前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たフランク・ランパード

    2010年5月30日のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会前のテストマッチ・対イングランド戦でフランク・ランパードのPKを阻止するなど強豪相手に好セーブを連発する活躍を見せ、楢崎に代わり本大会での正GKの座を獲得した。本大会では、グループリーグ全3試合に出場、2失点(内、1点はデンマークのヨン・ダール・トマソンのPKを防いで相手正面に弾いた際のこぼれ球による)という活躍でグループリーグ突破に貢献した。決勝トーナメント第1回戦のパラグアイ戦でも無失点に抑えたが、0−0のままPK戦となり、PK戦では5本全て決められ敗れた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た鄭大世

    2008年2月17日、東アジアサッカー選手権・対北朝鮮戦でA代表デビューを果たした。しかし、川崎のチームメイト(当時)である鄭大世にゴールを決められる複雑なデビューとなった。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た楢崎正剛

    2004年、複数舞い込んだ移籍話の中から、あえて日本代表の楢崎正剛がいる名古屋グランパスエイトに移籍。しかし、キャリアの円熟期にあった楢崎の牙城は堅く、控えに甘んじる日々が続き、結果的にアテネオリンピックの代表メンバーからは外れた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たジャンルイジ・ブッフォン

    更に同年12月、大宮在籍時の2001年にイタリアに短期留学した際に出会った代表GKジャンルイジ・ブッフォンの育ての親でもあるエルメ・フルゴーニ(現モデナFCGKコーチ)からマンツーマン指導を受ける為、自費で単身イタリア・パルマに渡った。フルゴーニの自宅に約1週間泊まり込んで、連日土のグラウンドで猛特訓を受けたという。2001年から独学でイタリア語を勉強。フルゴーニからはことあるごとにメールで助言を受けており、その師匠からは「守るのではなく攻めろ」と、サイドからのクロスボールなどに対して攻撃的に守ることを徹底された。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た山岸範宏

    2006年オフ、2007年シーズンにAFCチャンピオンズリーグ出場を控えている川崎フロンターレから獲得のラブコールを受け、当時の川崎のクラブ史上最高額となる1億5000万円の移籍金で完全移籍した。シーズン開幕から正GKとして全試合フル出場を続け、それまで川崎の弱点と見られていたポジションを補って余りある活躍を見せた。また移籍直後の2007年2月14日には、川口、山岸範宏、林彰洋らと共にA代表候補合宿に初招集され、3月19日にはペルー戦以降ベンチ入りし、AFCアジアカップ2007でもメンバーに選ばれた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た村上春樹

    愛読書は村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「1Q84」川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た矢島卓郎

    2006年末、怪我のリハビリも兼ねて練習試合に何度かフォワードとして出場したが、4試合で3ゴール1アシストを決め、周囲を驚かせた。また、GKのポジションでは試合中行う機会はほとんどないヘディングも得意としており、チームメイトのFW矢島卓郎に対してヘディングシュートのコーチ役を務めたこともある。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た川口能活

    2002年、AFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍。特に準決勝のウズベキスタン戦ではPK戦で2本止めるなど、獅子奮迅の活躍を見せた。2003年12月に行われたFIFAワールドユース選手権でも、イングランド戦、エジプト戦で数々のスーパーセーブを見せ、チームのベスト8進出に貢献した。この時の活躍はサッカー解説者のセルジオ越後、ジャーナリストの金子達仁といった辛口の論客たちをして「GKに関しては次世代のタレントは見つかった。川島君の存在は光でした」「川口能活以来じゃないの? ここまでGKがクローズアップされたのは」と言わしめた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た中村憲剛

    趣味が語学とも述べ、他にも様々なジャンルの本を読んでいる。栄養学等も勉強し、自炊しているという。トークショーで中村憲剛は、川島について「エイジは一人で何でも出来るから自己完結しちゃう」と評していた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たセフ・フェルホーセン

    移籍後はカップ戦など出場機会が限られていたが、2006年にセフ・フェルホーセン新監督のもと新たなスタートを切った名古屋において、2005年シーズン終盤に負傷した楢崎に代わって先発出場。楢崎が復帰した後も熾烈なレギュラー争いを続けた。このシーズンは結果的にリーグ戦10試合、Jリーグカップ4試合に出場。正GKの座は奪えなかったものの、その能力の高さを改めてアピールした。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「川島永嗣」のニューストピックワード