907件中 71 - 80件表示
  • 森川拓巳

    森川拓巳から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    1999年に入るとトップチームでの出場機会を得られなくなったが、同年からJリーグ2部(J2)に参加した川崎フロンターレが松本育夫新監督によるチーム体制の再整備を進める中で森川移籍の要請を柏へ出し、同年4月にレンタル移籍が実現した。森川は5月9日の第11節・モンテディオ山形戦で初出場し、以後は同年のJ2リーグ戦全26試合にフル出場を果たした。中西哲生や佐原秀樹などとともに「3バック」による守備の安定にストッパーとして貢献した上、8月23日の第23節・山形戦では後半終了間際にゴール前に走り込んでJリーグ初ゴールを決め、10月23日の第33節・コンサドーレ札幌戦では延長戦でVゴールを挙げるなどの攻撃面でも重要な場面での関わりを見せ、チームはJ2優勝とJ1昇格を果たした。森川拓巳 フレッシュアイペディアより)

  • キングベルI世

    キングベルI世から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    「海を司る神様なのにおじいちゃんだと思われがちで困っておる。」とtwitterの自己紹介に記述している。川崎フロンターレのマスコットであるふろん太にもたびたび「おじいちゃん」とtwitter上で言われているが、そのたび神様である旨訂正している。キングベルI世 フレッシュアイペディアより)

  • 田中淳一

    田中淳一から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2012年より、川崎フロンターレへ加入。川崎関係者からは左足の強烈なシュートが評価され、「和製フッキだ」と期待を寄せられた。風間八宏監督の下、同年6月30日のJ1第16節・ヴィッセル神戸戦で左サイドバックとしてJリーグデビューした。田中淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 第81回全国高等学校サッカー選手権大会

    第81回全国高等学校サッカー選手権大会から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    柴崎晃誠(国見→国士舘大学→東京V→川崎⇒徳島⇒広島)第81回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 矢島卓郎

    矢島卓郎から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    滋賀県立膳所高校から早稲田大学へサッカー推薦ではなく一般入試で進学。2004年、2005年は川崎フロンターレの特別指定選手となるが、早稲田大学ア式蹴球部監督の大榎克己の薦めもあり清水エスパルスに入団する。その後3シーズン、清水でプレーした後、2009年から川崎に完全移籍。2013年限りで契約満了により退団。横浜F・マリノスへの移籍が決まった。矢島卓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎亮平

    山崎亮平から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2010年、復帰後は主に途中出場ながら徐々に出場機会を得、ナビスコカップ準決勝川崎フロンターレ戦ではチームを決勝へと導くアウェイでの逆転ゴール、決勝サンフレッチェ広島戦では結果的に決勝点となる4点目を挙げ(スコアは2-2から延長戦の末5-3)、優勝に大きく貢献した。またU-21日本代表にも選ばれ、ナビスコカップ直後の第16回広州アジア競技大会では第1戦での先制点など通算2得点を挙げ、代表の優勝にも大きく貢献した。山崎亮平 フレッシュアイペディアより)

  • 奥原崇

    奥原崇から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    しかし、大学時代にファウルを受けた際に膝を負傷して以来、この怪我との戦いが続いた。髪型をバッジョに肖ったのも、バッジョが重傷からの復活を遂げた選手だからだった。チームがFC東京としてJリーグ(J2)に加盟した1999年も、膝をかばう影響で腰などの状態も悪く、開幕からシーズン中盤戦を過ぎてもプレーできる状態にならなかったが、9月25日に駒沢陸上競技場での大分トリニータ戦にて先発で10ヶ月ぶりに復帰を果たし、以後J1昇格をかけて戦うチームで奮闘。等々力での天王山となった川崎フロンターレ戦では華麗なボレーシュートで先制点を決めるなど印象に残るプレーを残したが、リーグ戦は年間7試合の出場にとどまり、膝の状態も考慮して翌年のJ1を戦うチームの構想に入らなかった事がフロントから伝えられ、同年限りで現役を引退した。西が丘での天皇杯・初芝橋本高校との試合後の場内インタビューでサポーターに向け正式に引退表明し、天皇杯ジュビロ磐田戦が最後の試合となった。その試合でも怪我の影響もあり途中交代となったが攻撃のアクセントとなり、観戦していた磐田OBのドゥンガはこの試合の磐田の勝因に「東京の10番(奥原)が途中でベンチに下がった」ことを挙げた。奥原崇 フレッシュアイペディアより)

  • 松下裕樹 (サッカー選手)

    松下裕樹 (サッカー選手)から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2000年にサンフレッチェ広島に入団。同期入団は森崎和幸・浩司兄弟、駒野友一、八田康介、山形恭平、中山元気で、7人への期待を込めて、スーパーセブンと呼ばれた。2003年には駒野の怪我による長期離脱を受け、その右足の能力をかわれ、右ウイングバックとして広島のJ1昇格に貢献した。その後はアビスパ福岡、川崎フロンターレに移籍し、2007年から2012年までザスパ草津で主力として活躍していた。松下裕樹 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • グランパスくん

    グランパスくんから見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2008年7月26日、 等々力陸上競技場での対川崎フロンターレ戦「川崎市制記念試合」の「マスコット全員集合!祭り」にゲスト出演。グランパスくん フレッシュアイペディアより)

  • 岡山一成

    岡山一成から見た川崎フロンターレ川崎フロンターレ

    2002年、石崎信弘監督からの誘いで川崎フロンターレへ入団すると出場機会も増え、2004年のクラブJ1昇格に貢献。川崎では「岡山劇場」と呼ばれる試合後のマイク(メガホン)パフォーマンスによりサポーターからの人気も集めた。2005年には当時J2のアビスパ福岡へレンタル移籍。フォワードとしても活躍し、J1昇格を果たした。しかし、川崎時代や後の柏時代と打って変わって、ファールが多く、また熱狂的で過激なサポーターが多い福岡サポーターと揉め事を起こすなど、彼に見合った活躍ができたとはいえなかった。岡山一成 フレッシュアイペディアより)

907件中 71 - 80件表示

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]