135件中 81 - 90件表示
  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た希望入団枠制度

    1997年のドラフト会議直前の10月31日に、大学の先輩・星野仙一監督の率いる中日ドラゴンズへの逆指名を表明した。ドラフト会議では、中日が川上の単独1位で交渉権を獲得。契約金1億円、出来高払い5,000万円、年俸1,300万円(金額は推定)という条件で入団した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たゼネラルマネジャー

    には、右肩痛で出遅れたため、一軍公式戦初登板は8月22日の対広島戦まで持ち越された。この試合で勝利投手になったが、以降の登板では勝ち星を重ねられず、9月25日に出場選手登録を抹消。10月3日には、球団から戦力外を通告されるとともに、引退会見の開催やコーチへの就任を打診された。しかし、11月19日には、推定年俸3,000万円という条件で2年契約を結んだ。球団がこのように方針を変更した背景には、かつて一軍監督を務めた落合博満ゼネラルマネジャーや、シーズン終了後に捕手兼任で一軍監督に就任した谷繁元信の意向があったとされる。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2012年には、広島との開幕第2戦(3月31日)に、先発投手としてNPB復帰後初の公式戦登板。6回無失点という内容で、NPB復帰後初勝利を挙げた。しかし、その直後に故障で戦列を離れたため、レギュラーシーズン通算では一軍公式戦7試合の登板で3勝1敗、防御率2.83の成績に終わった。チームのレギュラーシーズン2位で迎えたポストシーズンでは、巨人とのクライマックスシリーズ ファイナルステージ第4戦に先発した。チームの日本シリーズ進出に王手が掛かった一戦での登板だったが、4回2失点で敗戦。チームも、この敗戦から3連敗を喫したことによって日本シリーズ進出を逃した。しかし、シリーズ終了後の契約交渉では、推定年俸6,000万円(3,000万円増)で契約を更改した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たTHE・サンデー

    中日在籍当時、ライバル・巨人の関連会社である日本テレビの『THE・サンデー』で、「ウッス!川上憲伸っス!」という彼の1週間を追うコーナーが放送されていた時期があった(石井浩郎、三沢興一のコーナーと同時に放送されていたが、この2名は巨人在籍経験があった)。また、『THE独占サンデー』では川上のパロディのパペット人形キャラ「川上犬・シン」(本物の川上は犬好きである)も登場していた。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た週刊少年マガジン

    1999年に週刊少年サンデーに「川上憲伸物語 魂のストレート」(作:武村勇治 原案:矢崎良一 協力:中日ドラゴンズ)として読切連載された事がある。ライバルである高橋由伸も同年に週刊少年マガジンに「高橋由伸物語」として読切連載された。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームMVP:1回 (1998年 第1戦)川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た最優秀投手

    最優秀投手:2回 (2004年、2006年)川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たセントラル・リーグ

    には、公式戦の開幕から、一軍の先発陣に定着。14勝6敗という成績で、セントラル・リーグの新人王に選出された。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た1997年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1997年のドラフト会議直前の10月31日に、大学の先輩・星野仙一監督の率いる中日ドラゴンズへの逆指名を表明した。ドラフト会議では、中日が川上の単独1位で交渉権を獲得。契約金1億円、出来高払い5,000万円、年俸1,300万円(金額は推定)という条件で入団した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た速球

    全盛期には平均球速89.8mph(約144.5km/h)の速球(フォーシーム、シュート)や平均球速86.3mph(約138.9km/h)のカットボール、そしてこれとは対照的に70mph(約113km/h)前後のスローカーブ、フォークボールを駆使した。過去にはナックルボールを投げたこともあった。左打者には一発を打たれる傾向こそあるものの強さを発揮し、中日時代は現役の先発投手の中では上原浩治や石川雅規らに次ぐ通算与四球率1.92と抜群の制球力を武器としていたが、メジャー移籍後は右肩の不安もあり左打者に対しての四球が増え、左打者に対しての与四球率は2010年までで3.67と精彩を欠いた。特に2010年は右打者を被打率.268、与四球率2.92だったのに対し、左打者には被打率.305、与四球率3.79だった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

135件中 81 - 90件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード