195件中 41 - 50件表示
  • 川勝平太

    川勝平太から見た京都市

    大阪府で生まれ、京都府京都市にて育つ。1997年から長野県北佐久郡軽井沢町に在住していたが、静岡県知事就任後静岡市葵区にある知事公舎に入居した。経済学者であり専攻は比較経済史で、研究内容としては英国議会資料の分析などが挙げられる。早稲田大学にて助手、講師、助教授、教授、国際日本文化研究センターにて教授、副所長、財団法人総合研究開発機構にて理事などを歴任した。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た学校法人静岡文化芸術大学

    早稲田大学政治経済学部教授、国際日本文化研究センター副所長、財団法人総合研究開発機構理事、静岡文化芸術大学学長(第2代)、学校法人静岡文化芸術大学理事長(第2代)などを歴任した。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見たリブロポート

    (佐伯啓思)『静かなる革命――ポスト近代の志』(リブロポート, 1993年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た廣部雅昭

    2006年10月に死去した木村尚三郎の後任として、2007年4月に静岡文化芸術大学の学長に就任した。学校法人静岡文化芸術大学理事長は静岡県知事石川嘉延であり、石川の誘いを受けて学長に就いた。その後、理想の学校教育具現化委員会などで石川県政を支え、静岡県学術教育政策顧問の廣部雅昭とともに石川のブレーンとして活動した。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た大石慎三郎

    (高橋義夫・大石慎三郎・紀田順一郎)『世紀末経済 歴史家の意見!――1994‐96』(ダイヤモンド社, 1996年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た網野善彦

    (I・ウォーラーステイン・網野善彦・榊原英資・山内昌之)『『地中海』を読む』(藤原書店, 1999年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見たドナルド・キーン

    (瀬戸内寂聴・ドナルド・キーン・陳舜臣)『みれにあむ――日本文化この千年』(読売新聞社[読売ぶっくれっと], 1998年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た小渕恵三

    第84代内閣総理大臣の小渕恵三は、この思想に賛同し、自らのモットーの一つとして「富国有徳」を挙げていた。施政方針演説の中で「富国有徳」について触れており、この理念の下で教育立国と科学技術創造立国を実現すると主張した。首相就任後、小渕は「21世紀日本の構想」懇談会を設置し、その委員に川勝を選任した。川勝は第四分科会にて座長を務め、懇談会の纏めた報告書に「富国有徳」の概念を盛り込んだ。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た山口昌男

    (芳賀徹編、稲盛和夫・団紀彦・梅原猛・山口昌男・吉本隆明・黒川紀章)『創像新世紀――IMAGINATION/CREATION』(淡交社, 2001年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た坂本由紀子

    選挙戦は自由民主党と公明党が推薦した坂本由紀子との激しい戦いとなった。民主党は、海野徹と川勝の候補一本化を目指したものの不調に終わり、分裂選挙となった。鳩山由紀夫、岡田克也、菅直人など民主党幹部も連日応援に駆けつけた結果、当選を果たした。最終的な坂本との票差はわずか1万5,000票余りだった。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

195件中 41 - 50件表示

「川勝平太」のニューストピックワード