388件中 71 - 80件表示
  • 川崎市

    川崎市から見た明治大学生田校舎

    1951年(昭和26年) - 現多摩区に明治大学生田校舎が開設。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見たエスカレーター

    プチカレーター(世界最短エスカレーター)川崎モアーズ地下2階川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た川崎市中1男子生徒殺害事件

    2015年(平成27年) - 川崎市中1男子生徒殺害事件が発生。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見たドラえもん

    2012年(平成24年) - ドラえもん誕生100年前を記念し、ドラえもんに「特別住民票」を交付。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見たオープン戦

    また、川崎球場自体も1995年に発生した阪神大震災を契機に開かれた耐震調査で、震度5以上の大地震でスタンドが倒壊する恐れがあるということからスタンドの取り壊しが決定。2000年3月、横浜vs千葉ロッテのオープン戦を最後にプロ野球の開催球場から身を引くこととなる。現在、川崎市には等々力球場もあるが、設備の都合上1軍の試合は開催できず、プロ野球公式戦の開催予定は立っていない。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見たPASMO

    乗車方法は前乗り後降り先払い方式、運賃は均一制である。2014年4月現在の均一運賃は210円(ICカードでの乗車は206円)だが、横浜市営バスのみ220円(同216円)である。また、民営バスで東京都区内、東京多摩地区または横浜市内にまたがって運行する路線は、乗車時に事前に降車停留所を申告して運賃を支払う多区間制を採っている。なお神奈川中央交通の淵24系統は乗車方法が中乗り前降り後払い方式で、運賃は整理券を用いた区間制である。すべての路線においてPASMO・Suica(非接触型ICカード)が利用できる。消費税率の引上げによる2014年4月1日の運賃改定より、それまで現金とICカードで同一であった運賃(川崎市バスなど200円・横浜市営バス210円)から変更された。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た消費税

    乗車方法は前乗り後降り先払い方式、運賃は均一制である。2014年4月現在の均一運賃は210円(ICカードでの乗車は206円)だが、横浜市営バスのみ220円(同216円)である。また、民営バスで東京都区内、東京多摩地区または横浜市内にまたがって運行する路線は、乗車時に事前に降車停留所を申告して運賃を支払う多区間制を採っている。なお神奈川中央交通の淵24系統は乗車方法が中乗り前降り後払い方式で、運賃は整理券を用いた区間制である。すべての路線においてPASMO・Suica(非接触型ICカード)が利用できる。消費税率の引上げによる2014年4月1日の運賃改定より、それまで現金とICカードで同一であった運賃(川崎市バスなど200円・横浜市営バス210円)から変更された。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た仙台市

    だが、大洋球団は1978年のシーズン開幕時に横浜市に新設される横浜スタジアムへの本拠地移転を示唆。川崎市民は本拠地の移転に反対したが、横浜移転は強行された。その後当時東京都近郊にメインスタジアムがなく、事実上仙台市を本拠としていたロッテ(前出の毎日オリオンズの後身)にアプローチをかけ、1978年から本拠地として使用することになった。川崎時代のロッテは観客動員に苦しむが、1980年の張本勲の3000本安打達成、1982・85・86年の落合博満の三冠王獲得、また1988年の近鉄のリーグ優勝をかけた10.19決戦など、注目の好カードが展開された。しかし、そのロッテも福岡市や千葉市など各地からの移転のラブコールがあり、川崎市が球場改修しないため、1992年のシーズンから千葉市に建設された市営の新球場「千葉マリンスタジアム」に移転。これが川崎市を本拠とする最後のプロ野球チームとなった。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た阪神・淡路大震災

    また、川崎球場自体も1995年に発生した阪神大震災を契機に開かれた耐震調査で、震度5以上の大地震でスタンドが倒壊する恐れがあるということからスタンドの取り壊しが決定。2000年3月、横浜vs千葉ロッテのオープン戦を最後にプロ野球の開催球場から身を引くこととなる。現在、川崎市には等々力球場もあるが、設備の都合上1軍の試合は開催できず、プロ野球公式戦の開催予定は立っていない。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た鹿島アントラーズ

    一方、川崎フロンターレは、2001年にはJ2に降格していたが、2004年、元鹿島アントラーズの関塚隆を監督として迎え、J2・2回目の優勝、J1復帰を決めた。フロンターレは、地域のコミュニティを重視し、試合だけに限らず様々なイベントに参加することをチーム運営の方針としている。2004年9月には川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナー制定による認定を受け、さらに2006年4月にはフットサル施設「フロンタウン・さぎぬま」の指定管理者になっている。川崎市 フレッシュアイペディアより)

388件中 71 - 80件表示

「川崎のできごと」のニューストピックワード