64件中 21 - 30件表示
  • 佐伯啓思

    佐伯啓思から見た川勝平太川勝平太

    『静かなる革命』(川勝平太 リブロポート、1993)佐伯啓思 フレッシュアイペディアより)

  • NHK人間講座

    NHK人間講座から見た川勝平太川勝平太

    火曜日 近代はアジアの海から 川勝平太NHK人間講座 フレッシュアイペディアより)

  • アジア・太平洋賞

    アジア・太平洋賞から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太(早稲田大学政治経済学部教授)『富国有徳論』(紀伊國屋書店、1995年)アジア・太平洋賞 フレッシュアイペディアより)

  • 南東北

    南東北から見た川勝平太川勝平太

    ただ、「同じ東北地方でも、殊更に『南側』として分類上で差別化し主張したい。」というモチベーションを、メンタリティ面から論ずるならば、各種インフラ整備の発展だけでは到底説明不足である。即ち、戊辰戦争以来続いている「負のイメージとしての『東北地方』からの脱却」「より首都圏に近しい地方」という意識であり、これを端的に象徴する語が「脱東北」である。このメンタリティは、実際に関東地方(=事実上「首都圏」と同一視される地域)と地理的に隣接する、福島県磐越東線沿線(中通り中南部、浜通り夜ノ森以南)において特に強い。1990年代から2000年代前半にかけて、当時の佐藤栄佐久・福島県知事が、福島空港の活用を主柱とした開発案を栃木県と茨城県に持ち掛けて「FIT構想」を打ち出し、共同で開発計画を策定、これを東京政府に対して積極提案した結果、いわゆる首都機能移転の最終候補地への指定に成功した事例が、その最たる証左であろう。「FIT構想」に関連する動きで、「東京時代」という語を生み出した川勝平太も、「那須・阿武隈地域に新首都を」と提唱している。南東北 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力発電関係団体協議会

    原子力発電関係団体協議会から見た川勝平太川勝平太

    2012年7月、国に提出するエネルギー政策の要望書の素案を、会長県である青森県(三村申吾知事)が作成したが、この中に原発の推進を求める表現があった。これは福島県(佐藤雄平知事)・宮城県(村井嘉浩知事)・静岡県(川勝平太知事)の反対により撤回されたが、静岡県は協議会の意義に疑問を呈し、2012年8月に脱退を決めた。原子力発電関係団体協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 石原茂雄

    石原茂雄から見た川勝平太川勝平太

    4月23日、静岡県知事の川勝平太が6号機新設を認めない考えを示したことに対しては「今は6号機などの話をしている時ではない」と発言した。石原茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 新居町 (静岡県)

    新居町 (静岡県)から見た川勝平太川勝平太

    2009年5月にはすべての協議が終了。6月には静岡県副知事立会いの中、両市町長による調印が行われ、7月には新居町議会にて湖西市との廃置分合議案を賛成9・反対2で可決。8月6日湖西市長とともに、静岡県知事川勝平太に廃置分合を申請。新居町 (静岡県) フレッシュアイペディアより)

  • 静岡沖地震

    静岡沖地震から見た川勝平太川勝平太

    静岡県では富士山や伊豆半島などの観光資源が豊富であり、旅館やホテルなど観光・レジャー産業がさかんである。風評被害が懸念されたことから、8月14日に静岡県知事の川勝平太が伊豆半島を訪れ「復旧が進む中で一番心配していたのは伊豆にキャンセルが出ていること。交通の支障もほとんどなく、伊豆はすべて安心だと宣言したい」、「県として伊豆半島の観光PRにできる限りのことをしたい」と強調した。静岡沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 河上倫逸

    河上倫逸から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太・諸井誠)『新しい大地の詩』(三省堂、1999年)河上倫逸 フレッシュアイペディアより)

  • 麗澤大学

    麗澤大学から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太(客員教授。静岡県知事)麗澤大学 フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「川勝平太」のニューストピックワード