76件中 21 - 30件表示
  • 川合 俊一

    川合俊一から見た井上謙

    1985年、日本体育大学を卒業し、富士フイルムに入社。同社の熊田康則、日本鋼管の井上謙(3人とも同学年)と共に「バレーボール界のビッグ3」と言われ、日本男子バレーボール界をリードしていった。この年の神戸ユニバーシアード(8 - 9月)では、7大会ぶりの金メダル獲得に貢献した。秋には同じく斎藤勝監督のもと、ワールドカップにも出場した。川合俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 川合 俊一

    川合俊一から見た熊田康則

    1985年、日本体育大学を卒業し、富士フイルムに入社。同社の熊田康則、日本鋼管の井上謙(3人とも同学年)と共に「バレーボール界のビッグ3」と言われ、日本男子バレーボール界をリードしていった。この年の神戸ユニバーシアード(8 - 9月)では、7大会ぶりの金メダル獲得に貢献した。秋には同じく斎藤勝監督のもと、ワールドカップにも出場した。川合俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 川合 俊一

    川合俊一から見た川合庶

    身長195センチメートル、体重100キログラム。血液型はA型。妻は女優の中野みゆき。湘南ベルマーレビーチバレーチームヘッドコーチの川合庶は実弟。川合俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 川合 俊一

    川合俊一から見た南将之

    1989年、当時監督の南将之の依頼で全日本の主将に就任。前年のソウルオリンピックで引退するつもりだったが、それまでバレー人生でキャプテンを一度もやったことがなかったこともあり、翻意したという。川合俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 川合 俊一

    川合俊一から見た早稲田大学

    ビーチバレーの発展のために、まずは競技のできるビーチの確保が必要だと考え、環境問題やビーチの保護に関心が高い。また、アメリカの元副大統領のゴア氏の映画不都合な真実に感銘を受け、2008年に早稲田大学の講堂に招き講演が実現した。川合俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 川合 俊一

    川合俊一から見たバレーボール全日本男子

    川合 俊一(かわい しゅんいち、1963年2月3日 - )は、日本の元プロビーチバレー選手、元インドア全日本男子代表主将(ポジションはセンタープレーヤー)。川合俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 川合 俊一

    川合俊一から見たタレント

    現職は、日本ビーチバレーボール連盟会長、日本バレーボール協会強化事業本部付顧問、NPO法人日本バレーボール・オリンピアンの会理事、トヨタ自動車ビーチバレーボール部ゼネラルマネージャー、ケイブロス代表取締役社長、タレント、バレーボール解説者。川合俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 川合 俊一

    川合俊一から見た日本バレーボール協会

    現職は、日本ビーチバレーボール連盟会長、日本バレーボール協会強化事業本部付顧問、NPO法人日本バレーボール・オリンピアンの会理事、トヨタ自動車ビーチバレーボール部ゼネラルマネージャー、ケイブロス代表取締役社長、タレント、バレーボール解説者。川合俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 川合 俊一

    川合俊一から見たビーチバレーボール

    1990年3月、富士フイルムを退社し、インドアバレーボールから引退。プロビーチバレーボール選手として世界各地のツアーに参戦する(1987年には第1回ビーチバレージャパンで前述の熊田とのペアで優勝していた)。スポーツキャスターとして、1991年から8年間、日本テレビ『独占!!スポーツ情報』のキャスターを担当した。川合俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 川合 俊一

    川合俊一から見た富士フイルム

    川合がバレーボール選手からタレントになったのは、引退後に大学の後輩である瀬戸山正二とアメリカを旅しながら今後のことを考えていた時に、ロサンゼルスでビーチバレーに出会ったのがきっかけである。帰国後、「面白いから日本で流行らせたい。ならばテレビに出た方が手っ取り早い」と思い、つながりのあるテレビ局に声を掛けた。それからタレント活動を始めていく上で、バラエティー番組からスポーツキャスターなど仕事の幅が広がり、そして今日に至るという。また、引退後は会社(富士フイルム)に残って仕事をすることも出来たのだが、自分自身にサラリーマンは向いていないこと、机一つとっても自分のサイズに合わないなどの理由もあったという。川合俊一 フレッシュアイペディアより)

76件中 21 - 30件表示

「川合俊一」のニューストピックワード