91件中 51 - 60件表示
  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たオランダ語

    海外のクラブに移籍する前から、下準備として日々英語・イタリア語・ポルトガル語などを勉強していた。2010年7月のリールセSKクラブハウスでの会見ではオランダ語と英語で挨拶をし、英語の質問に英語で答えており、本人も英語でコミュニケーションが取れるので問題ないと語っている。2010年8月にはNHK教育の番組『テレビでイタリア語』に出演し、イタリア語を披露している。ポルトガル語は川崎通訳の中山和也によれば、通訳を通さなくても会話できるレベルである。報道ステーションのインタビューでは、英語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語は日常会話レベルで話せ、オランダ語、フランス語を勉強中と語った。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカー

    川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 - )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。ジュピラーリーグ・スタンダール・リエージュ所属。日本代表。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカーウズベキスタン代表

    2002年、AFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍。特に準決勝のウズベキスタン戦ではPK戦で2本止めるなど、獅子奮迅の活躍を見せた。2003年12月に行われたFIFAワールドユース選手権でも、イングランド戦、エジプト戦で数々のスーパーセーブを見せ、チームのベスト8進出に貢献した。この時の活躍はサッカー解説者のセルジオ越後、ジャーナリストの金子達仁といった辛口の論客たちをして「GKに関しては次世代のタレントは見つかった。川島君の存在は光でした」「川口能活以来じゃないの? ここまでGKがクローズアップされたのは」と言わしめた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た2010FIFAワールドカップ

    2010年5月30日のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会前のテストマッチ・対イングランド戦でフランク・ランパードのPKを阻止するなど強豪相手に好セーブを連発する活躍を見せ、楢崎に代わり本大会での正GKの座を獲得した。本大会では、グループリーグ全3試合に出場、2失点(内、1点はデンマークのヨン・ダール・トマソンのPKを防いで相手正面に弾いた際のこぼれ球による)という活躍でグループリーグ突破に貢献した。決勝トーナメント第1回戦のパラグアイ戦でも無失点に抑えたが、0−0のままPK戦となり、PK戦では5本全て決められ敗れた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たU-20サッカー日本代表

    2002年、AFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍。特に準決勝のウズベキスタン戦ではPK戦で2本止めるなど、獅子奮迅の活躍を見せた。2003年12月に行われたFIFAワールドユース選手権でも、イングランド戦、エジプト戦で数々のスーパーセーブを見せ、チームのベスト8進出に貢献した。この時の活躍はサッカー解説者のセルジオ越後、ジャーナリストの金子達仁といった辛口の論客たちをして「GKに関しては次世代のタレントは見つかった。川島君の存在は光でした」「川口能活以来じゃないの? ここまでGKがクローズアップされたのは」と言わしめた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

    愛読書は村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「1Q84」川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た与野市

    川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 - )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。ジュピラーリーグ・スタンダール・リエージュ所属。日本代表。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たパルマFC

    大宮加入後、イタリア・セリエAのクラブへ留学し、若手選手たちが出場する「ヴィニョーラ・トーナメント」に参加。チームは優勝を果たし、川島自身はベストゴールキーパーに選出された。この活躍を見たACパルマから移籍の打診があったが、この時は大宮側が断った。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たオランダ

    少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学ぶ。当時からゴールキーパー志望だったという。与野西中学校時代に本格的にキーパーのポジションを始めた。埼玉県選抜に選ばれ、ドイツとオランダへ遠征を行った経験がある。その後埼玉県立浦和東高等学校へ進学し、3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たモデナFC

    更に同年12月、大宮在籍時の2001年にイタリアに短期留学した際に出会った代表GKジャンルイジ・ブッフォンの育ての親でもあるエルメ・フルゴーニ(現モデナFCGKコーチ)からマンツーマン指導を受ける為、自費で単身イタリア・パルマに渡った。フルゴーニの自宅に約1週間泊まり込んで、連日土のグラウンドで猛特訓を受けたという。2001年から独学でイタリア語を勉強。フルゴーニからはことあるごとにメールで助言を受けており、その師匠からは「守るのではなく攻めろ」と、サイドからのクロスボールなどに対して攻撃的に守ることを徹底された。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

91件中 51 - 60件表示

「川島永嗣」のニューストピックワード