91件中 31 - 40件表示
  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカー日本代表

    川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 - )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。ジュピラーリーグ・スタンダール・リエージュ所属。日本代表川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た国民体育大会

    少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学ぶ。当時からゴールキーパー志望だったという。与野西中学校時代に本格的にキーパーのポジションを始めた。埼玉県選抜に選ばれ、ドイツとオランダへ遠征を行った経験がある。その後埼玉県立浦和東高等学校へ進学し、3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た大分トリニータ

    Jリーグ初出場 - 2002年4月6日 J2第7節 対大分トリニータ戦(大分スタジアム)川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカーオーストラリア代表

    2011年に開催されたAFCアジアカップ2011でも正GKとして起用されるものの、グループリーグ第2戦シリア戦では不可解な判定で退場し、準々決勝のカタール代表戦でも2失点するなど出来が危ぶまれた。しかし、準決勝の韓国戦のPK戦では相手のシュートを2本止め、決勝のオーストラリア戦では多くの好セーブを見せて無失点に抑え、マンオブザマッチに選出される活躍で日本代表の2大会ぶりのアジア制覇に貢献した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカー大韓民国代表

    2011年に開催されたAFCアジアカップ2011でも正GKとして起用されるものの、グループリーグ第2戦シリア戦では不可解な判定で退場し、準々決勝のカタール代表戦でも2失点するなど出来が危ぶまれた。しかし、準決勝の韓国戦のPK戦では相手のシュートを2本止め、決勝のオーストラリア戦では多くの好セーブを見せて無失点に抑え、マンオブザマッチに選出される活躍で日本代表の2大会ぶりのアジア制覇に貢献した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た全国高等学校サッカー選手権大会

    少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学ぶ。当時からゴールキーパー志望だったという。与野西中学校時代に本格的にキーパーのポジションを始めた。埼玉県選抜に選ばれ、ドイツとオランダへ遠征を行った経験がある。その後埼玉県立浦和東高等学校へ進学し、3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た1Q84

    愛読書は村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「1Q84川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカーパラグアイ代表

    2010年5月30日のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会前のテストマッチ・対イングランド戦でフランク・ランパードのPKを阻止するなど強豪相手に好セーブを連発する活躍を見せ、楢崎に代わり本大会での正GKの座を獲得した。本大会では、グループリーグ全3試合に出場、2失点(内、1点はデンマークのヨン・ダール・トマソンのPKを防いで相手正面に弾いた際のこぼれ球による)という活躍でグループリーグ突破に貢献した。決勝トーナメント第1回戦のパラグアイ戦でも無失点に抑えたが、0−0のままPK戦となり、PK戦では5本全て決められ敗れた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た大学

    学生時代の成績は優秀で、周囲からは大学進学を勧められていたが、プロでやっていくことを決断。しかし、地元浦和レッドダイヤモンズのセレクションは不合格となる。その後もうひとつの地元クラブである大宮アルディージャへの加入が決定。川島の獲得を決めたのは、当時大宮で強化部長の職にあった佐々木則夫(後にサッカー日本女子代表監督)である。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たJリーグカップ

    移籍後はカップ戦など出場機会が限られていたが、2006年にセフ・フェルホーセン新監督のもと新たなスタートを切った名古屋において、2005年シーズン終盤に負傷した楢崎に代わって先発出場。楢崎が復帰した後も熾烈なレギュラー争いを続けた。このシーズンは結果的にリーグ戦10試合、Jリーグカップ4試合に出場。正GKの座は奪えなかったものの、その能力の高さを改めてアピールした。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

91件中 31 - 40件表示

「川島永嗣」のニューストピックワード