前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示
  • こたえてちょーだい!

    こたえてちょーだい!から見た川合俊一川合俊一

    放送開始当初は『どうーなってるの?!』とは違う路線で、再現ドラマは無く、主婦向けの情報番組の体裁を取っていた。番組の途中には元スポーツ選手である川合俊一による健康体操を披露するコーナーもあった。こたえてちょーだい! フレッシュアイペディアより)

  • みんなのケイバ

    みんなのケイバから見た川合俊一川合俊一

    なお2010年1月10日から同枠は川合俊一、福原直英アナウンサー、優木まおみ司会による後任番組『みんなのKEIBA』となる。みんなのケイバ フレッシュアイペディアより)

  • 川合庶

    川合庶から見た川合俊一川合俊一

    東京都大田区出身。元バレーボール日本代表でタレントの川合俊一は実兄。大学時代まではバレーボールの選手だったが、兄に勧められ1993年にビーチバレーに転向した。川合庶 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ探偵団

    テレビ探偵団から見た川合俊一川合俊一

    第156回(1990年11月04日) - 川合俊一テレビ探偵団 フレッシュアイペディアより)

  • 奇跡の扉 TVのチカラ

    奇跡の扉 TVのチカラから見た川合俊一川合俊一

    川合俊一:コメンテーター。奇跡の扉 TVのチカラ フレッシュアイペディアより)

  • 河合俊一

    河合俊一から見た川合俊一川合俊一

    河合俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 井原文之

    井原文之から見た川合俊一川合俊一

    高校時代は崇徳高校の九人制のバック選手として活躍。レシーブの名手として知られた。1959年、当時は企業名もほとんど知られていなかった富士フイルムに入社。1964年の九人制全日本総合選手でチーム初優勝に貢献したが、会社が翌1965年度を最後に九人制をやめ、六人制一本に絞ったため167cmのレシーバーに出番はなく1966年引退。大卒のエースだった同期の小山勉部長が監督に就任するのとは対照的にバレー部を去り7年間工場勤務。1973年、新興・サントリーによる選手引き抜き騒動からチームを立て直すためコーチとして復帰。1980年監督に就任。当時の日本リーグはサントリーの大古誠司、日本鋼管の嶋岡健治など、かつてのスター選手が監督を務めていたため井原の経歴は異色だった。1981年、どうしても破れなかった新日鉄の壁を破りチームを日本リーグ悲願の初優勝に導く。この後も井原の代名詞とも言われた厳しい指導で、山田修司、杉本公雄、三橋栄三郎、熊田康則、川合俊一ら、骨のある若手を鍛え上げ、1983年から空前絶後のリーグ五連覇を成し遂げた。「練習はレシーブばかり」とも揶揄され、口数少なく先に手が出る、とも言われ、しばしば主力選手とぶつかったが、レシーブを主体としたコンビネーションバレーで富士フイルム黄金時代を築いた。Vリーグ創設年の1992年まで指揮を執り監督を退任した。井原文之 フレッシュアイペディアより)

  • 制作費100億使い切り特番! 世界最高 超豪華ゲーム!100万$の選択! THE BET

    制作費100億使い切り特番! 世界最高 超豪華ゲーム!100万$の選択! THE BETから見た川合俊一川合俊一

    ベッター:明石家さんま、上岡龍太郎、久本雅美、松岡昌宏、飯島愛、川合俊一、 青木謙知制作費100億使い切り特番! 世界最高 超豪華ゲーム!100万$の選択! THE BET フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のバレーボール

    1992年のバレーボールから見た川合俊一川合俊一

    川合俊一がタレント活動を開始。1992年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 周藤玲美

    周藤玲美から見た川合俊一川合俊一

    幼少期に川合俊一(現日本ビーチバレーボール連盟会長)と試合をしていた父の姿を見てビーチバレー選手を志す。周藤玲美 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示

「川合俊一」のニューストピックワード