前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示
  • 海野徹

    海野徹から見た川勝平太川勝平太

    中日新聞の紙上討論で坂本由紀子に対して私のしごと館に関するハコモノ政策を問いただした。。同じく同紙上対論で川勝平太に対してラスパイレス指数全国2位の公務員給与の引き下げの是非を問いただした。海野徹 フレッシュアイペディアより)

  • 文明の生態史観

    文明の生態史観から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太「文明の海洋史観」、安田喜憲「文明の環境史観」、村上泰亮「文明の多系史観」、森谷正規「文明の技術史観」などである。本作の出版以前には文明の明確な規定はなく、もっぱら文化について語られてきた。文明論の先駆けといってよいだろう。文明の生態史観 フレッシュアイペディアより)

  • 宮田敏之

    宮田敏之から見た川勝平太川勝平太

    「タイ米輸出とアジア間競争:1920年代におけるタイ米の「品質問題」を中心に」川勝平太編著『アジア太平洋経済圏史1500?2000』藤原書店、2003年、199?228頁宮田敏之 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋国家としての日本

    海洋国家としての日本から見た川勝平太川勝平太

    そうした中で、屋山太郎などは海洋国家連合を唱え、日米同盟を多国間化するとともに海洋国家としての戦略を確立することを唱えている。日本国際フォーラムでは伊藤憲一らが海洋国家セミナーグループを主催し、猪口邦子、川勝平太、佐瀬昌盛、小島朋之、岡崎久彦、秋山昌廣、江畑謙介ら各界の専門家が集って日本の海洋国家像が論じられるなど、日本の国家像を論じるうえでの海洋国家という視点は大きな座標軸としてとらえられてきつつある。海洋国家としての日本 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人静岡文化芸術大学

    学校法人静岡文化芸術大学から見た川勝平太川勝平太

    2009年9月10日 - 静岡県知事の川勝平太を理事長に任命。学校法人静岡文化芸術大学 フレッシュアイペディアより)

  • 世界緑茶協会

    世界緑茶協会から見た川勝平太川勝平太

    当初は任意団体として設立され、初代会長には静岡文化芸術大学学長の木村尚三郎が就任した。その後、財団法人に改組されたが、公益法人制度改革にともない公益財団法人に改組された。現在の会長は、静岡県知事の川勝平太が務めている。世界緑茶協会 フレッシュアイペディアより)

  • 石川嘉延

    石川嘉延から見た川勝平太川勝平太

    2009年の静岡県知事選挙の結果、石川の後任にはブレーンの川勝平太が就任した。石川は政界からの引退を表明していたため、知事退任後に表舞台に立つことは少なかったが、2010年、川勝から中国訪問に同行するよう要請された。石川はこの申し出を承諾し、川勝と共に副主席の習近平らと会談することになった。石川嘉延 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県

    静岡県から見た川勝平太川勝平太

    知事:川勝平太(かわかつ へいた、1期目)静岡県 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋世織

    高橋世織から見た川勝平太川勝平太

    2009年7月の静岡県知事選挙では元同僚の川勝平太候補に応援メッセージを寄せた。高橋世織 フレッシュアイペディアより)

  • 日経文庫

    日経文庫から見た川勝平太川勝平太

    『経済史入門』(2003年初版)川勝平太日経文庫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示

「川勝平太」のニューストピックワード