101件中 81 - 90件表示
  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たAFCアジアカップ2015

    2015年 - AFCアジアカップ2015(ベスト8)川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た国際Aマッチ

    国際Aマッチ 82試合 0得点 (2007 - )川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たオランダ

    少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学ぶ。当時からゴールキーパー志望で、セルヒオ・ゴイコチェアに憧れを抱いていた。与野西中学校時代に本格的にキーパーのポジションを始めた。埼玉県選抜に選ばれ、ドイツとオランダへ遠征を行った経験がある。その後埼玉県立浦和東高等学校へ進学し、3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た福島第一原子力発電所事故

    2011年8月19日、リーグ第4節ゲルミナル・ベールショット戦で、一部のゲルミナルサポーターが川島に対し「カワシマ、フクシマ!」と同年3月11日に発生した福島第一原発事故に絡めた野次を飛ばしたため、これに激昂した川島が相手サポーターと審判に猛抗議し、試合が一時中断する騒動が起こった。これに対し、リールセはベルギーサッカー協会に抗議し、騒動を起こしたゲルミナルは公式HPに日本語で謝罪文を掲載し、9月にはゲルミナルのファノペン会長が直接川島に謝罪した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たサッカーエジプト代表

    2002年、AFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍。特に準決勝のウズベキスタン戦ではPK戦で2本止めるなどの活躍を見せた。2003年12月に行われたFIFAワールドユース選手権でも、イングランド戦、エジプト戦で数々のスーパーセーブを見せ、チームのベスト8進出に貢献した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たクラブ・ブルッヘ

    リールセでは開幕戦から正GKとして起用されたものの、チームはなかなか勝利に恵まれず、毎試合大量失点を喫するなど常に降格争いの渦中にいたが、最終節のクラブ・ブルッヘ戦で、無失点に抑える活躍を見せ、逆転で昇格1年目となったリールセの1部残留に貢献したことで、リールセのサポーターの選ぶチームMVPに選出された。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たクープ・ドゥ・フランス

    年が明けた2017年1月8日、クープ・ドゥ・フランスのRCランス戦で移籍後初出場したがチームは0-2で敗れた。4月18日、第31節のパリ・サンジェルマン戦でリーグ戦デビューを果たした。5月14日、第37節のトゥールーズFC戦ではPKをストップして、フランスの有力紙でベストイレブンに選出された。最終的には、第3GKとして加入した2016-17シーズンだったが、チームの第1GKとなり、代表でも正GKとしてポジションを奪い返した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たポルトガル語

    海外のクラブに移籍する前から、下準備として日々英語・イタリア語・ポルトガル語などを勉強していた。2010年7月のリールセSKクラブハウスでの会見ではオランダ語と英語で挨拶をした上、英語の質問に英語で答えており、本人も英語でコミュニケーションが取れるので問題ないと語っている。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たSky Sports

    PK阻止を得意としている。日本代表の正GKを掴むアピールとなった2010年に行われた親善試合のイングランド戦でのフランク・ランパードのPKや2010年ワールドカップのデンマーク戦(ストップ後のこぼれ球を決められる)のPKストップ、アジアカップ準決勝の韓国戦のPK戦では2人連続ストップし、そのPK戦で一本も決めさせなかったなどがある。2016年に英放送局『Sky Sports』が制作した欧州五大リーグでプレイするGKを対象にPK阻止率のランキングで、川島は34位にランクインしている。2017年11月10日に行われた親善試合ブラジル戦でも試合中2度あったネイマールのPKを1度止めており、2016年6月から2017年11月までの過去1年半のPK阻止率は「83.3%」であった。また、2018年1月27日に行われたリーグ・アン第23節のOGCニース戦では、マリオ・バロテッリのPKを止めた。こぼれ球を決められたものの、PKストップ扱いとなり、スポーツに関する様々なデータを配信している『Opta』によると「10年間以上のリーグアン(フランスリーグ)において最初のPK3本を阻止した初のGKになった」と伝えている。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会

    少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学ぶ。当時からゴールキーパー志望で、セルヒオ・ゴイコチェアに憧れを抱いていた。与野西中学校時代に本格的にキーパーのポジションを始めた。埼玉県選抜に選ばれ、ドイツとオランダへ遠征を行った経験がある。その後埼玉県立浦和東高等学校へ進学し、3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場した。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

101件中 81 - 90件表示

「川島永嗣」のニューストピックワード