648件中 11 - 20件表示
  • 鄭容臺

    鄭容臺から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    翌2002年に日本に戻り、名古屋グランパスエイトに入団。セレッソ大阪、川崎フロンターレと渡り歩き、守備的な選手として起用された。鄭容臺 フレッシュアイペディアより)

  • 常田真太郎

    常田真太郎から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    サッカーでは、特にACミランや川崎フロンターレの大ファンでもあり、川崎のホームの試合で2回始球式にも登場している。常田真太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 矢島卓郎

    矢島卓郎から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    矢島 卓郎(やじま たくろう、1984年3月28日 - )は、滋賀県滋賀郡志賀町(現大津市)出身のプロサッカー選手。川崎フロンターレ所属。ポジションは(フォワード)。矢島卓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐原秀樹

    佐原秀樹から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    高校卒業後、1997年にJFL(当時)の川崎フロンターレに入団。当時川崎と業務提携契約を結んでいたグレミオへの1年間の留学を経て、以後10年以上にわたって川崎に在籍するクラブ最古参の選手となった。佐原秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    登録名の「Hulk」は、彼が少年時代に愛読していたアメリカン・コミック『超人ハルク(The Incredible Hulk)』の主人公ハルクのことで、彼の母親によって付けられたニックネームである。ブラジルでは「Hulk」を「フウキ」のように発音するが、ポルトガルでは「ウルク」に近い発音となる(なおポルトガル語では通常子音の h は発音しない)。日本時代の登録名「フッキ」は、2005年の初来日の際、川崎フロンターレのスタッフが「(ウルクでは)読みにくいから、Hも読もう」と登録名にしたのが始まり。ポルトガル移籍以降は日本語メディアで「ウルク」と表記されることもある。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    新聞社のスポーツ欄掲載の記録ページでは、1998年までは単に「川崎」と表していたが、1999年から川崎フロンターレがJリーグへ加盟したことから、これとの区別のため、「V川崎」(ナビスコ杯には、フロンターレも準加盟枠で参加したため、1997年以後この表記)としていた。東京移転後の2001年からは、FC東京と区別するため、「東京V」としている。一部新聞等では、「東京ヴ」と表記していることもある。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    なお、この年には川崎と公式戦で7試合戦い、全て敗れた(内訳はJ2リーグ4試合(うち1試合は延長Vゴール負け)、ナビスコ杯2試合(2回戦、横浜FCは1回戦で東京Vに1勝1分で勝ち上がり)、天皇杯1試合(4回戦、横浜FCは3回戦でFC東京に勝利)。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 水戸ホーリーホック

    水戸ホーリーホックから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    として初の公式戦は1997年4月20日、旧JFL開幕戦の札幌戦(笠松運動公園陸上競技場)で、0-2で敗戦。ここから14連敗し(うち延長戦でのVゴール負けが2試合)、初勝利は7月19日、第15節の川崎戦(1-0)となった。なお、Jリーグ準会員だった川崎は、このシーズンの最終成績で勝ち点1及ばずにJリーグ昇格を逃している。水戸は後半戦に3勝を挙げたが、16チームのリーグ戦で最下位に沈んだ。しかし、札幌のJリーグ昇格と福島FCの消滅により、地域リーグ決勝大会2位チームとの入替戦は行われず、水戸は残留を決めた。水戸ホーリーホック フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    柱谷幸一が監督就任。リーグ戦はシーズン後半に快進撃を見せた山形を含めた最大6チームがJ1昇格に絡む大混戦となった。だが、京都が第43節の湘南戦に勝利してJ1自動昇格圏内の1位でJ1昇格を確定させ、最終節にJ1自動昇格圏内の2位を山形、仙台、大分の3チームが勝ち点差3という接戦の中で争う事となった。最終節に山形は暫定2位でホームに川崎を迎え、90分間以内で試合に勝てばJ1昇格が確定となる2位だったが、試合は0-0で90分間が終了してVゴール方式の延長戦に突入した。しかし、暫定3位だった仙台がアウェーでJ1昇格をすでに決めている京都から後半のロスタイムに先制点を挙げて0-1で試合終了、これで仙台は90分間以内に勝利を収めて2位を確定させ、山形はJ1昇格を逃した。また、J1昇格を逃した山形は延長戦の開始直後に失点して試合にも敗戦した。なお、J2リーグ戦でのVゴール方式採用はこのシーズンが最後である。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • ツジトモ

    ツジトモから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    その他にもイラストレーターとしても活動しており、テレビ神奈川で放送中のJリーグ・川崎フロンターレの応援番組である「ファイト!川崎フロンターレ」内のコーナー「ソーマの星」にて相馬直樹のイラストを手がける。これは相馬本人が「GIANT KILLING」の愛読者であり、偶然にも川崎のスタッフにモーニングの関係者と面識のある人物がいたため、その関係者を通じて依頼をしたら快諾したために実現したものである。その縁からか、2008年の9月20日開催の多摩川クラシコ(川崎対FC東京)ではポスターイラストも手がけた。ツジトモ フレッシュアイペディアより)

648件中 11 - 20件表示

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード