前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 早稲田文学

    早稲田文学から見た川上未映子川上未映子

    2007年発売の復刊準備号に掲載された川上未映子の小説「わたくし率イン歯ー、または世界」が芥川賞候補作となった。2012年9月発売の同誌に掲載された黒田夏子の『abさんご』は翌年の芥川賞を受賞した。大手文芸誌以外から候補作、受賞作が出るのは久々のことであった。早稲田文学 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の文学

    2013年の文学から見た川上未映子川上未映子

    谷崎潤一郎賞(第49回) - 川上未映子『愛の夢とか』2013年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田貴大

    藤田貴大から見た川上未映子川上未映子

    幅広いジャンルの作家とコラボレーションを行う「マームと誰かさん」シリーズでは、これまでに大谷能生、飴屋法水、今日マチ子、穂村弘、名久井直子と共作をした。2014年には、川上未映子の詩を女優の青柳いづみが演じる『まえのひ』公演・全国ツアーも行われ、川上はこの公演のために詩「まえのひ」を書き下ろした。2018年にはその続編として、『みえるわ』(マームとジプシー10周年ツアー vol.2)が行われた。藤田貴大 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の近現代文学史

    日本の近現代文学史から見た川上未映子川上未映子

    この時期には、海外で日本文学の翻訳が盛んになり、一部の作家は同時代の海外文学に強い影響を与えるようにもなった。翻訳された村上春樹の作品が多くの国でベストセラーとなり、村上は世界的に最も影響力のある作家の一人となった。多和田葉子は日本語とドイツ語の両方で創作を続け、その作品は国境を越えて高く評価された。小川洋子も『博士の愛した数式』(2003年)などの作品で世界的に名を知られた。日本国内では、リービ英雄や楊逸のような、日本語を母語としない、日本語で創作する作家が高い評価を得た。2007年には川上未映子、円城塔、磯崎憲一郎、諏訪哲史らが相次いでデビューし、それぞれの思考や文体を武器に文学の復権をめざした。日本の近現代文学史 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の文学

    2008年の文学から見た川上未映子川上未映子

    1月16日 - 第138回芥川龍之介賞・直木三十五賞(2007年下半期)の選考委員会開催。芥川賞に川上未映子の『乳と卵』、直木賞に桜庭一樹の『私の男』が選ばれる 。2008年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田博史

    藤田博史から見た川上未映子川上未映子

    2007年 川上未映子×藤田博史 「言語、そして母と子」藤田博史 フレッシュアイペディアより)

  • 未映子

    未映子から見た川上未映子川上未映子

    未映子 フレッシュアイペディアより)

  • 戦後文学を読む

    戦後文学を読むから見た川上未映子川上未映子

    合評 「ペシミストの勇気について」「棒をのんだ話」奥泉光、山城むつみ、川上未映子戦後文学を読む フレッシュアイペディアより)

  • 思ってたよりフツーですね

    思ってたよりフツーですねから見た川上未映子川上未映子

    そのほかゲストとして川上未映子、片桐仁、本谷有希子、内澤旬子、岸本佐知子、岡本太郎などが登場している。思ってたよりフツーですね フレッシュアイペディアより)

  • 緑子

    緑子から見た未映子川上未映子

    エンディングテーマ:「麒麟児の世界」作詞・作曲 歌 未映子緑子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「川上未映子」のニューストピックワード