2338件中 21 - 30件表示
  • いすゞ自動車

    いすゞ自動車から見た川崎市川崎市

    1938年(昭和13年) 川崎工場(旧川崎製造所)稼働。いすゞ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市道南武沿線道路

    川崎市道南武沿線道路から見た川崎市川崎市

    川崎市道南武沿線道路(かわさきしどうなんぶえんせんどうろ)は川崎市にある川崎市道で、名前の通り全線がJR南武線に沿っており、武蔵小杉駅から久地駅の間は線路とほぼ接した形になっている。全線にわたって府中街道とほぼ並行していて(2度接続している)、同街道のバイパスとしての性格も持つ、市内の幹線道路のひとつである。川崎市道南武沿線道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東高根森林公園

    東高根森林公園から見た川崎市川崎市

    神奈川県立東高根森林公園(かながわけんりつひがしたかねしんりんこうえん)は、神奈川県川崎市宮前区神木本町にある森林公園で、川崎市内唯一の県立公園である。東高根森林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 神木 (川崎市)

    神木 (川崎市)から見た川崎市川崎市

    神木(しぼく)は、神奈川県川崎市宮前区の町名。神木一丁目・二丁目がある。2010年11月22日現在、住居表示は施行されていない。郵便番号は216-0032。面積は一丁目が0.07km²、二丁目が0.14km²、2011年6月末時点での人口(住民基本台帳と外国人登録を基準として)は、一丁目が647人、二丁目が1,508人である。神木 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 稲毛氏

    稲毛氏から見た川崎市川崎市

    稲毛氏(いなげし)は、桓武平氏良文流で坂東八平氏の一つ秩父氏の一族である。のちに武蔵国の橘樹郡(神奈川県川崎市)を本拠に勢力を張った一族。稲毛氏 フレッシュアイペディアより)

  • 新城 (川崎市)

    新城 (川崎市)から見た川崎市川崎市

    新城(しんじょう)は、神奈川県川崎市中原区の地名。1979年(昭和54年)11月5日に住居表示が施行された町丁としての新城一丁目から五丁目と、2011年11月21日時点で住居表示の施行されていない、大字としての新城が併存している。郵便番号は211-0044。面積は全域で18.27 haであり、2011年(平成23年)末現在の人口は3,867人(2,348世帯)である。新城 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 坂戸 (川崎市)

    坂戸 (川崎市)から見た川崎市川崎市

    坂戸(さかど)は、神奈川県川崎市高津区の町名。坂戸一丁目から三丁目があり、1991年(平成3年)11月25日に住居表示が施行されている。郵便番号は213-0012。面積は53.9haであり、2011年12月31日現在の人口は8,396人(4,063世帯)である。坂戸 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 市ノ坪 (川崎市)

    市ノ坪 (川崎市)から見た川崎市川崎市

    市ノ坪(いちのつぼ)は、神奈川県川崎市中原区の大字。2011年11月21日時点で、住居表示は施行されていない。郵便番号は211-0016。面積は全域で45.38 haであり、2011年(平成23年)末現在の人口は8,330人(4,086世帯)、人口密度は18,358人/km²である。市ノ坪 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 片平 (川崎市)

    片平 (川崎市)から見た川崎市川崎市

    片平(かたひら)は、神奈川県川崎市麻生区の地名。1982年(昭和57年)から2006年(平成18年)にかけて住居表示が施行された町丁としての片平一丁目から八丁目と、2012年(平成24年)4月9日現在で住居表示が施行されていない、大字としての片平が併存している。郵便番号は215-0023。2010年の国勢調査時点での面積は1.80 km²、2012年3月末時点での人口(住民基本台帳と外国人登録を基準として)は、10,887人(4,835世帯)である。片平 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 堰 (川崎市)

    堰 (川崎市)から見た川崎市川崎市

    堰(せき)は、神奈川県川崎市多摩区の町名。堰一丁目から三丁目があり、1988年(昭和63年)2月1日住居表示が施行されている。郵便番号は214-0022。面積は全域の合計で59.6 haで、2012年3月31日時点の人口は6,798人(3,225世帯)である。堰 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

2338件中 21 - 30件表示

「川崎のできごと」のニューストピックワード