219件中 71 - 80件表示
  • 川勝平太

    川勝平太から見た小渕恵三

    第84代内閣総理大臣の小渕恵三は、意味は分からないもののこのことばに感銘を受け、自らのモットーの一つとして「富国有徳」を挙げていた。施政方針演説の中で「富国有徳」について触れており、この理念の下で教育立国と科学技術創造立国を実現すると主張した。首相就任後、小渕は「21世紀日本の構想」懇談会を設置し、その委員に川勝を選任した。川勝は第四分科会にて座長を務め、懇談会のまとめた報告書に「富国有徳」の概念を盛り込んだ。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た坂本由紀子

    選挙戦は自由民主党と公明党が推薦した坂本由紀子との激しい戦いとなった。民主党は、海野徹と川勝の候補一本化を目指したものの不調に終わり、分裂選挙となった。鳩山由紀夫、岡田克也、菅直人など民主党幹部も連日応援に駆けつけた結果、当選を果たした。最終的な坂本との票差はわずか15,000票余りだった。2009年7月7日、静岡県選挙管理員会の告示を経て、静岡県知事に就任。なお、知事としての任期は、選挙の投開票が行われた7月5日から4年間となる。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た濱下武志

    浜下武志)『アジア交易圏と日本工業化――1500-1900』(リブロポート, 1991年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た村井章介

    (竹内実・村井章介・清水元・高谷好一)『日本史を海から洗う』(南風社, 1996年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た姜尚中

    (武者小路公秀編、榊原英資・姜尚中)『新しい「日本のかたち」――外交・内政・文明戦略』(藤原書店, 2002年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見たテッサ・モリス=スズキ

    国際日本文化研究センター時代、梅原猛の影響で展開した「文明論」は、テッサ・モリス=スズキ等の歴史学者からの批判が指摘されている。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た河上倫逸

    河上倫逸・諸井誠編、中村雄二郎・小田稔・河合隼雄・米本昌平・中村桂子・石井和紘)『新しい大地の詩――西欧近代との対話』(三省堂, 1999年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た高谷好一

    (竹内実・村井章介・清水元・高谷好一)『日本史を海から洗う』(南風社, 1996年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た山折哲雄

    川勝は「日本最強内閣」としての閣僚には誰が最適かとするアンケートにて、内閣総理大臣に櫻井よしこ、外務大臣に曽野綾子、厚生労働大臣に中村桂子、内閣官房長官に中山恭子、の4人の女性の名を挙げている。その他の閣僚としては、総務大臣に丹羽宇一郎、財務大臣に堺屋太一、文部科学大臣に寺田典城、農林水産大臣に竹中平蔵、防衛大臣に山折哲雄を列挙し、無任所の行政改革担当大臣には渡辺喜美を挙げている。川勝は、櫻井について「憂国の士」 であると指摘したうえで「美しい大和撫子」 と評しており、それを理由に内閣総理大臣に選出したと説明している。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た南部宣行

    南部宣行・鈴木健夫・松本康正・原剛・菊池紘一)『「最初の工業国家」を見る眼』(早稲田大学出版部, 1987年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

219件中 71 - 80件表示

「川勝平太」のニューストピックワード