91件中 71 - 80件表示
  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカーペルー代表

    2006年オフ、2007年シーズンにAFCチャンピオンズリーグ出場を控えている川崎フロンターレから獲得のラブコールを受け、当時の川崎のクラブ史上最高額となる1億5000万円の移籍金で完全移籍した。シーズン開幕から正GKとして全試合フル出場を続け、それまで川崎の弱点と見られていたポジションを補って余りある活躍を見せた。また移籍直後の2007年2月14日には、川口、山岸範宏、林彰洋らと共にA代表候補合宿に初招集され、3月19日にはペルー戦以降ベンチ入りし、AFCアジアカップ2007でもメンバーに選ばれた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た2003 FIFAワールドユース選手権

    2002年、AFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍。特に準決勝のウズベキスタン戦ではPK戦で2本止めるなど、獅子奮迅の活躍を見せた。2003年12月に行われたFIFAワールドユース選手権でも、イングランド戦、エジプト戦で数々のスーパーセーブを見せ、チームのベスト8進出に貢献した。この時の活躍はサッカー解説者のセルジオ越後、ジャーナリストの金子達仁といった辛口の論客たちをして「GKに関しては次世代のタレントは見つかった。川島君の存在は光でした」「川口能活以来じゃないの? ここまでGKがクローズアップされたのは」と言わしめた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカースコットランド代表

    国際Aマッチ初完封 - 2009年10月10日 対スコットランド川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカーシリア代表

    2011年に開催されたAFCアジアカップ2011でも正GKとして起用されるものの、グループリーグ第2戦シリア戦では不可解な判定で退場し、準々決勝のカタール代表戦でも2失点するなど出来が危ぶまれた。しかし、準決勝の韓国戦のPK戦では相手のシュートを2本止め、決勝のオーストラリア戦では多くの好セーブを見せて無失点に抑え、マンオブザマッチに選出される活躍で日本代表の2大会ぶりのアジア制覇に貢献した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たゴールキーパー (サッカー)

    川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 - )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。ジュピラーリーグ・スタンダール・リエージュ所属。日本代表。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たイタリア語

    海外のクラブに移籍する前から、下準備として日々英語・イタリア語・ポルトガル語などを勉強していた。2010年7月のリールセSKクラブハウスでの会見ではオランダ語と英語で挨拶をし、英語の質問に英語で答えており、本人も英語でコミュニケーションが取れるので問題ないと語っている。2010年8月にはNHK教育の番組『テレビでイタリア語』に出演し、イタリア語を披露している。ポルトガル語は川崎通訳の中山和也によれば、通訳を通さなくても会話できるレベルである。報道ステーションのインタビューでは、英語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語は日常会話レベルで話せ、オランダ語、フランス語を勉強中と語った。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たPK戦

    2002年、AFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍。特に準決勝のウズベキスタン戦ではPK戦で2本止めるなど、獅子奮迅の活躍を見せた。2003年12月に行われたFIFAワールドユース選手権でも、イングランド戦、エジプト戦で数々のスーパーセーブを見せ、チームのベスト8進出に貢献した。この時の活躍はサッカー解説者のセルジオ越後、ジャーナリストの金子達仁といった辛口の論客たちをして「GKに関しては次世代のタレントは見つかった。川島君の存在は光でした」「川口能活以来じゃないの? ここまでGKがクローズアップされたのは」と言わしめた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た中央区 (さいたま市)

    川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 - )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。ジュピラーリーグ・スタンダール・リエージュ所属。日本代表。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たテレビでイタリア語

    海外のクラブに移籍する前から、下準備として日々英語・イタリア語・ポルトガル語などを勉強していた。2010年7月のリールセSKクラブハウスでの会見ではオランダ語と英語で挨拶をし、英語の質問に英語で答えており、本人も英語でコミュニケーションが取れるので問題ないと語っている。2010年8月にはNHK教育の番組『テレビでイタリア語』に出演し、イタリア語を披露している。ポルトガル語は川崎通訳の中山和也によれば、通訳を通さなくても会話できるレベルである。報道ステーションのインタビューでは、英語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語は日常会話レベルで話せ、オランダ語、フランス語を勉強中と語った。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たドイツ

    少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学ぶ。当時からゴールキーパー志望だったという。与野西中学校時代に本格的にキーパーのポジションを始めた。埼玉県選抜に選ばれ、ドイツとオランダへ遠征を行った経験がある。その後埼玉県立浦和東高等学校へ進学し、3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

91件中 71 - 80件表示

「川島永嗣」のニューストピックワード