907件中 121 - 130件表示
  • 板倉滉

    板倉滉から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    板倉 滉(いたくら こう、1997年1月27日 - )は、神奈川県横浜市青葉区出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ベガルタ仙台所属(川崎フロンターレからの期限付き移籍)。ポジションはディフェンダー。板倉滉 フレッシュアイペディアより)

  • 松本拓也 (サッカー選手)

    松本拓也 (サッカー選手)から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    同年7月、出場機会を求め川崎フロンターレへ期限付き移籍するも、同年限りで期限付き移籍期間満了となり川崎を退団。松本拓也 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 松本拓也 (1980年生のサッカー選手)

    松本拓也 (1980年生のサッカー選手)から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    帰国後、川崎フロンターレユースでGKコーチを務め、2007年から古巣の柏レイソルのアカデミーでGKコーチを務めた。2015年より、トップチームのGKコーチに就任した。松本拓也 (1980年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • GIANT KILLING

    GIANT KILLINGから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2008年9月20日に行なわれたJ1第25節、川崎フロンターレ対FC東京戦は、「第14回多摩川クラシコ」と銘打たれて開催され、ここで本作品とのコラボレーション企画が行なわれた。試合告知のポスターや当日配布されるトレーディングカードに、達海のイラストが用いられている。GIANT KILLING フレッシュアイペディアより)

  • 吉田直矢 (サッカー選手)

    吉田直矢 (サッカー選手)から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    川崎フロンターレU-18を経て、筑波大学へ進学。4年次に全日本大学サッカー選手権(インカレ)でゲームキャプテンを務め、優勝に貢献した。吉田直矢 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 風間八宏

    風間八宏から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2012年4月23日にJ1・川崎フロンターレ監督に就任。4月28日の監督就任初戦は古巣のサンフレッチェ広島を相手に采配を振ることとなった。フジテレビ『すぽると!』レギュラー出演は4月23日深夜の出演が最後となった。5月8日、Jリーグ理事を退任することが発表された。風間八宏 フレッシュアイペディアより)

  • 関塚隆

    関塚隆から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2004年に当時Jリーグ2部 (J2) の川崎フロンターレ監督に就任した関塚は、前任者の石崎信弘が行っていたプレッシングサッカーにカウンターの要素を加えてより現実的なスタイルに変更した。また所属選手の意識変化についても影響を及ぼした。その一例として、2004年度シーズン序盤にスポーツライターの江藤高志が関塚に取材した際、当時の所属選手から聞かされた戦術に関する情報を伝えた上で対戦相手チームへの対策について尋ねたところ、関塚は激怒し、「そんなことを選手はしゃべっているんですか!そんなんじゃ(川崎は)常勝クラブになんかなれないですね!」 と言い放ったというエピソードが残っている。この一件以降、選手たちは自らの言葉に配慮するようになったと江藤は述べている。この年の川崎は、2位の大宮アルディージャとの差が18の勝ち点105 、得失点差+66という成績でJ2を優勝し、J1へと昇格した。関塚隆 フレッシュアイペディアより)

  • 東急バス高津営業所

    東急バス高津営業所から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    この他、小杉駅前から市営等々力グランド(グランド入口ではなく、その奥まで入り込む)までの臨時の直行便がある。等々力緑地内の等々力競技場でのJリーグサッカー・川崎フロンターレ戦や、とどろきアリーナでの川崎市主催の成人式が行われる際に川崎市バス上平間営業所と共同で運行する。東急バス高津営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 安田理大

    安田理大から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    その後のJリーグ開幕戦でもスタメンで出場し、左サイドバックのレギュラーに定着。同年のナビスコカップでは「ニューヒーロー賞」を受賞。決勝の川崎フロンターレ戦では決勝点となるプロ初得点を挙げ、大会MVPを受賞し、田中達也に次ぐ2人目となるニューヒーロー賞とナビスコカップMVPのダブル受賞を達成した。安田理大 フレッシュアイペディアより)

  • 金子翔太

    金子翔太から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2014年より、清水エスパルスへ正式に入団。同年2月、J3に参戦するJリーグ・アンダー22選抜に選手登録された。2015年8月、栃木SCへ育成型期限付き移籍した。2015年末で栃木SCへの期限付き移籍期間が満了となり2016年より清水に復帰した。2016年11月20日、自動昇格のかかったJ2最終戦・徳島ヴォルティスは途中出場から決勝ゴールを奪って昇格に貢献した。2017年4月21日、J1第8節にて、J1通算20,000号ゴールを川崎フロンターレ戦(等々力陸上競技場)で決めた。金子翔太 フレッシュアイペディアより)

907件中 121 - 130件表示

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]