前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 藤田博史

    藤田博史から見た川上未映子川上未映子

    2007年 川上未映子×藤田博史 「言語、そして母と子」藤田博史 フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田文学

    早稲田文学から見た川上未映子川上未映子

    同人誌ではなく、書店で販売する商業誌であったが、2005年5月号までで書店売りの形態を一時休止し、同年11月から2007年まではフリーペーパー形式(『WB』)で刊行されていた。2008年春からは再び商業誌(第10次「早稲田文学」)としての展開を再開、2008年4月に『早稲田文学1』として復刊した。なお、その準備号として2007年に出された0号に川上未映子の小説「わたくし率イン歯ー、または世界」を掲載、大手文芸誌以外から久々に芥川賞候補作を送り出した。早稲田文学 フレッシュアイペディアより)

  • 未映子

    未映子から見た川上未映子川上未映子

    未映子 フレッシュアイペディアより)

  • 松蔭浩之

    松蔭浩之から見た川上未映子川上未映子

    情熱大陸 「川上未映子」(毎日放送) - タイトルフォト松蔭浩之 フレッシュアイペディアより)

  • ナニワ音楽ショウ

    ナニワ音楽ショウから見た川上未映子川上未映子

    未映子(2006年4月- 2007年3月、火曜日担当)ナニワ音楽ショウ フレッシュアイペディアより)

  • 方言文学

    方言文学から見た川上未映子川上未映子

    明治期以降、日本語の書き言葉としては方言の勢力はきわめて微弱ではあるが、近畿方言は依然生命力を保っており、近年では、川上未映子らが大阪弁による語り口調を生かした作品を発表している。一方、東京方言・首都圏方言や近畿方言以外の方言で書かれた作品はきわめて稀少で、近年では名古屋弁を前面に押し出した清水義範の一部作品があげられる程度である。ただし、台詞に方言を多用した作品は現在でもしばしば出版される。方言文学 フレッシュアイペディアより)

  • 乳と卵

    乳と卵から見た川上未映子川上未映子

    『乳と卵』(ちちとらん)は、川上未映子による日本の中編小説。第138回芥川賞受賞。乳と卵 フレッシュアイペディアより)

  • 田中和生

    田中和生から見た川上未映子川上未映子

    2010年11月の自身のブログにおいて、川上未映子の『わたくし率 イン 歯ー、または世界』が津原泰水の『黄昏抜歯』のアイデアを盗用しているという津原からの指摘に対して川上が十分に対応していないという理由で、以後の自らの文芸時評の対象から川上を外すと宣言している。田中和生 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市立工芸高等学校

    大阪市立工芸高等学校から見た川上未映子川上未映子

    川上未映子(芥川賞受賞の小説家・ミュージシャン)大阪市立工芸高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 笹井宏之

    笹井宏之から見た川上未映子川上未映子

    川上未映子も「こんなにも透明で、永遠かと思えるほどの停滞を軽々と飛び越えてしまうあざやかな言葉に生まれ変わって、それを体験したことがない他人をどうしてこんな気持ちにさせることができるのだろう」と評価している。笹井宏之 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「川上未映子」のニューストピックワード