129件中 81 - 90件表示
  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た希望入団枠制度

    1997年のドラフト会議前に中日ドラゴンズを逆指名することを表明。ドラフトでは中日が1位指名で交渉権を獲得し契約金1億円、出来高払い5000万円、年俸1300万円(金額は推定)で入団合意した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た週刊少年マガジン

    1999年に週刊少年サンデーに「川上憲伸物語 魂のストレート」(作:武村勇治 原案:矢崎良一 協力:中日ドラゴンズ)として読切連載された事がある。ライバルである高橋由伸も同年に週刊少年マガジンに「高橋由伸物語」として読切連載された。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームMVP:1回 (1998年 第1戦)川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た速球

    全盛期には平均球速89.5mph(約144km/h)、最速95mph(約153km/h)のストレートや平均球速86mph(約138km/h)のカットボール、そしてこれとは対照的に100km/h前後のスローカーブ、コーナーギリギリに決めるシュート、フォークボールを駆使した。過去にはナックルボールを投げたこともあった。左打者には一発を打たれる傾向こそあるものの強さを発揮し、中日時代は現役の先発投手の中では上原浩治や石川雅規らに次ぐ通算与四球率1.92と抜群の制球力を武器としていたが、メジャー移籍後は右肩の不安もあり左打者に対しての四球が増え、左打者に対しての与四球率は2010年まで3.67と精彩を欠いている。特に2010年は右打者を被打率.268、与四球率2.92だったのに対し、左打者には被打率.305、与四球率3.79だった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たベストナイン (日本プロ野球)

    ベストナイン:2回 (2004年、2006年)川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見たカーブ (球種)

    全盛期には平均球速89.5mph(約144km/h)、最速95mph(約153km/h)のストレートや平均球速86mph(約138km/h)のカットボール、そしてこれとは対照的に100km/h前後のスローカーブ、コーナーギリギリに決めるシュート、フォークボールを駆使した。過去にはナックルボールを投げたこともあった。左打者には一発を打たれる傾向こそあるものの強さを発揮し、中日時代は現役の先発投手の中では上原浩治や石川雅規らに次ぐ通算与四球率1.92と抜群の制球力を武器としていたが、メジャー移籍後は右肩の不安もあり左打者に対しての四球が増え、左打者に対しての与四球率は2010年まで3.67と精彩を欠いている。特に2010年は右打者を被打率.268、与四球率2.92だったのに対し、左打者には被打率.305、与四球率3.79だった。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た投手

    川上 憲伸(かわかみ けんしん、1975年6月22日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(投手)。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た週刊少年サンデー

    1999年に週刊少年サンデーに「川上憲伸物語 魂のストレート」(作:武村勇治 原案:矢崎良一 協力:中日ドラゴンズ)として読切連載された事がある。ライバルである高橋由伸も同年に週刊少年マガジンに「高橋由伸物語」として読切連載された。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た完全試合

    5月20日の千葉ロッテマリーンズ戦(交流戦)で8回途中まで完全試合のペースで好投。しかし李承燁に対してカウントがフルカウントになり、四球で歩かせてノーヒットノーランを狙うことも考えたが、既に川上はノーヒットノーランを達成していたために完全試合狙いに切り替えてストライク勝負を選択し、本塁打を打たれた。球団初の完全試合は逃したが、結局ヒットはこれ1本のみの四死球なしで完投勝利、同時にスタメン全員から奪三振という珍しい記録を達成した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た北京オリンピック

    、3月28日の広島東洋カープとの開幕戦では2008年シーズンのチーム初本塁打、初打点となる同点ソロ本塁打を放ち、この本塁打によってセ・リーグ全5球団からの本塁打を記録した。しかし4月3日の巨人戦で高橋由伸・亀井義行・小笠原道大に3者連続ホームランを浴び逆転負けで敗戦投手等不調で一時期先発を外れ、故障以外で初めて中継ぎを体験。その後は調子も戻り6月の月間最優秀選手(月間MVP)賞を獲得。北京オリンピックでは中継ぎとして奮戦したが、3位決定戦で敗戦投手となった。帰国後は2軍調整を強いられた。その後、1軍復帰するも、規定投球回数には到達せず、「隠れ1位」だった防御率のタイトルを逃した。オフにはダン・エバンスを代理人としてメジャー挑戦を目指す。11月15日にFA権を行使することを発表し、19日にFA公示された。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示

「川上憲伸」のニューストピックワード