219件中 31 - 40件表示
  • 川勝平太

    川勝平太から見た半藤一利

    (五百旗頭真・猪木武徳・園田英弘・半藤一利・野田宣雄)『検証 歴史を変えた事件――悲劇はなぜ起きたのか』(阪急コミュニケーションズ, 2001年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た海野徹

    選挙戦は自由民主党と公明党が推薦した坂本由紀子との激しい戦いとなった。民主党は、海野徹と川勝の候補一本化を目指したものの不調に終わり、分裂選挙となった。鳩山由紀夫、岡田克也、菅直人など民主党幹部も連日応援に駆けつけた結果、当選を果たした。最終的な坂本との票差はわずか15,000票余りだった。2009年7月7日、静岡県選挙管理員会の告示を経て、静岡県知事に就任。なお、知事としての任期は、選挙の投開票が行われた7月5日から4年間となる。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た京都市

    大阪府で生まれ、京都府京都市にて育つ。1997年から長野県北佐久郡軽井沢町に在住していたが、静岡県知事就任後静岡市葵区にある知事公舎に入居した。経済学者であり専攻は比較経済史で、研究内容としては英国議会資料の分析などが挙げられる。早稲田大学にて助手、講師、助教授、教授、国際日本文化研究センターにて教授、副所長、財団法人総合研究開発機構にて理事などを歴任した。元静岡県知事の石川嘉延の盟友として知られ、石川に対して「富国有徳」との県のスローガンを提案するなどブレーンとして活動した。のちに、石川からの要請を受け、静岡文化芸術大学の学長に就任した。その後、石川の辞任を受け、いったんは立候補を否定したものの、2009年6月5日に静岡県知事選挙への出馬を表明した。公職としては、小渕内閣に設置された「21世紀日本の構想」懇談会、第1次安倍内閣に設置された教育再生会議と「美しい国づくり」企画会議にて委員を務め、国土交通省では国土審議会の委員を務めた。京都市社会教育委員会委員、東京都大学運営諮問会議新大学の教育研究に関する検討会委員にも就任した。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た黒川紀章

    (芳賀徹編、稲盛和夫・団紀彦・梅原猛・山口昌男・吉本隆明・黒川紀章)『創像新世紀――IMAGINATION/CREATION』(淡交社, 2001年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た大修館書店

    (三宅親連・石井和紘)『自立する直島――地方自治と公共建築群』(大修館書店, 1995年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た日本経済新聞社

    『経済史入門』(日本経済新聞社「日経文庫 経済学入門シリーズ」, 2003年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た読売新聞社

    『アジア経済の将来と日本文化』(読売新聞社:読売ぶっくれっと, 1998年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見たぴあ

    (陰山英男・小山泰生・藤原和博・米澤明憲)『笑える子ども。』 (ぴあ[エンジン01選書], 2008年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た石井和紘

    (三宅親連・石井和紘)『自立する直島――地方自治と公共建築群』(大修館書店, 1995年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た木村尚三郎

    早稲田大学の政治経済学部にて助手、講師、助教授を経て、1990年4月に教授に昇任した。1998年4月、国際日本文化研究センターに転じ、教授に就任した。その後、2006年10月に死去した木村尚三郎の後任として、2007年4月に静岡文化芸術大学の学長に就任した。学校法人静岡文化芸術大学理事長は静岡県知事石川嘉延であり、石川の誘いを受けて学長に就いた。その後、理想の学校教育具現化委員会などで石川県政を支え、静岡県学術教育政策顧問の廣部雅昭と共に石川のブレーンとして活動した。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

219件中 31 - 40件表示

「川勝平太」のニューストピックワード