135件中 71 - 80件表示
  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た最優秀バッテリー賞

    最優秀バッテリー賞:2回 (2004年、捕手:谷繁元信、2006年、捕手:谷繁元信) ※同一バッテリーの複数回受賞はセ・リーグ史上初川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たCBCラジオ

    2016年には、現役復帰に向けたリハビリを続けながら、日本テレビ(副音声)・CBCテレビ・CBCラジオゲスト解説者と中日スポーツの野球評論家としても活動。「今年中に現役復帰出来なければ潔く引退する」と語った。シーズン終了後には、郷里の徳島県に本拠地を置く四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスから、選手兼任コーチへの就任を打診された。しかし、入団に至らなかったため、現役復帰は叶わなかった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た横浜スタジアム

    1000奪三振:2006年8月3日、対横浜ベイスターズ10回戦(横浜スタジアム)、4回裏に古木克明から ※史上120人目川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たノーヒットノーラン

    には、一軍の開幕投手に内定していた。しかし、足の深爪によって、二軍(ウエスタン・リーグ)の開幕投手に回った。一軍に復帰してからは、シーズン終盤まで最優秀防御率のタイトルも狙えるほどにまで復調。8月1日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)では、1四球を出しただけで、NPB史上70人目(81度目)のノーヒットノーランを達成。自身の対巨人戦連敗も9で止めた。には、4月のリーグ月間MVPに選ばれたが、5月に右肩関節唇の損傷で戦線を離脱。残りのシーズンを棒に振った。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た1999年の日本シリーズ

    には公式戦で開幕投手を務めたが、10月2日の対横浜ベイスターズ戦では、7回を投げて19被安打(当時のリーグワースト記録)、14失点(当時のリーグ最多タイ記録)と打ち込まれた。チームのリーグ優勝で迎えた日本シリーズでは、チーム唯一の勝ち星を挙げたことから、敢闘選手賞を受賞した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームMVP:1回 (1998年 第1戦)川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た2006年の日本シリーズ

    には、6月6日の対ロッテ戦に、9回を1安打2四球という内容で完封勝利。7回二死までは完全試合(福浦和也に四球)、9回無死までノーヒットノーランペース(代打のサブローに右前安打)と好投した。8月3日には、NPB史上120人目の一軍公式戦通算1000奪三振を記録。シーズン通算では17勝を挙げて、自身2度目の最多勝、自身初の最多奪三振のタイトルを獲得した。北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは、10月21日の開幕戦に8回2失点と勝利。ナゴヤドームでは、先発としてシリーズ初の勝利投手になった。第5戦で敗戦投手になったため、チームはまたしても日本一を逃したが、川上自身は2度目の敢闘選手賞を受賞した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た横浜DeNAベイスターズ

    には公式戦で開幕投手を務めたが、10月2日の対横浜ベイスターズ戦では、7回を投げて19被安打(当時のリーグワースト記録)、14失点(当時のリーグ最多タイ記録)と打ち込まれた。チームのリーグ優勝で迎えた日本シリーズでは、チーム唯一の勝ち星を挙げたことから、敢闘選手賞を受賞した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た最優秀選手 (野球)

    は、開幕投手最有力だったがこの年監督に就任した落合博満は川崎憲次郎を起用した。チームのリーグ優勝に貢献するとともに、リーグ最優秀選手、沢村賞など合計9つのタイトルを獲得。5月15日の対横浜戦では、7回2死2塁で迎えた打席で2点本塁打を放って両チーム唯一の打点を挙げると、2対0のスコアで完封勝利を挙げた。西武ライオンズとの日本シリーズでは、初戦と第5戦に先発。初戦では、7回2失点と好投したが、敗戦投手になった。チームの2勝2敗で迎えた第5戦では、8回1失点という内容で勝利。しかし、チームは第6・7戦に連敗したため、日本一を逃した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たフォークボール

    全盛期には平均球速89.8mph(約144.5km/h)の速球(フォーシーム、シュート)や平均球速86.3mph(約138.9km/h)のカットボール、そしてこれとは対照的に70mph(約113km/h)前後のスローカーブ、フォークボールを駆使した。過去にはナックルボールを投げたこともあった。左打者には一発を打たれる傾向こそあるものの強さを発揮し、中日時代は現役の先発投手の中では上原浩治や石川雅規らに次ぐ通算与四球率1.92と抜群の制球力を武器としていたが、メジャー移籍後は右肩の不安もあり左打者に対しての四球が増え、左打者に対しての与四球率は2010年までで3.67と精彩を欠いた。特に2010年は右打者を被打率.268、与四球率2.92だったのに対し、左打者には被打率.305、与四球率3.79だった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

135件中 71 - 80件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード