64件中 11 - 20件表示
  • 広東システム

    広東システムから見た川勝平太川勝平太

    『アジア交易圏と日本工業化1500-1900』(浜下武志・川勝平太編、リブロポート、1991年、ISBN 4845706350)広東システム フレッシュアイペディアより)

  • 原子力事故再発防止顧問会議

    原子力事故再発防止顧問会議から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太 - 静岡県知事、元国際日本文化研究センター副所長・教授原子力事故再発防止顧問会議 フレッシュアイペディアより)

  • 東京時代

    東京時代から見た川勝平太川勝平太

    この「東京時代」という語は、川勝平太によって提唱されている語である。東京時代 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋安全保障

    海洋安全保障から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太『文明の海へ』(ダイヤモンド社、1999)海洋安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • 嶌信彦

    嶌信彦から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太)『居心地のよい国ニッポン――ジャパニーズ・ドリーム』(中央公論新社, 2000年)嶌信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡総合研究機構

    静岡総合研究機構から見た川勝平太川勝平太

    静岡総合研究機構は、1984年に発足した。初代理事長には、のちに日本長期信用銀行専務や長銀総合研究所理事長などを歴任することとなる経済学者の竹内宏が就任した。設立以来、調査・研究活動を展開するとともに、学術の振興にも取り組んできた。2010年度の事業活動収入だけで1億7000万円強に達している。しかし、2011年度の事業計画において、受託業務の減少や低金利にともなう基本財産運用収入の低下等を懸念材料として挙げ、公益財団法人への移行もハードルが高いとの見通しを示し、2012年3月に解散するとの方針を打ち出した。この発表を受け、静岡県知事の川勝平太は「経済上、立ちゆかないとの理由で(SRIの)解散を決めたのはショック」と発言したうえで、静岡総合研究機構の調査研究機能については静岡県立大学に移管する構想を明らかにした。2012年3月末をもって解散し、研修部門の機能は県が直営で行っている。静岡総合研究機構 フレッシュアイペディアより)

  • 鍵田忠兵衛

    鍵田忠兵衛から見た川勝平太川勝平太

    2009年3月9日、現職の奈良市長である藤原昭が、同年7月の任期満了を控え、次期奈良市長選挙に出馬しない旨を表明したため、前回の市長選で次点で敗れていた鍵田は、2009年5月13日、衆議院議員を辞職して、再々度の奈良市長選挙に備えた。2009年7月5日告示、同月12日投開票の奈良市長選挙において、鍵田は、元奈良市長・前衆議院議員として政治経験の豊富さを有権者に訴えたが、衆議院議員を辞職したことについては十分な理解を得られなかった。他方、名古屋市長選で河村たかしが当選して以来、さいたま市長選挙(清水勇人)、千葉市長選挙(熊谷俊人)、静岡県知事選挙(川勝平太)と地方選4連勝で勢いに乗っている民主党は、33歳のNPO役員仲川元庸を推薦していたが、民主党の勢いのまま、仲川元庸が奈良市長の座を射止めた鍵田忠兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見和子

    鶴見和子から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太)『「内発的発展」とは何か――新しい学問に向けて』(藤原書店、2008年)鶴見和子 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木成高

    鈴木成高から見た川勝平太川勝平太

    『ヨーロッパの成立・産業革命』(灯影舎[京都哲学撰書第6巻]、2000年)、解説:川勝平太 鈴木成高 フレッシュアイペディアより)

  • 読売・吉野作造賞

    読売・吉野作造賞から見た川勝平太川勝平太

    第8回(1998年) 川勝平太『文明の海洋史観』読売・吉野作造賞 フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示

「川勝平太」のニューストピックワード