64件中 31 - 40件表示
  • 多島海

    多島海から見た川勝平太川勝平太

    経済史家の川勝平太(現静岡県知事)は、『文明の海洋史観』や『文明の海へ』といった著書において、近代文明の勃興には海洋国家(ヴェネツィア、ポルトガル、スペイン、オランダ、イギリス)が大きく関与したとし、「海洋史観」を提唱している。そのなかで、「多島海文明」という概念を提出し、世界史は「陸の文明」から、「海洋への離陸期」の近代を経て、「多島海文明」に向かっているとした。また「西太平洋世界は多島海である」とする「西太平洋の多島海文明」についても言及した。多島海 フレッシュアイペディアより)

  • 網野善彦

    網野善彦から見た川勝平太川勝平太

    (イマニュエル・ウォーラーステイン原著・二宮宏之・川勝平太・榊原英資・山内昌之)『海から見た歴史―ブローデル『地中海』を読む』(藤原書店、1999年、ISBN 489434033X)網野善彦 フレッシュアイペディアより)

  • 近世における世界の一体化

    近世における世界の一体化から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太 『文明の海洋史観』 中央公論新社、1997年。ISBN 4120027155近世における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 安部悦生

    安部悦生から見た川勝平太川勝平太

    例えば、独自の「海洋史観」論で著名な川勝平太、先輩では鈴木良隆、湯沢威、後輩には米倉誠一郎、安部悦生 フレッシュアイペディアより)

  • 安田喜憲

    安田喜憲から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太)敵を作る文明 和をなす文明(PHP研究所、2003年)安田喜憲 フレッシュアイペディアより)

  • 英語帝国主義

    英語帝国主義から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太 (2000)「国際化と英語公用語論」 『経済セミナー』9月号 pp.不明英語帝国主義 フレッシュアイペディアより)

  • 日本文明

    日本文明から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太『日本文明と近代西洋―「鎖国」再考』日本放送協会出版会、1991年。日本文明 フレッシュアイペディアより)

  • 溶融塩原子炉

    溶融塩原子炉から見た川勝平太川勝平太

    2011年から12年にかけて、静岡県の川勝平太知事が記者会見にてトリウム溶融塩炉について複数回言及している。溶融塩原子炉 フレッシュアイペディアより)

  • 村井章介

    村井章介から見た川勝平太川勝平太

    (竹内実・川勝平太・清水元・高谷好一)『日本史を海から洗う』(南風社, 1996年)村井章介 フレッシュアイペディアより)

  • 山内昌之

    山内昌之から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太・二宮宏之・家島彦一・鈴木董など)『海から見た歴史 ブローデル「地中海」を読む』(藤原書店, 1996年)山内昌之 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示

「川勝平太」のニューストピックワード