648件中 71 - 80件表示
  • 川元正英

    川元正英から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    厚木南高校から東海大学に進学してサッカー部に所属。卒業後は富士通に入社し、アマチュア選手としてジャパンフットボールリーグ(旧JFL)に所属する自社の富士通サッカー部でプレーし、レギュラーを獲得した。その後自らの負傷や他の選手とのレギュラー争いにより出場試合数が増減し、1997年には「川崎フロンターレ」としてプロ化してJリーグを目指すこととなった。旧JFLとしての最後のシーズンとなった1998年には再びレギュラーに返り咲いた。後に「博多の森の悲劇」と語られる同年11月19日のJ1参入決定予備戦でも延長戦を含めてフル出場したがチームはアビスパ福岡に3ゴールを許して敗れた。川元正英 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎亮平

    山崎亮平から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2010年復帰後は主に途中出場ながら徐々に出場機会を得、ヤマザキナビスコカップ準決勝川崎フロンターレ戦ではチームを決勝へと導くアウェイでの逆転ゴール、決勝サンフレッチェ広島戦では結果的に決勝点となる4点目のゴールを挙げ(スコアは2-2から延長戦の末5-3)、優勝に大きく貢献した。またU-21日本代表にも選ばれ、ナビスコカップ直後の第16回広州アジア競技大会では第1戦での先制点など通算2ゴールを上げ、代表の優勝にも大きく貢献した。山崎亮平 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のアルビレックス新潟

    2006年のアルビレックス新潟から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    新体制の下で迎えた2006シーズンは組織的なサッカーを目指して戦ったが、リーグ戦第1節で川崎に0-6の大量失点で敗れたのを始め第14節からの4連敗では計9失点、第21節からの3連敗では計13失点、第32節からの3連敗でも計9失点を喫するなど守備が安定せず、最終順位も12勝6分16敗(勝点42)の14位と低迷したが、GK北野貴之、MF千葉和彦、MF松下年宏ら若手も試合経験を積み、ベテランが中心だった前年までに比べて世代交代が進んだ1年となった。2006年のアルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • 高畠勉

    高畠勉から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    1995年に引退し、翌年よりチーム名を変更した富士通川崎フットボールクラブのコーチに就任。以降、富士通、さらにプロ化した川崎フロンターレのコーチを長年務めており、選手時代から現在に至るまで川崎(富士通)一筋である。高畠勉 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィトール・シルバ・アシス・デ・オリベイラ・ジュニオール

    ヴィトール・シルバ・アシス・デ・オリベイラ・ジュニオールから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2008年7月8日、サントスFCから川崎フロンターレに期限付き移籍で加入。Jリーグ初出場の同21日・浦和レッズ戦でさっそく来日初ゴールをあげた。ヴィトール・シルバ・アシス・デ・オリベイラ・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • レナト・カルロス・マルティンス・ジュニオール

    レナト・カルロス・マルティンス・ジュニオールから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2008年8月5日、Jリーグ・川崎フロンターレに期限付き移籍で入団した。川崎での応援チャントの原曲は『崖の上のポニョ』。レナト・カルロス・マルティンス・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部茂利

    長谷部茂利から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    1994年にヴェルディ川崎に入団、同年Jデビューを果たす。ヴェルディではまだラモス瑠偉が健在な事に加え、ビスマルクや北澤豪らレギュラーの壁が厚かったが、その中でも多くの出場機会を得た。出場機会が減少した1997年にジャパンフットボールリーグ所属(当時)の川崎フロンターレへレンタル移籍。長谷部茂利 フレッシュアイペディアより)

  • 里内猛

    里内猛から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2008年から、鹿島時代の同僚だった関塚隆が率いる川崎フロンターレのフィジカルコーチに就任。里内猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森川拓巳

    森川拓巳から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    1999年に入るとトップチームでの出場機会を得られなくなったが、同年からJリーグ2部(J2)に参加した川崎フロンターレが松本育夫新監督によるチーム体制の再整備を進める中で森川移籍の要請を柏へ出し、同年4月にレンタル移籍が実現した。森川は5月9日の第11節・モンテディオ山形戦で初出場し、以後は同年のJ2リーグ戦全26試合にフル出場を果たした。中西哲生や佐原秀樹などとともに「3バック」による守備の安定にストッパーとして貢献した上、8月23日の第23節・山形戦では後半終了間際にゴール前に走り込んでJリーグ初ゴールを決め、10月23日の第33節・コンサドーレ札幌戦では延長戦でVゴールを挙げるなどの攻撃面でも重要な場面での関わりを見せ、チームはJ2優勝とJ1昇格を果たした。森川拓巳 フレッシュアイペディアより)

  • 浦上壮史

    浦上壮史から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    横浜マリノス、清水エスパルスではそれぞれ松永成立・真田雅則という絶対的守護神が存在したため活躍の場がほとんどなかったが、1997年に川崎フロンターレに移籍してからはレギュラーを掴む。1998年のJ1参入決定戦では博多の森の悲劇を経験。1999年にはJ2で優勝しJ1昇格に貢献した。浦上壮史 フレッシュアイペディアより)

648件中 71 - 80件表示

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード