339件中 41 - 50件表示
  • 川崎市

    川崎市から見た東京湾アクアライン

    1997年(平成9年) - 東京湾アクアラインが開通。これにより千葉県とも隣接するようになった。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た小野武彦

    小野武彦(俳優) - 出身地は東京都狛江市。麻生区に在住。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た源頼朝

    7世紀に律令体制の整備により武蔵国橘樹郡(たちばなぐん)の一部となり、奈良時代には現在の高津区に郡衙が置かれ、地域行政の中心になったと推定される。平安時代からは荘園が発達し、稲毛氏が広い地域を支配した。稲毛三郎重成は源頼朝の御家人の1人となって活躍した。また1128年(大治3年)には川崎大師(平間寺)が建立され、門前町の形成が始まる。その後鎌倉時代から戦国時代にかけては小規模領主による分治が進み、やがて北条氏の支配下に入った。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た安田祥子安田 祥子

    安田祥子(歌手)- 出身地は群馬県桐生市。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た稲毛重成

    7世紀に律令体制の整備により武蔵国橘樹郡(たちばなぐん)の一部となり、奈良時代には現在の高津区に郡衙が置かれ、地域行政の中心になったと推定される。平安時代からは荘園が発達し、稲毛氏が広い地域を支配した。稲毛三郎重成は源頼朝の御家人の1人となって活躍した。また1128年(大治3年)には川崎大師(平間寺)が建立され、門前町の形成が始まる。その後鎌倉時代から戦国時代にかけては小規模領主による分治が進み、やがて北条氏の支配下に入った。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た小泉次大夫

    1611年(慶長16年)には小泉次大夫の指揮により二ヶ領用水が完成、中野島から大師・大島に至る多摩川流域平野のほぼ全域を流れ、農業生産力の向上をもたらした。二ヶ領用水で潤った水田で生産された米は稲毛米と呼ばれ、江戸で寿司飯として人気となる。また江戸幕府が成立したことで東海道や中原街道の重要性が高まり、川崎宿(現川崎駅周辺)の整備が進んだ。ただし、川崎宿が正式な宿場に指定されたのは東海道五十三次の中で最後となる1623年(元和9年)のことである。このとき多摩川の橋は流され、以後川崎宿は六郷の渡しの渡河点、及び川崎大師への玄関口として繁栄する。この他にも中原街道の丸子の渡し、大山街道の二子の渡し、津久井街道の登戸の渡しが整備され、いずれも後に東京都内への鉄道が建設される宿場町が形成された。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た伊藤三郎

    1971年 - 1989年:伊藤三郎川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見たハセベバクシンオー

    ハセベバクシンオー(作家・脚本家) - 出身地は東京都。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た島田雅彦

    島田雅彦(小説家・法政大学国際文化学部教授)川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た札幌市

    この頃、NKKサッカー部は企業合理化のため、1993年の旧JFLを最後に廃部が発表。東芝は川崎市でプロ化するとヴェルディのような人気が見込めず、またチームを維持することも難しくなっていたこと、札幌市でプロサッカークラブの誘致が活発化したことにより意見が一致し、1996年に「コンサドーレ札幌」として移転した。富士通サッカー部は当初はプロ化には参加せず、アマチュアイズム重視を目指したが、等々力スタジアムのある中原区の商店街や青年会議所が中心となって実業団から市民クラブとして育てる事とし、チームもこれに応じる形で1996年(旧JFL)にまず名称を「富士通川崎サッカー部」と川崎市の名前を被せて、1997年にJリーグ準会員(JFL2位以内でJリーグ昇格の権利獲得)となるのを機に、富士通サッカー部を法人組織「富士通川崎スポーツマネジメント」、クラブ名も「川崎フロンターレ」として再スタートすることが決まった。川崎市 フレッシュアイペディアより)

339件中 41 - 50件表示

「川崎のできごと」のニューストピックワード