90件中 51 - 60件表示
  • 鈴木修 (実業家)

    鈴木修 (実業家)から見た川勝平太川勝平太

    徹底した現場主義、現実主義者として知られる。浜松市の市政にも深く関わり、前市長の北脇保之(1999年 - 2007年)、現市長の鈴木康友はいずれも衆議院議員選挙立候補時から強力に支援している。その一方で浜松市の行財政改革推進審議会の会長(第2期)として市財政について将来の発展を見据えた厳しい指摘を行っている。2017年の静岡県知事選挙では、推薦なくば出馬せずの大見得をきった川勝平太が、自民党、民主党の双方から距離を置かれ宙ぶらりんになった際は、浜松にまで足を運んだ川勝県知事に、鈴木から「ぜひ出馬を」と勧めて川勝の体面が保たれた。その経営手腕、歯に衣着せぬ言動などからマスコミの注目度も高く、「日本経済新聞」「日経ビジネス」などの新聞雑誌のほか、「カンブリア宮殿」など経済番組にも頻繁に登場している。また、全国各地に点在するディーラーや小売店の整備工場へは自らの足で出向くほどフットワークが良いことで知られ、現場スタッフやユーザーの声を直に訊いたりするなど顧客の動向や問題点の洗い出し、販売戦略、製品改良等の探求(追求)に余念がない。鈴木修 (実業家) フレッシュアイペディアより)

  • 戸塚進也

    戸塚進也から見た川勝平太川勝平太

    2009年の掛川市長選挙で再選を目指すが、松井三郎に破れ落選した。選挙において自由民主党から支援を受けられなかったことに反発し、投開票日の翌日に離党届を提出した。市長退任に際し「まだ69歳。あと10年は頑張れる」 と発言し、政界引退を否定した。また、在任中の市政運営について「思う通りやれた」 と語っている。同年6月16日、「参院選の比例代表候補を目指す」 と表明し、国民新党への入党を明らかにした。しかし2009年7月の静岡県知事選挙では国民新党が民主党・社会民主党とともに推薦した川勝平太・元静岡文化芸術大学学長を支持せず、民主党を離党し政党推薦無しで立候補した海野徹元参議院議員を支援している。このため国民新党から入党を拒否された。2010年5月11日付でたちあがれ日本へ入党し顧問に就任、同時に第22回参議院議員通常選挙への不出馬を表明。6月3日に次期の第46回衆議院議員総選挙で静岡3区から立候補する考えを明らかにしたが、実際には立候補しなかった。2013年の掛川市長選挙にも立候補したが現職であり自身が前回敗北した松井氏に再度敗北した1戸塚進也 フレッシュアイペディアより)

  • 磐田西高等学校万引き事件

    磐田西高等学校万引き事件から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太知事は公表を「当然」と評価し、教育委員会が適切な対応を実施していないと述べた。また監査委員の公表は勇気ある行動だとして、この問題は蓋をしてしまうような小さい問題ではなく、対策には教育行政の根本的な見直しの必要性を示した。在校生の進学や就職への影響については、今回は極めて悪質であり、そういった影響より道徳心の教育ことが大切であるとコメントした。磐田西高等学校万引き事件 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た川勝平太川勝平太

    一方、2010年10月より定期検査に入っている3号機の運転再開について、中部電力は当初4月を予定し、震災により7月に延期していたが、静岡県の川勝平太知事は「新たな津波対策は不十分。7月の再稼働は客観的な情勢からみて非常に難しい」と述べた。なお、中部電力は3号機を停止して代替電力を火力で賄った場合、毎月60億円の経費負担が生じると発表している。浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • ほぼ日刊イトイ新聞

    ほぼ日刊イトイ新聞から見た川勝平太川勝平太

    智慧の実を食べよう 学問は驚きだ (2004年、山岸俊男・岩井克人・川勝平太・松井孝典)(DVDもあり)ほぼ日刊イトイ新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本文明

    日本文明から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太『日本文明と近代西洋―「鎖国」再考』日本放送協会出版会、1991年。日本文明 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋世織

    高橋世織から見た川勝平太川勝平太

    2009年7月の静岡県知事選挙では元同僚の川勝平太候補に応援メッセージを寄せた。高橋世織 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の政治

    2009年の政治から見た川勝平太川勝平太

    静岡県知事選挙で民主、社民、国民新党推薦の川勝平太が当選。2009年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見和子

    鶴見和子から見た川勝平太川勝平太

    川勝平太)『「内発的発展」とは何か――新しい学問に向けて』(藤原書店、2008年)鶴見和子 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の御嶽山噴火

    2014年の御嶽山噴火から見た川勝平太川勝平太

    静岡県・山梨県にまたがる富士山でも御嶽山の噴火を受け、噴石から逃れるための避難シェルターの整備を検討することを静岡県知事の川勝平太が10月14日の定例記者会見で明らかにした。山梨県知事の横内正明も同案の検討を表明している。2014年の御嶽山噴火 フレッシュアイペディアより)

90件中 51 - 60件表示

「川勝平太」のニューストピックワード