907件中 11 - 20件表示
  • FC東京

    FC東京から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    攻撃ではFWアマラオと、川崎から期限付き移籍で加入したツゥットのコンビが得点を量産。ツゥットはリーグ2位となる17得点を挙げて、クラブ初のJリーグベストイレブンにも選ばれた。なお、ツゥットはシーズン終了後に浦和へ完全移籍した。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部浩之

    阿部浩之から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    阿部 浩之(あべ ひろゆき、1989年7月5日 - )は、奈良県北葛城郡出身のプロサッカー選手。Jリーグ・川崎フロンターレ所属。ポジションはミッドフィールダー。阿部浩之 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    1997年(平成9年) - 富士通川崎サッカー部がプロ化し「川崎フロンターレ」誕生。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    リーグ戦は開幕戦で磐田に勝利。その後も苦手にしていたアウェーでも勝ち点を得るようになり、前半戦の台風の目となる。また、中盤戦は、2年前は大敗したアウェーの浦和戦を1-1で乗り切ると、苦戦が予想された8月を3勝2分と無敗で過ごす。特に浦和・横浜FMらとJ1最少失点の座を争い、8月までの23試合中12試合が無失点であった。9月23日の川崎戦で当初の目標の勝ち点45を残り8試合を残して達成したがその後は故障者が相次いだ事もあり、4連敗を含む1勝1分6敗であった。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 栃木SC

    栃木SCから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    新戦力として、神戸から柳川雅樹を、横浜FCから荒堀謙次を、FC岐阜から菅和範を、鹿島から當間建文を、湘南から臼井幸平を、東京Vから菊岡拓朗を、川崎から久木野聡を、福岡から山形辰徳を完全移籍で、川崎から棗佑喜をレンタル移籍で獲得、河原和寿、鈴木修人が完全移籍に移行、柳大鉉が新加入、ホーム開幕戦を前に車永煥が途中加入した。(それに伴い、外国人枠の関係で今シーズンCAメトロポリターノからレンタル移籍で獲得したジャイロが登録抹消となった)。シーズン途中臼井幸平が退団し、期限付き移籍で6月に鹿島から佐々木竜太が、8月には川崎から田中雄大が加入した。栃木SC フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤寿人

    佐藤寿人から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2004年、44試合で20得点を記録し、J2の得点ランク4位。日本人としては3位の成績を挙げる。名実共に「ベガルタの象徴」となり、サポーターから「Mr.仙台」と呼ばれた。特に8月8日の第26節、開幕から首位を独走する川崎フロンターレとの試合ではアディショナルタイムの1分間に2ゴールを挙げてチームを敗戦の危機から救った。佐藤寿人 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭容臺

    鄭容臺から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    翌2002年に日本に戻り、名古屋グランパスエイトに入団。セレッソ大阪、川崎フロンターレと渡り歩き、守備的な選手として起用された。鄭容臺 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のJリーグ

    1999年のJリーグから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    1999年のJリーグは、Jリーグ ディビジョン1(J1)が3月6日に開幕、11月27日にリーグ戦の日程を終了し、12月4日・12月11日にチャンピオンシップが行われた。Jリーグ ディビジョン2(J2)は3月14日に開幕、11月21日に閉幕した。J1の優勝クラブは1stステージがジュビロ磐田、2ndステージが清水エスパルスで、チャンピオンシップにより決定された年間総合優勝はジュビロ磐田。J2の優勝クラブは川崎フロンターレ1999年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ツジトモ

    ツジトモから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    その他にもイラストレーターとしても活動しており、テレビ神奈川で放送中のJリーグ・川崎フロンターレの応援番組である「ファイト!川崎フロンターレ」内のコーナー「ソーマの星」にて相馬直樹のイラストを手がける。これは相馬本人が「GIANT KILLING」の愛読者であり、偶然にも川崎のスタッフにモーニングの関係者と面識のある人物がいたため、その関係者を通じて依頼をしたら快諾したために実現したものである。その縁からか、2008年の9月20日開催の多摩川クラシコ(川崎対FC東京)ではポスターイラストも手がけた。ツジトモ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の柏レイソル

    2016年の柏レイソルから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    吉田達磨監督が2015シーズンをもって退任し、工藤壮人がバンクーバー・ホワイトキャップス (カナダ) へ、キム・チャンスが全北現代モータース (韓国) へ、近藤直也が千葉へ、狩野健太が川崎へ、菅野孝憲が京都へ、三浦龍輝が長野へ、藤田優人が鳥栖へ移籍。また、期限付き移籍のクリスティアーノが甲府に復帰。長崎へ期限付き移籍中の木村裕は期限付き移籍延長となった。鈴木大輔が契約満了のため退団となった。2016年の柏レイソル フレッシュアイペディアより)

907件中 11 - 20件表示
[an error occurred while processing this directive]

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]