907件中 31 - 40件表示
  • 天体戦士サンレッド

    天体戦士サンレッドから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    なお、神奈川県にゆかりのあるイベントや企画とのコラボレーションを行うこともあり、実際にも地域密着型の作品となっている。例えば、テレビアニメにおける川崎フロンターレとのコラボレーション・アニメの制作や、高津区による区セールス事業などがそれである。他にもアキバプロレスにサンレッドとヴァンプ将軍および戦闘員1号が出場を果たしている(実際に戦ったのはサンレッド)。天体戦士サンレッド フレッシュアイペディアより)

  • 等々力 (川崎市)

    等々力 (川崎市)から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    中原区の北部に位置し、多摩川に面している。域内には等々力緑地が広がっており、その中には、川崎フロンターレのホームスタジアムとなっている等々力陸上競技場や川崎市とどろきアリーナなどの施設が所在している。等々力 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 谷口彰悟

    谷口彰悟から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    谷口 彰悟(たにぐち しょうご、1991年7月15日 - )は、熊本県熊本市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・川崎フロンターレ所属。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。日本代表。谷口彰悟 フレッシュアイペディアより)

  • ギラヴァンツ北九州

    ギラヴァンツ北九州から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    また、清水から永畑祐樹、札幌から佐藤優也、川崎から木村祐志、G大阪から安田晃大、栃木から宮本亨、林祐征を完全移籍で、東京Vから福井諒司、横浜FCから橋村祐太、FC東京から森村昂太(前年度所属は水戸)をレンタル移籍で獲得。開幕後は3月に金水連(8月に契約解除、公式戦出場なし)、4月に呉勝録、7月に金鐘必と韓国人選手を獲得した。さらに前年度所属選手のうち、特別指定選手であった多田高行(鹿屋体育大学)が正式に入団したほかレンタルだったレオナルドは完全移籍へ移行、池元友樹のレンタル期間も延長された。ギラヴァンツ北九州 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    リトバルスキーがバイエル・レバークーゼンのコーチ就任に伴い監督を退任。新潟元監督の永井良和が後任監督に就任したが、シーズン途中に退任し、9月に信藤健仁が監督に就任した。J2初年度は12チーム中9位の成績。2001年のJリーグカップは1回戦でJ1の東京Vに勝利(2回戦で川崎に敗退)、天皇杯は3回戦でJ1のFC東京に勝利を収めた(4回戦で川崎に敗退)。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッセル神戸

    ヴィッセル神戸から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    大久保嘉人が川崎へ、野沢拓也が鹿島へ、伊野波雅彦が磐田へ、近藤岳登が水戸へ、高木和道が大分へそれぞれ移籍。フェルナンド、アンデルソン、ペ・チョンソクが退団し、朴康造、羽田憲司が現役を引退した。また嘉味田隼、廣田隆治が鳥取へ期限付き移籍した。ヴィッセル神戸 フレッシュアイペディアより)

  • アビスパ福岡

    アビスパ福岡から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    1996年、横浜M元監督の清水秀彦が監督に就任。マラドーナ、トログリオ、マジョールの3外国籍選手らが残留。元日本代表の都並敏史、広島から森秀昭などベテラン選手、中払・藤本・久永・石丸らも入団したが、順位は15位。1997年は17位、1998年は18位と2年連続シーズン最下位。1998年はJ1参入決定戦に参加したが、1回戦で川崎F、第3参入クラブ決定戦で札幌を破り、J1残留を果たした。なお、1998年に千代反田充(東福岡高等学校3年)を強化指定選手第1号(現在の特別指定選手)として受け入れた。アビスパ福岡 フレッシュアイペディアより)

  • 三笘薫

    三笘薫から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    東京ヴェルディスクール、さぎぬまSCを経て川崎フロンターレU-10へ加入し、高校卒業まで川崎の下部組織でプレーした。三笘薫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中碧 (サッカー選手)

    田中碧 (サッカー選手)から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    田中 碧(たなか あお、1998年9月10日 - )は、神奈川県川崎市宮前区出身のサッカー選手。川崎フロンターレ所属。ポジションはミッドフィールダー。田中碧 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛FC

    愛媛FCから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    一方、イオニコスFCから福田健二(6年ぶりのJリーグ復帰)、札幌から石井謙伍、山形から小原章吾、甲府から鶴田達也を完全移籍で獲得、川崎から杉浦恭平をレンタル移籍で加入、東浩史も加入した。また、内田健太のレンタル移籍期間の延長も決まった。なお、福田健二については、前所属先のイオニコスFCとの間で問題があり開幕戦に出場できなかった 。その後、暫定措置により第2節から登録、出場している。また、新外国人選手としてドウグラスを獲得したものの、家庭の事情により帰国したため開幕早々の4月16日に退団した。愛媛FC フレッシュアイペディアより)

907件中 31 - 40件表示

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]