101件中 31 - 40件表示
  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たレスター・シティFC

    2015年6月にスタンダール・リエージュを退団後は、移籍先が決まらずベルギーのチーム やイタリア2部のノヴァーラ・カルチョ、岡崎慎司の所属するイングランドのレスター・シティFC などのチームの練習に参加したが契約には繋がらず、無所属の状態が続いた。また、無所属という事で長年選出されてきた日本代表からも外された。10月には古巣のスタンダール・リエージュへ復帰する可能性があると報道された が、11月3日にスコットランドのダンディー・ユナイテッドFCと加入合意したことが発表され、12月29日に正式に加入。所属チームが決まった事もあり、2016年には代表復帰を果たした。降格危機にあるチームの救世主として期待され、第22節ダンディーFC戦からミハウ・シュロムニクに代わって出場を続けたが、失点を減らすことはできず、2016年5月3日に降格が決定した。6月3日に行われたブルガリア戦で約1年ぶりに日本代表として試合に出場し、2失点はしたものの試合終了間際のPKを止める活躍を見せた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た国民体育大会

    少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学ぶ。当時からゴールキーパー志望で、セルヒオ・ゴイコチェアに憧れを抱いていた。与野西中学校時代に本格的にキーパーのポジションを始めた。埼玉県選抜に選ばれ、ドイツとオランダへ遠征を行った経験がある。その後埼玉県立浦和東高等学校へ進学し、3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た大分トリニータ

    Jリーグ初出場 - 2002年4月6日 J2第7節 対大分トリニータ戦(大分スタジアム)川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカーオーストラリア代表

    2011年に開催されたアジアカップでも正GKとして起用されるものの、グループリーグ第2戦シリア戦では不可解な判定で退場し、準々決勝のカタール代表戦でも2失点するなど出来が危ぶまれた。しかし、準決勝の韓国戦のPK戦では相手のシュートを2本止め、決勝のオーストラリア戦では多くの好セーブを見せて無失点に抑え、マンオブザマッチに選出される活躍で日本代表の2大会ぶりの優勝に貢献した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た全国高等学校サッカー選手権大会

    少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学ぶ。当時からゴールキーパー志望で、セルヒオ・ゴイコチェアに憧れを抱いていた。与野西中学校時代に本格的にキーパーのポジションを始めた。埼玉県選抜に選ばれ、ドイツとオランダへ遠征を行った経験がある。その後埼玉県立浦和東高等学校へ進学し、3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たジュピラーリーグ

    2010年7月7日、ベルギー・ジュピラーリーグ(1部)に昇格したばかりのリールセSKへ2年契約で完全移籍した。12月には彩の国功労賞を受賞。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカーパラグアイ代表

    2010年5月30日のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会前のテストマッチ・対イングランド戦でフランク・ランパードのPKを阻止するなど強豪相手に好セーブを連発する活躍を見せ、楢崎に代わり本大会での正GKの座を獲得した。本大会では、グループリーグ全3試合に出場、2失点(内、1点はデンマークのヨン・ダール・トマソンのPKを防いで相手正面に弾いた際のこぼれ球による)という活躍でグループリーグ突破に貢献した。決勝トーナメント第1回戦のパラグアイ戦でも無失点に抑えたが、0−0のままPK戦となり、PK戦では5本全て決められ敗れた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た大学

    学生時代の成績は優秀で、周囲からは大学進学を勧められていたが、プロでやっていくことを決断。しかし、地元浦和レッドダイヤモンズのセレクションは不合格となる。その後もうひとつの地元クラブである大宮アルディージャへの加入が決定。川島の獲得を決めたのは、当時大宮で強化部長の職にあった佐々木則夫(後にサッカー日本女子代表監督)である。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た大宮アルディージャ

    学生時代の成績は優秀で、周囲からは大学進学を勧められていたが、プロでやっていくことを決断。しかし、地元浦和レッドダイヤモンズのセレクションは不合格となる。その後もうひとつの地元クラブである大宮アルディージャへの加入が決定。川島の獲得を決めたのは、当時大宮で強化部長の職にあった佐々木則夫(後にサッカー日本女子代表監督)である。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たRCランス

    年が明けた2017年1月8日、クープ・ドゥ・フランスのRCランス戦で移籍後初出場したがチームは0-2で敗れた。4月18日、第31節のパリ・サンジェルマン戦でリーグ戦デビューを果たした。5月14日、第37節のトゥールーズFC戦ではPKをストップして、フランスの有力紙でベストイレブンに選出された。最終的には、第3GKとして加入した2016-17シーズンだったが、チームの第1GKとなり、代表でも正GKとしてポジションを奪い返した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

101件中 31 - 40件表示

「川島永嗣」のニューストピックワード