61件中 41 - 50件表示
  • 2010年の文学

    2010年の文学から見た川上未映子川上未映子

    紫式部文学賞(第720回) - 川上未映子 『ヘヴン』2010年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 福田麻由子

    福田麻由子から見た川上未映子川上未映子

    読書家で、休みの日は一日中本を読んでるときもある。好きな作家は村上春樹、川上未映子、山崎ナオコーラなど。福田麻由子 フレッシュアイペディアより)

  • 文學界新人賞

    文學界新人賞から見た川上未映子川上未映子

    第120回から第121回 - 円城塔、川上未映子、松浦理英子、吉田修一、綿矢りさ文學界新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 金子デメリン

    金子デメリンから見た川上未映子川上未映子

    2008年に、『月刊IKKI』(小学館)誌上にて、相原コージ・竹熊健太郎の漫画『サルまん2.0』が連載された。その際、同作品内の企画として「キモカワいいマスコットキャラクター」を公募するコンテストが催されたが、金子の考案した「ちんぽっぽ」が第1位に選ばれている。ちなみに、同コンテストでの第2位はシャック三原の「ちっちゃいこ」、第3位は相原コージの「餓鬼くん」、第4位は山崎友香の「まめ」、第5位は川上未映子の「乳卵ちゃん」及び竹熊健太郎の「日野日出ッフィー」であった。金子デメリン フレッシュアイペディアより)

  • 中原昌也

    中原昌也から見た川上未映子川上未映子

    文芸誌のコラムやインタビューでは「活字を書いて生活していくことの苦しさ」を言い立てることが多い。『文學界』2008年4月号で行なわれた、古井由吉、筒井康隆、高橋源一郎、島田雅彦、川上未映子ら作家11人による大座談会「ニッポンの小説はどこへ行くのか」に出席した際も、中原は終始「小説は、辛くて辛くて書きたくない。でも、書かないと、その辛さがわかってもらえない」というような発言を繰り返し、司会の高橋源一郎から「中原君はほっときましょう」と言われている。2008年、高橋源一郎の選考により『中原昌也 作業日誌』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。高橋は「おれの基準で、いちばん小説になっていたもの、最高の小説だったもの、それが、一見、ただの日記にすぎない、聞いたことも見たこともないCDやDVDの膨大な購入リストとグチと泣き言ばかりの、この中原昌也の『作業日誌』だった」との選評を行なった。中原昌也 フレッシュアイペディアより)

  • ヒカリヘ

    ヒカリヘから見た川上未映子川上未映子

    4つ打ちのダンス・ミュージックで、本人は「今までにない、新しいサウンドに挑戦しました」、「miwaの曲として受け入れてもらえるかドキドキしていたが、想像以上に受け入れてもらえてびっくりしました」と話している。ドラマのプロデューサー増本淳は「ヒロインの気持ちを私たちより近くで感じて、詞に投影してくれました」と述べている。また、miwaの歌詞には、制作中に読んだ川上未映子の小説『すべて真夜中の恋人たち』からも発想を得ており、作中で光が印象的に描かれたシーンに影響を受けている、とも語っている。ヒカリヘ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の文学

    2015年の文学から見た川上未映子川上未映子

    川上未映子 『あこがれ』(新潮社)2015年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の文学

    2017年の文学から見た川上未映子川上未映子

    川上未映子、村上春樹 『みみずくは黄昏に飛びたつ』(新潮社)2017年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 山内マリコ

    山内マリコから見た川上未映子川上未映子

    ボクらの時代(2013年6月2日、フジテレビ、又吉直樹、川上未映子共演)山内マリコ フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳徹子

    黒柳徹子から見た川上未映子川上未映子

    (池波正太郎・入江相政・色川武大・大河内昭爾・太田愛人・尾辻克彦・川上弘美・川上未映子・川本三郎・神吉拓郎・小池昌代・佐多稲子・獅子文六・島田雅彦・東海林さだお・杉浦日向子・立原正秋・立松和平・田中小実昌・タモリ・檀一雄・中島らも・荷宮和子・平松洋子・福原義春・町田康・松浦弥太郎・丸木俊・みなみらんぼう・村松友視・群ようこ・山口瞳・山下洋輔・吉村昭・吉行淳之介・五代 柳亭燕路・渡辺喜恵子)『アンソロジー そば』(パルコ、2014年12月)黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「川上未映子」のニューストピックワード