35件中 21 - 30件表示
  • 中原昌也

    中原昌也から見た川上未映子川上未映子

    文芸誌のコラムやインタビューでは「活字を書いて生活していくことの苦しさ」を言い立てることが多い。『文學界』2008年4月号で行なわれた、古井由吉、筒井康隆、高橋源一郎、島田雅彦、川上未映子ら作家11人による大座談会「ニッポンの小説はどこへ行くのか」に出席した際も、中原は終始「小説は、辛くて辛くて書きたくない。でも、書かないと、その辛さがわかってもらえない」というような発言を繰り返し、司会の高橋源一郎から「中原君はほっときましょう」と言われている。2008年、高橋源一郎の選考により『中原昌也 作業日誌』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。高橋は「おれの基準で、いちばん小説になっていたもの、最高の小説だったもの、それが、一見、ただの日記にすぎない、聞いたことも見たこともないCDやDVDの膨大な購入リストとグチと泣き言ばかりの、この中原昌也の『作業日誌』だった」との選評を行なった。中原昌也 フレッシュアイペディアより)

  • 中原中也賞

    中原中也賞から見た川上未映子川上未映子

    第14回(2009年) 川上未映子 『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』中原中也賞 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡伸一

    福岡伸一から見た川上未映子川上未映子

    文學界2008年8月号で、川上未映子との対談において、進化を説明するための一つの説としてジャン=バティスト・ラマルクの用不用説を持ち出している。用不用説は学会において批判の多い学説であるが、福岡本人も「そのためのメカニズムがない」「後天的に獲得した形質は遺伝しない」として、現在では否定されているとしながらも、二つの説明の仕方の内の一つとして挙げている。福岡伸一 フレッシュアイペディアより)

  • 戦後文学を読む

    戦後文学を読むから見た川上未映子川上未映子

    合評 「ペシミストの勇気について」「棒をのんだ話」奥泉光、山城むつみ、川上未映子戦後文学を読む フレッシュアイペディアより)

  • 福田 麻由子

    福田麻由子から見た川上未映子川上未映子

    大の読書家で、休みの日は一日中本を読んでるときもある。好きな作家は村上春樹、川上未映子、山崎ナオコーラなど。福田麻由子 フレッシュアイペディアより)

  • 芥川龍之介賞

    芥川龍之介賞から見た川上未映子川上未映子

    第138回(2007年下半期) - 川上未映子「乳と卵」芥川龍之介賞 フレッシュアイペディアより)

  • 暁方ミセイ

    暁方ミセイから見た川上未映子川上未映子

    川上未映子『水瓶』「世界少女と言葉獣」―(『現代詩手帖』2013年3月号)暁方ミセイ フレッシュアイペディアより)

  • 川端康成文学賞

    川端康成文学賞から見た川上未映子川上未映子

    川上未映子 「すばらしい骨格の持ち主は」川端康成文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た川上未映子川上未映子

    妻は作家の川上未映子。2011年10月に婚姻届を提出、史上初の芥川賞作家同士の結婚として注目を集めた。阿部は2008年8月、川上は2010年10月にそれぞれ別の配偶者と離婚しており、ともに再婚である。2008年10月に東京都内で行われた文芸誌『早稲田文学』のシンポジウムで知り合い、2011年1月から交際していた。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • BEAT CRUSADERS ヒダカトオルのオールナイトニッポン

    BEAT CRUSADERS ヒダカトオルのオールナイトニッポンから見た川上未映子川上未映子

    3月3日:川上未映子(川上未映子のオールナイトニッポン)BEAT CRUSADERS ヒダカトオルのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「川上未映子」のニューストピックワード