219件中 81 - 90件表示
  • 川勝平太

    川勝平太から見た西尾幹二

    1997年に行われた新しい歴史教科書をつくる会第二回シンポジウムに参加しており、2005年当時の「つくる会」の公式ページや2009年県知事選での一部報道では「つくる会」の賛同者であると紹介されていた。しかしながら、2009年7月8日の知事就任記者会見において「賛同者なのか」との質問に対して「もう違います。ああいった方々とは一線も二線も画しております。」と否定している。川勝知事は記者に対して「まず誤解を解かなければいけません。新しい歴史教科書をつくる会ですか。一度もメンバーになっておりません。あれは最初会長になった西尾幹二という方が電話をかけてこられて、歴史教科書についてどう思うか、私の観点では日本史と東洋史と西洋史が分けられているのがおかしいと、そしてそれが選択科目になっているのがおかしいと、そういう観点での歴史教科書についての疑問があったので、教科書を見直すというのであればいいと、ところが御承知のように蓋を開けたところ特定の問題について必ずしも歴史家でない人たちが自らイデオロギーを論じる場になっていたので、一度もメンバーになっていません。それが誤解されてですね、あなたは中日新聞ですか、朝日新聞でも、教育再生会議の委員になったときに最初の版で、私がメンバーであるとお書きになって、それは調べてみたら違ったと、それで外されました。ですから私はメンバーではありません。」と語った。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た習近平

    2010年1月の中国訪問に際し、川勝は「訪中を通じて(石川前知事から)教えを受けたい」と述べ、石川に対し同行を要請した。石川はこの申し出を承諾したため、川勝と石川の両名が副主席の習近平らと会談することになった。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た猪木武徳

    (五百旗頭真・猪木武徳・園田英弘・半藤一利・野田宣雄)『検証 歴史を変えた事件――悲劇はなぜ起きたのか』(阪急コミュニケーションズ, 2001年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た紀田順一郎

    (高橋義夫・大石慎三郎・紀田順一郎)『世紀末経済 歴史家の意見!――1994‐96』(ダイヤモンド社, 1996年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た嶋津格

    1948年8月、大阪府にて生まれた。その後は京都府京都市にて育ち、市内の洛星高等学校を卒業した。当時の同級生には、建築家の六鹿正治、医学者の竹中洋と市田隆文、経済学者の杉村芳美、法学者の嶋津格らがいる。早稲田大学に進学し、政治経済学部の経済学科にて学んだ。1972年3月に早稲田大学を卒業すると、同大学の大学院に進学し経済学研究科にて学んだ。1975年3月、早稲田大学の大学院における修士課程を修了した。早大時代の指導教授は正田健一郎である。その後、同大学の大学院における博士課程を単位取得満期退学し、イギリスに渡った。1985年10月、 らの指導の下でオックスフォード大学より博士号を取得した。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見たイマニュエル・ウォーラーステイン

    I・ウォーラーステイン・網野善彦・榊原英資・山内昌之)『『地中海』を読む』(藤原書店, 1999年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た陰山英男

    陰山英男・小山泰生・藤原和博・米澤明憲)『笑える子ども。』 (ぴあ[エンジン01選書], 2008年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た安田喜憲

    安田喜憲)『敵を作る文明、和をなす文明』(PHP研究所, 2003年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た小田稔

    (河上倫逸・諸井誠編、中村雄二郎・小田稔・河合隼雄・米本昌平・中村桂子・石井和紘)『新しい大地の詩――西欧近代との対話』(三省堂, 1999年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た溝口紀子

    2017年6月25日に投開票が行われた知事選挙ではバルセロナオリンピック柔道銀メダリストの溝口紀子を破り、3期目の当選を果たした。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

219件中 81 - 90件表示

「川勝平太」のニューストピックワード