1 2 3 4 次へ
39件中 31 - 39件表示
  • 楢崎正剛

    楢崎正剛から見た川島永嗣川島永嗣

    ドイツ大会後に代表監督に就任したイビチャ・オシムからは暫く招集を見送られていたが、クラブでの好調さを評価され2007年のキリンカップのメンバーに招集され、モンテネグロ戦で24試合ぶりの先発出場を果たした。2008年のワールドカップアジア3次予選途中からは川口の不調により、正GKは楢?に交代となり安定感を見せて、約5年振りとなる代表レギュラーとしてプレーした。しかし、2010年南アフリカ大会直前の練習試合においては、高地適用で遅れたためにスタメンを川島永嗣が務め、本大会でも出場機会は得られず、正GKとして出場出来たのは2002年の日韓大会のみであった。しかし、楢崎本人は日本に帰国してから、エル・ゴラッソの取材に「高山病はガセネタ。毎日練習していたし、高地にも普通に順化できた」と話している。楢崎正剛 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー日本代表

    サッカー日本代表から見た川島永嗣川島永嗣

    2011年の第15回カタール大会ではグループリーグを2勝1分の1位で通過。準々決勝の地元カタール戦では10人になりながらも3-2で逆転勝利。準決勝の韓国戦では延長戦でも決着が付かずPK戦に突入し、川島永嗣が相手のPKを2本止める活躍で勝利し決勝進出。決勝のオーストラリア戦では0-0のまま延長戦に突入し、延長後半に長友佑都の左サイドからのクロスボールに李忠成がボレーシュートで合わせ代表初ゴールとなる決勝点を決めて、2大会ぶり4度目(歴代最多)の優勝を遂げた。サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 曽ヶ端準

    曽ヶ端準から見た川島永嗣川島永嗣

    以後、代表選出からは遠ざかっていたが、2010年10月9日、川島永嗣の負傷により日本代表に追加招集された。曽ヶ端準 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見た川島永嗣川島永嗣

    3月20日 - 川島永嗣、プロサッカー選手1983年 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋グランパス

    名古屋グランパスから見た川島永嗣川島永嗣

    藤本主税が移籍。豊田陽平が入団。森山泰行が三度復帰した他、川島永嗣、秋田豊、角田誠、岩本輝雄、大野敏隆(レンタル移籍)と大型補強を行った。名古屋グランパス フレッシュアイペディアより)

  • 吉田 友一

    吉田友一から見た川島永嗣川島永嗣

    高校の同級生にサッカー日本代表の川島永嗣選手がいたため、テレビでインタビュー出演した。吉田友一 フレッシュアイペディアより)

  • スタンダール・リエージュ

    スタンダール・リエージュから見た川島永嗣川島永嗣

    2012年7月17日、リールセSKから日本代表ゴールキーパーの川島永嗣を3年総額60万ユーロで獲得することに合意した。川島はスタンダール初の日本人選手となった。川島に加えて、フレデリック・ビュロ(フランスリーグ・アンのSMカーン所属)、Astrit Ajdarević(スウェーデンの若手)、マーヴィン・オグンジミ(以前はゲンクに所属)、Dudu Biton(シャルルロワSC所属のアタッカー)、Yohan Tavares(ディフェンダー)を獲得した。スタンダールはまた、未来を見据えてマンチェスター・ユナイテッドのエゼキエル・フライアーズなど若手を獲得していった。シーズンは勝点15中10を獲得し好調であったが、その後4連敗を喫した。ホームでアンダレルヒトに勝利したものの、RAECモンスとのワロンダービーでは敗れた。勝点33ポイント中13ポイントの12位の不振により、監督のロン・ヤンスは2012年10月22日に解任され、新監督にはミルチェア・レドニクが就任した。スタンダール・リエージュ フレッシュアイペディアより)

  • さいたま観光大使

    さいたま観光大使から見た川島永嗣川島永嗣

    川島永嗣(中央区出身・プロサッカー選手)※「さいたま市観光大使」より転任さいたま観光大使 フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た川島永嗣川島永嗣

    3月20日 - 川島永嗣、プロサッカー選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
39件中 31 - 39件表示

「川島永嗣」のニューストピックワード