339件中 131 - 140件表示
  • 川崎市

    川崎市から見た中野島駅

    1611年(慶長16年)には小泉次大夫の指揮により二ヶ領用水が完成、中野島から大師・大島に至る多摩川流域平野のほぼ全域を流れ、農業生産力の向上をもたらした。二ヶ領用水で潤った水田で生産された米は稲毛米と呼ばれ、江戸で寿司飯として人気となる。また江戸幕府が成立したことで東海道や中原街道の重要性が高まり、川崎宿(現川崎駅周辺)の整備が進んだ。ただし、川崎宿が正式な宿場に指定されたのは東海道五十三次の中で最後となる1623年(元和9年)のことである。このとき多摩川の橋は流され、以後川崎宿は六郷の渡しの渡河点、及び川崎大師への玄関口として繁栄する。この他にも中原街道の丸子の渡し、大山街道の二子の渡し、津久井街道の登戸の渡しが整備され、いずれも後に東京都内への鉄道が建設される宿場町が形成された。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見たかながわサイエンスパーク

    1989年(平成元年)- かながわサイエンスパーク(KSP)が高津区に設置される。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た川崎市電

    1944年(昭和19年)10月14日 - 川崎市電が開業。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た麻生区

    麻生区 - 区役所の最寄り駅は新百合ヶ丘駅。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た読売ジャイアンツ球場

    読売ジャイアンツ球場 - 多摩区菅仙谷。収容人員4000人。稲城市との都県境に位置する読売ジャイアンツの練習場兼2軍本拠地である。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た武蔵小杉駅

    川崎駅 - 尻手駅 - (この間の矢向駅は横浜市鶴見区)- 鹿島田駅 - 平間駅 - 向河原駅 - 武蔵小杉駅 - 武蔵中原駅 - 武蔵新城駅 - 武蔵溝ノ口駅 - 津田山駅 - 久地駅 - 宿河原駅 - 登戸駅 - 中野島駅 - 稲田堤駅 -川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た政令指定都市

    川崎市(かわさきし)は、神奈川県の北東部に位置する政令指定都市で、7区の行政区を持つ。政令指定都市の中では最も面積が小さいが、人口は非都道府県庁所在地の市の中では最大である。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た高津区

    1989年(平成元年)- 4月11日に高津区のある竹林で1億円の札束が発見される(竹やぶ騒動)。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た川崎市等々力球場

    川崎市等々力球場 - 中原区等々力緑地内。収容人員5000人。照明設備もあり、高校野球の地方予選やアメリカンフットボールの公式戦などが開催される。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た新川崎駅

    1980年(昭和55年) - 国鉄横須賀線の新川崎駅が開業、川崎駅を経由しなくなる。自動車の川崎ナンバーが誕生。川崎市 フレッシュアイペディアより)

339件中 131 - 140件表示

「川崎のできごと」のニューストピックワード