズン序盤は打ち込まれることが多く、4月末の時点で防御率7.06、WHIP1.62と不調だったが、5月以降は防御率3.34、WHIP1.30と復調。更にロイ・ハラデイやヨハン・サンタナらメジャーを代表するエース級投手に投げ勝ったことでドラゴンスレイヤーと呼ばれるが、得点援護率がリーグワースト3位になるなど勝ち星に恵まれず、エースのティム・ハドソンが故障から復帰することに伴い、シーズン後半はリリーフに回った。リリーフに回って以降は9月4日から2試合続けて自己最速となる95mph(約153km/h)を記録し、防御率2.63と好投。シーズン終了後にはシーズンを通じて右肩に違和感があったことを明かした。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たロジャー・マクダウェル

    2009年のスプリングトレーニングにおいて、ボビー・コックス監督から「(スローカーブが)飛びぬけて良かった。ダンディーだ。今あのビッグカーブを投げられる選手は少ない」と称賛された。当日のオープン戦では4三振のうち3つをカーブで奪い、シーズン序盤にカットボールが打ち込まれるようになった際には投手コーチのロジャー・マクダウェルからカーブを多投するようアドバイスを受け、上述のように復調した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た西沢道夫

    中日に入団する際に当時監督であった星野に「背番号は11番から20番の中から好きな番号を選べ」といわれ、冗談交じりに「じゃあ、15番で」と発言した(15番は西沢道夫の永久欠番。数日後、星野監督から電話で「11番にしろ、いいな」と返され、11番に決定した)。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

129件中 31 - 40件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード