135件中 41 - 50件表示
  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た森井茂

    中日では2014年に7回目の開幕投手を務め、これで森井茂を抜き開幕投手の球団記録で単独トップに立った(前身球団の記録も含む)。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た川崎憲次郎

    は、開幕投手最有力だったがこの年監督に就任した落合博満は川崎憲次郎を起用した。チームのリーグ優勝に貢献するとともに、リーグ最優秀選手、沢村賞など合計9つのタイトルを獲得。5月15日の対横浜戦では、7回2死2塁で迎えた打席で2点本塁打を放って両チーム唯一の打点を挙げると、2対0のスコアで完封勝利を挙げた。西武ライオンズとの日本シリーズでは、初戦と第5戦に先発。初戦では、7回2失点と好投したが、敗戦投手になった。チームの2勝2敗で迎えた第5戦では、8回1失点という内容で勝利。しかし、チームは第6・7戦に連敗したため、日本一を逃した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たロジャー・マクダウェル

    2009年のスプリングトレーニングにおいて、ボビー・コックス監督から「すごい戦力になるはず。真っすぐはもちろん、ダンディーな(格好いい)カーブを投げる。」などと高く評価された。当日のオープン戦では4三振のうち3つをカーブで奪い、シーズン序盤にカットボールが打ち込まれるようになった際には投手コーチのロジャー・マクダウェルからカーブを多投するようアドバイスを受け、上述のように復調した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た小松辰雄

    中日のエース候補という意味で「背番号20に最も近い男」と評されることもあった。これは杉下茂、権藤博、星野仙一、小松辰雄と1980年代までにおける中日の歴代エースが背番号20を背負っていたことにちなむ比喩的な表現である(その後中田賢一や野村亮介がつけ2018年現在は空き番となっている)。しかし、川上は入団時につけた背番号11を気に入っており、エースとしての評価を確立した後も変えなかった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た西沢道夫

    中日に入団する際に当時監督であった星野に「背番号は11番から20番の中から好きな番号を選べ」といわれ、冗談交じりに「じゃあ、15番で」と発言した(15番は西沢道夫の永久欠番。数日後、星野から電話で「11番にしろ、いいな」と返され、11番に決定した)。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たボビー・コックス

    2009年のスプリングトレーニングにおいて、ボビー・コックス監督から「すごい戦力になるはず。真っすぐはもちろん、ダンディーな(格好いい)カーブを投げる。」などと高く評価された。当日のオープン戦では4三振のうち3つをカーブで奪い、シーズン序盤にカットボールが打ち込まれるようになった際には投手コーチのロジャー・マクダウェルからカーブを多投するようアドバイスを受け、上述のように復調した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た中日ドラゴンズ

    1997年のドラフト会議直前の10月31日に、大学の先輩・星野仙一監督の率いる中日ドラゴンズへの逆指名を表明した。ドラフト会議では、中日が川上の単独1位で交渉権を獲得。契約金1億円、出来高払い5,000万円、年俸1,300万円(金額は推定)という条件で入団した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た明治大学

    徳島商業高校時代は第75回全国高等学校野球選手権大会に4番・エースとして出場し、準々決勝まで進出した。その後明治大学二部商学部に進学。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たNPB

    には、一軍の開幕投手に内定していた。しかし、足の深爪によって、二軍(ウエスタン・リーグ)の開幕投手に回った。一軍に復帰してからは、シーズン終盤まで最優秀防御率のタイトルも狙えるほどにまで復調。8月1日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)では、1四球を出しただけで、NPB史上70人目(81度目)のノーヒットノーランを達成。自身の対巨人戦連敗も9で止めた。には、4月のリーグ月間MVPに選ばれたが、5月に右肩関節唇の損傷で戦線を離脱。残りのシーズンを棒に振った。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た東京六大学野球連盟

    大学でもエースになると、4年時には主将として活躍。大学3年時の(1996年)東京六大学野球秋季リーグ優勝(全勝優勝)に貢献した。慶應義塾大学の高橋由伸とは同期のライバルとして好勝負を繰り広げた。リーグ通算57試合登板、28勝15敗、防御率2.14、311奪三振。ベストナイン3回。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

135件中 41 - 50件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード