648件中 91 - 100件表示
  • 田中裕介

    田中裕介から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    田中 裕介(たなか ゆうすけ、1986年4月14日 - )は、東京都八王子市出身で川崎フロンターレ所属のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。田中裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山尊信

    小宮山尊信から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    小宮山 尊信(こみやま たかのぶ、 1984年10月3日 - )は、千葉県出身で川崎フロンターレ所属のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。Jリーグ選手協会監事。小宮山尊信 フレッシュアイペディアより)

  • 小林悠 (サッカー選手)

    小林悠 (サッカー選手)から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    小林 悠(こばやし ゆう、1987年9月23日 - )は、東京都出身のサッカー選手。J1・川崎フロンターレ所属、ポジションはFW。拓殖大学卒。小林悠 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 實藤友紀

    實藤友紀から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    實藤 友紀(さねとう ゆうき、1989年1月19日 - )は、徳島県出身のプロサッカー選手。ポジションはDF。Jリーグ・川崎フロンターレ所属。實藤友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 谷尾昂也

    谷尾昂也から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    谷尾 昂也(たにお こうや、1992年5月29日 - )は、鳥取県鳥取市出身のサッカー選手。ポジションはFW。J1・川崎フロンターレ所属。谷尾昂也 フレッシュアイペディアより)

  • 山越享太郎

    山越享太郎から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    山越 享太郎(やまこし きょうたろう、1991年3月18日 - )は、栃木県出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。Jリーグディビジョン1(J1)・川崎フロンターレ所属。山越享太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2006年オフ、2007年シーズンにAFCチャンピオンズリーグ出場を控えている川崎フロンターレから獲得のラブコールを受け、当時の川崎のクラブ史上最高額となる1億5000万円の移籍金で完全移籍した。シーズン開幕から正GKとして全試合フル出場を続け、それまで川崎の弱点と見られていたポジションを補って余りある活躍を見せた。また移籍直後の2007年2月14日には、川口、山岸範宏、林彰洋らと共にA代表候補合宿に初招集され、3月19日にはペルー戦以降ベンチ入りし、AFCアジアカップ2007でもメンバーに選ばれた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋峻希

    高橋峻希から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2008年、U-23日本代表との練習試合でゴールを決める。4月に、2種登録選手としてトップチーム登録され、5月10日、対川崎フロンターレ戦にて初のベンチ入りを果たした。また、5月25日、ナビスコカップ第4節、対名古屋グランパス戦で公式戦初出場を果たすが、自身のパスミスから失点するなど、苦いデビュー戦となった。その後のナビスコ第5節、対ヴィッセル神戸戦、第6節対名古屋グランパス戦にも連続出場。第6節では先発し、フル出場を果たしている。7月31日、さいたまシティカップ、対バイエルン・ミュンヘン戦に後半途中出場、縦への突破から相手ゴールを脅かすなど会場を沸かせた。ユースでは10月13日、高円宮杯U-18決勝の、対名古屋U-18戦にて2得点1アシストをあげ、悲願の『優勝』に貢献した。AFC U-19選手権2008に出場するU-19サッカー日本代表に選出されるも、体調不良のため辞退する。高橋峻希 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹洋平

    大竹洋平から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2008年、椋原健太、廣永遼太郎と共にトップチームに昇格。同年3月8日、開幕戦神戸戦(自身の高校卒業式当日)でプロデビュー。同年4月19日のJ1第7節川崎戦においてプロ初得点をループシュートで決めると、4月21日、U-23日本代表候補に追加招集され、反町康治オリンピック代表監督から「ゲームの流れを変えられる選手。たぐいまれな個性がある」と評されるなど注目を集めた。以後、オフ・ザ・ボールの動きを試行錯誤し苦しんだものの、J1第24節大宮戦でフリーキックでの得点を決めるなど、チーム3位タイの4得点を挙げ存在感を示した。大竹洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 安田理大

    安田理大から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    その後のJリーグ開幕戦でもスタメンで出場し、左サイドバックのレギュラーに定着。同年のナビスコカップでは「ニューヒーロー賞」を受賞し。決勝の川崎フロンターレ戦では決勝点となるプロ初得点を挙げ、大会MVPを受賞。ニューヒーロー賞とナビスコカップMVPのダブル受賞は田中達也(浦和)に次いで2人目だった。安田理大 フレッシュアイペディアより)

648件中 91 - 100件表示

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード