648件中 51 - 60件表示
  • 服部浩紀

    服部浩紀から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    以後、川崎フロンターレ、清水エスパルス、アルビレックス新潟、アビスパ福岡、サガン鳥栖の6チームに在籍。J1リーグ通算158試合出場25得点。J2リーグ通算66試合8得点。服部浩紀 フレッシュアイペディアより)

  • 堀池洋充

    堀池洋充から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    堀池にとって唯一のJ1リーグ出場は、2000年7月8日の2ndステージ第3節、川崎フロンターレ戦である。この試合も土肥が先発していたが、3-0のリードで大勢が決した後の86分(後半41分)から堀池が土肥と交代し、4分間ながらJ1での出場記録を残した。堀池洋充 フレッシュアイペディアより)

  • 黄川田賢司

    黄川田賢司から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    1997年当時、関東大学サッカーリーグ2部、亜細亜大学卒業後、コンサドーレ札幌にFWとして入団。1999年、岡田武史(日本代表監督)のもと、中心選手として活躍。2000年、リーグ30試合にFWとして出場・5得点とJ1昇格に貢献。2002年に川崎フロンターレへ移籍後2003年に戦力外通告を受け現役を引退。その後は音楽業界に転身し、企画・運営などに携わり、エフエム・ノースウェーブでスーパーバイザーも務める。2005年からは再びサッカーの世界に戻り、現在はコンサドーレ札幌時代のチームメイトの野々村芳和が代表取締役の株式会社クラッキにて元Jリーガーが教えるサッカースクール「エスコーラ・ジ・クラッキ」のコーチとして指導をしている。黄川田賢司 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野裕史

    浅野裕史から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    大学卒業後は、富士通サッカー部(現川崎フロンターレ)に4年間在籍する。浅野裕史 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部良則

    阿部良則から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    阿部 良則(あべ よしのり、1972年9月10日 - )は神奈川県藤沢市出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。2001年限りで現役を引退。最終所属はJリーグの川崎フロンターレ阿部良則 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川クラシコ

    多摩川クラシコから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    多摩川クラシコ(たまがわクラシコ)とは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に所属する東京都をホームタウンとするFC東京と神奈川県川崎市をホームタウンとする川崎フロンターレの両チームが対戦する試合の呼称である。多摩川クラシコ フレッシュアイペディアより)

  • 茨城県立日立工業高等学校

    茨城県立日立工業高等学校から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    吉原慎也(同上、横浜マリノス→アルビレックス新潟→横浜F・マリノス→川崎フロンターレ→東京ヴェルディ1969→川崎フロンターレ→ジュビロ磐田→柏レイソル )茨城県立日立工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田翔平

    岡田翔平から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2012年シーズンからサガン鳥栖に加入。Jリーグヤマザキナビスコカップ・グループリーグ第1節の川崎戦で先制点を挙げ、鳥栖のJ1クラブとしての公式戦初勝利に貢献。岡田翔平 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井達弥

    坂井達弥から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    登録5日後のナビスコカップ第1節の川崎フロンターレ戦にスタメンフル出場し、チームのJ1初勝利に貢献した。また、その週末のJ1第3節の横浜F・マリノス戦に途中出場して、リーグ戦デビューを果たした。坂井達弥 フレッシュアイペディアより)

  • 古川昌明

    古川昌明から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    引退後はコリンチャンスやCFZジュニオールチームなどへのコーチ留学を経て、2003年から2008年まで川崎フロンターレのGKコーチを務めた。2012年から鹿島アントラーズのGKコーチに就任。古川昌明 フレッシュアイペディアより)

648件中 51 - 60件表示

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード