101件中 41 - 50件表示
  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たパリ・サンジェルマン

    年が明けた2017年1月8日、クープ・ドゥ・フランスのRCランス戦で移籍後初出場したがチームは0-2で敗れた。4月18日、第31節のパリ・サンジェルマン戦でリーグ戦デビューを果たした。5月14日、第37節のトゥールーズFC戦ではPKをストップして、フランスの有力紙でベストイレブンに選出された。最終的には、第3GKとして加入した2016-17シーズンだったが、チームの第1GKとなり、代表でも正GKとしてポジションを奪い返した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た浦和レッドダイヤモンズ

    学生時代の成績は優秀で、周囲からは大学進学を勧められていたが、プロでやっていくことを決断。しかし、地元浦和レッドダイヤモンズのセレクションは不合格となる。その後もうひとつの地元クラブである大宮アルディージャへの加入が決定。川島の獲得を決めたのは、当時大宮で強化部長の職にあった佐々木則夫(後にサッカー日本女子代表監督)である。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たJリーグカップ

    移籍後はカップ戦など出場機会が限られていたが、2006年にセフ・フェルホーセン新監督のもと新たなスタートを切った名古屋において、2005年シーズン終盤に負傷した楢崎に代わって先発出場。楢崎が復帰した後も熾烈なレギュラー争いを続けた。このシーズンは結果的にリーグ戦10試合、Jリーグカップ4試合に出場。楢崎から正GKの座は奪えなかったものの、その能力の高さを改めてアピールした。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た名古屋グランパスエイト

    2004年、複数舞い込んだ移籍話の中から、あえて当時日本代表で活躍していた楢崎正剛が在籍する名古屋グランパスエイトへ移籍。しかし当時が円熟期にあった楢崎の牙城は堅く、公式戦では控えに甘んじる日々が続き、結果的にアテネオリンピックの代表メンバーからは外れた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た花粉

    2011年には殺虫剤メーカー・フマキラーの花粉対策商品「アレルシャット 花粉 鼻でブロック」CMキャラクターを務めた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカーブラジル代表

    PK阻止を得意としている。日本代表の正GKを掴むアピールとなった2010年に行われた親善試合のイングランド戦でのフランク・ランパードのPKや2010年ワールドカップのデンマーク戦(ストップ後のこぼれ球を決められる)のPKストップ、アジアカップ準決勝の韓国戦のPK戦では2人連続ストップし、そのPK戦で一本も決めさせなかったなどがある。2016年に英放送局『Sky Sports』が制作した欧州五大リーグでプレイするGKを対象にPK阻止率のランキングで、川島は34位にランクインしている。2017年11月10日に行われた親善試合ブラジル戦でも試合中2度あったネイマールのPKを1度止めており、2016年6月から2017年11月までの過去1年半のPK阻止率は「83.3%」であった。また、2018年1月27日に行われたリーグ・アン第23節のOGCニース戦では、マリオ・バロテッリのPKを止めた。こぼれ球を決められたものの、PKストップ扱いとなり、スポーツに関する様々なデータを配信している『Opta』によると「10年間以上のリーグアン(フランスリーグ)において最初のPK3本を阻止した初のGKになった」と伝えている。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たノヴァーラ・カルチョ

    2015年6月にスタンダール・リエージュを退団後は、移籍先が決まらずベルギーのチーム やイタリア2部のノヴァーラ・カルチョ、岡崎慎司の所属するイングランドのレスター・シティFC などのチームの練習に参加したが契約には繋がらず、無所属の状態が続いた。また、無所属という事で長年選出されてきた日本代表からも外された。10月には古巣のスタンダール・リエージュへ復帰する可能性があると報道された が、11月3日にスコットランドのダンディー・ユナイテッドFCと加入合意したことが発表され、12月29日に正式に加入。所属チームが決まった事もあり、2016年には代表復帰を果たした。降格危機にあるチームの救世主として期待され、第22節ダンディーFC戦からミハウ・シュロムニクに代わって出場を続けたが、失点を減らすことはできず、2016年5月3日に降格が決定した。6月3日に行われたブルガリア戦で約1年ぶりに日本代表として試合に出場し、2失点はしたものの試合終了間際のPKを止める活躍を見せた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカーカタール代表

    2011年に開催されたアジアカップでも正GKとして起用されるものの、グループリーグ第2戦シリア戦では不可解な判定で退場し、準々決勝のカタール代表戦でも2失点するなど出来が危ぶまれた。しかし、準決勝の韓国戦のPK戦では相手のシュートを2本止め、決勝のオーストラリア戦では多くの好セーブを見せて無失点に抑え、マンオブザマッチに選出される活躍で日本代表の2大会ぶりの優勝に貢献した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た2009年

    国際Aマッチ初完封 - 2009年10月10日 対スコットランド戦川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たJALカード

    2013年にはJALカードのCMキャラクターを務めている。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

101件中 41 - 50件表示

「川島永嗣」のニューストピックワード