339件中 11 - 20件表示
  • 川崎市

    川崎市から見た北澤豪北澤 豪

    三浦知良、ラモス瑠偉、北澤豪など、当時の人気選手を多く抱えていたヴェルディ川崎は、Jリーグ初代年間王者に輝き、翌年度も年間王者を達成し、人気だけでなく実力も兼ね備えたチームだった。しかし、当時の川崎市は等々力競技場を市民利用のための公園施設であるとして、川崎球場同様に大規模な改修には殆ど手を付けず、マダラ模様で痛んだピッチの芝生の上(砂の部分)に塗料を塗るなど対応だったため、当時の人気チームらしからぬスタジアムとしてファンからの悪評を買うことになってしまった。その後、ようやく2年をかけて25000人収容のスタンドやピッチの拡張など、Jリーグ基準に適合したスタジアムへのリニューアルを実施したが、一方で、市幹部からは「川崎には代わりのチームがある」と発言したりもしていた。当時、Jリーグにあっても企業スポーツであり続けようとしたヴェルディと、革新政権であった川崎市との乖離は著しく、この時点で「地域密着」の理念が実現されることはなかった。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た関塚隆

    一方、川崎フロンターレは、2001年にはJ2に降格していたが、2004年、元鹿島アントラーズの関塚隆を監督として迎え、J2・2回目の優勝、J1復帰を決めた。フロンターレは、地域のコミュニティを重視し、試合だけに限らず様々なイベントに参加することをチーム運営の方針としている。2004年9月には川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナー制定による認定を受け、さらに2006年4月にはフットサル施設「フロンタウン・さぎぬま」の指定管理者になっている。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た張本勲

    だが、大洋球団は1978年のシーズン開幕時に横浜市に新設される横浜スタジアムへの本拠地移転を示唆。川崎市民は本拠地の移転に反対したが、横浜移転は強行された。その後当時東京都近郊にメインスタジアムがなく、事実上仙台市を本拠としていたロッテ(前出の毎日オリオンズの後身)にアプローチをかけ、1978年から本拠地として使用することになった。川崎時代のロッテは観客動員に苦しむが、1980年の張本勲の3000本安打達成、1982・85・86年の落合博満の三冠王獲得、また1988年の近鉄のリーグ優勝をかけた10.19決戦など、注目の好カードが展開された。しかし、そのロッテも福岡市や千葉市など各地からの移転のラブコールがあり、川崎市が球場改修しないため、1992年のシーズンから千葉市に建設された市営の新球場「千葉マリンスタジアム」に移転。これが川崎市を本拠とする最後のプロ野球チームとなった。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た藤子不二雄A

    藤子不二雄A(漫画家) - 出身地は富山県氷見市。多摩区に在住歴あり。藤子・F・不二雄宅の隣に自宅を構えていた。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た藤子・F・不二雄

    藤子・F・不二雄(漫画家) - 出身地は富山県高岡市。多摩区に終生在住。1981年、川崎市文化賞受賞。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た小林賢太郎小林 賢太郎

    小林賢太郎(コメディアン・ラーメンズ)川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た王貞治

    一方、大洋は人気の面では観客動員が飛躍的な伸びを見せるが、戦力は今ひとつで常に最下位争いが指定席だった。しかし、1960年に巨人の5連覇を阻止して見事リーグ初優勝。日本シリーズでも全試合とも1点差という僅差で4連勝して日本一を決めた。その後は1964年に阪神との大接戦を演じ惜しくも優勝を逃したが、その後は再び最下位争いに定着してしまった。しかし、ライバル・巨人、特に世界のホームラン王・王貞治が一本足打法第1号(1962年)、日本プロ野球初の700号(1976年)など多くのホームランを打ち込んだのも一つの人気だった。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た三浦知良

    三浦知良、ラモス瑠偉、北澤豪など、当時の人気選手を多く抱えていたヴェルディ川崎は、Jリーグ初代年間王者に輝き、翌年度も年間王者を達成し、人気だけでなく実力も兼ね備えたチームだった。しかし、当時の川崎市は等々力競技場を市民利用のための公園施設であるとして、川崎球場同様に大規模な改修には殆ど手を付けず、マダラ模様で痛んだピッチの芝生の上(砂の部分)に塗料を塗るなど対応だったため、当時の人気チームらしからぬスタジアムとしてファンからの悪評を買うことになってしまった。その後、ようやく2年をかけて25000人収容のスタンドやピッチの拡張など、Jリーグ基準に適合したスタジアムへのリニューアルを実施したが、一方で、市幹部からは「川崎には代わりのチームがある」と発言したりもしていた。当時、Jリーグにあっても企業スポーツであり続けようとしたヴェルディと、革新政権であった川崎市との乖離は著しく、この時点で「地域密着」の理念が実現されることはなかった。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た長谷部安春

    長谷部安春(映画監督) - 出身地は東京都。川崎区に終生在住。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見たラーメンズラーメンズ

    小林賢太郎(コメディアン・ラーメンズ川崎市 フレッシュアイペディアより)

339件中 11 - 20件表示

「川崎のできごと」のニューストピックワード