90件中 41 - 50件表示
  • 新居町 (静岡県)

    新居町 (静岡県)から見た川勝平太川勝平太

    2009年5月にはすべての協議が終了。6月には静岡県副知事立会いの中、両市町長による調印が行われ、7月には新居町議会にて湖西市との廃置分合議案を賛成9・反対2で可決。8月6日湖西市長とともに、静岡県知事川勝平太に廃置分合を申請。新居町 (静岡県) フレッシュアイペディアより)

  • 式守晴子

    式守晴子から見た川勝平太川勝平太

    東京大学大学院の医学系研究科にて学び、1979年に博士課程保健学専門課程を単位取得済退学した。1984年、東京大学より保健学博士の学位を取得した。論文の名は「精神病院におけるコミュニケーションの構造 : ニュースレターからみたコミュニケーションシステム 」。その後、静岡県立大学の看護学部にて教授を務めた。同大学の大学院では、看護学研究科の教授を兼務した。木村正人の後任として2007年から看護学研究科の研究科長を務め、金澤寛明の後任として2013年から看護学部の学部長を務めるなど、要職を歴任した。学部長在任中に小鹿キャンパスの新看護学棟が落成したことから、静岡県理事長の本庶佑、静岡県立大学学長の木苗直秀、静岡県知事の川勝平太らと「小鹿キャンパス看護学部棟オープン記念式典」に出席し、学部長として設置者の本庶とともに挨拶している。2015年3月31日、静岡県立大学を退職した。同年4月1日からは、静岡県立大学に再雇用され、看護学部の特任教授として教鞭を執った。また、大学院においては、看護学研究科の特任教授も兼務した。2016年3月31日、静岡県立大学の看護学部の特任教授を退任した。式守晴子 フレッシュアイペディアより)

  • 鍵田忠兵衛

    鍵田忠兵衛から見た川勝平太川勝平太

    2009年3月9日、現職の奈良市長である藤原昭が、同年7月の任期満了を控え、次期奈良市長選挙に出馬しない旨を表明したため、前回の市長選で次点で敗れていた鍵田は、2009年5月13日、衆議院議員を辞職して、再々度の奈良市長選挙に備えた。2009年7月5日告示、同月12日投開票の奈良市長選挙において、鍵田は、元奈良市長・前衆議院議員として政治経験の豊富さを有権者に訴えたが、衆議院議員を辞職したことについては十分な理解を得られなかった。他方、名古屋市長選で河村たかしが当選して以来、さいたま市長選挙(清水勇人)、千葉市長選挙(熊谷俊人)、静岡県知事選挙(川勝平太)と地方選4連勝で勢いに乗っている民主党は、33歳のNPO役員仲川元庸を推薦していたが、民主党の勢いのまま、仲川元庸が奈良市長の座を射止めた鍵田忠兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 林雄介

    林雄介から見た川勝平太川勝平太

    早稲田大学では、川勝平太、伊東光晴の影響を強く受け、著作でも川勝、伊東らの著作をたびたび紹介している。林雄介 フレッシュアイペディアより)

  • からくり侍 セッシャー1

    からくり侍 セッシャー1から見た川勝平太川勝平太

    2012年5月17日、『セッシャー1外伝 東海道中穴繰毛』のPRのため、静岡県庁に川勝平太静岡県知事を表敬訪問した。からくり侍 セッシャー1 フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太 『文明の海洋史観』 中央公論新社、1997年。ISBN 4120027155近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 上山信一

    上山信一から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太・嶌信彦編)『ジャパニーズドリーム?次世紀の暮らしを考える』(中央公論新社、2000年)上山信一 フレッシュアイペディアより)

  • 英語帝国主義

    英語帝国主義から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太 (2000)「国際化と英語公用語論」 『経済セミナー』9月号 pp.不明英語帝国主義 フレッシュアイペディアより)

  • 網野善彦

    網野善彦から見た川勝平太川勝平太

    (イマニュエル・ウォーラーステイン原著・二宮宏之・川勝平太・榊原英資・山内昌之)『海から見た歴史―ブローデル『地中海』を読む』(藤原書店、1999年、ISBN 489434033X)網野善彦 フレッシュアイペディアより)

  • アジア・太平洋賞

    アジア・太平洋賞から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太(早稲田大学政治経済学部教授)『富国有徳論』(紀伊國屋書店、1995年)アジア・太平洋賞 フレッシュアイペディアより)

90件中 41 - 50件表示

「川勝平太」のニューストピックワード