前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
459件中 1 - 10件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た我那覇和樹

    チーム成績は低迷し、V川崎とリーグ戦で初対戦 となった4月22日・1stステージ第8節の「川崎ダービー」にも敗れ、5月3日・第10節の磐田戦では藤田俊哉にペナルティーキックだけで3得点のハットトリックを許す空前絶後の記録を許して1 - 5と大敗した後にゼッカを解任し、ヘッドコーチの今井敏明が後任の監督に就任。5月27日・第15節(最終節)のC大阪戦(長居)ではシーズン後に同年のJリーグ優秀新人賞を獲得した我那覇和樹の得点に続いて浦田尚希が延長Vゴールを決め、2 - 1で勝利してC大阪の優勝を阻止した が、1stステージは16チーム中15位で終え、2ndステージでも苦戦が続いた。8月19日・第10節の市原戦に敗れてJ1残留の可能性が低くなると、その後のナビスコ杯準々決勝でV川崎に勝利してベスト4に進んだ後にクラブはシーズン2度目の監督交代に踏み切り、育成部から移動させた小林寛を監督とした。この時期までに外国人選手は全員入れ替わり、出番が減った鈴木隆行も鹿島に戻るなど、チームは開幕前から大きく様変わりしていた。新体制で臨んだナビスコ杯準決勝では京都を下して決勝に進出したが、決勝では鹿島に敗れてタイトルを逃し、リーグ戦でも11月18日・第13節(日立柏)の柏戦を戦う前に残留争いの対象チームが勝利を飾ったためJ2降格が決定した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た森下俊

    補強は、湘南から西部洋平、C大阪から小松塁、京都から森下俊を完全移籍で、コリチーバFCからレナト、ジェシ。グレミオからレネ・サントスをレンタル移籍で獲得、2年間愛媛にレンタル移籍していた杉浦恭平が復帰した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た稲本潤一

    横浜FMから小宮山尊信が完全移籍、スタッド・レンヌから9年ぶりのJリーグ復帰となる稲本潤一を獲得。佐原秀樹がFC東京への期限付き移籍から2年ぶりに復帰した。一方、村上和弘が大宮へ移籍。吉原慎也が退団(のち柏に加入)、山岸智や、養父雄仁、久木野聡・杉浦恭平などがそれぞれ期限付き移籍した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た杉浦恭平

    横浜FMから小宮山尊信が完全移籍、スタッド・レンヌから9年ぶりのJリーグ復帰となる稲本潤一を獲得。佐原秀樹がFC東京への期限付き移籍から2年ぶりに復帰した。一方、村上和弘が大宮へ移籍。吉原慎也が退団(のち柏に加入)、山岸智や、養父雄仁、久木野聡・杉浦恭平などがそれぞれ期限付き移籍した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た中村憲剛

    石崎体制3年目。ブラジルのSEパルメイラスから獲得したFWジュニーニョが我那覇和樹とともに前線で活躍、また鹿島から移籍したDFアウグストも攻守にわたりチームをまとめ上げた。また、大宮からFWバルデスを獲得したが、年齢の影響やケガにより3得点に止まりシーズン途中に退団した。日本人の新加入選手では、前年J1に昇格した大分から石崎監督と一緒のJ1昇格を実現するために移籍したMF山根巌、テスト生から採用された新人ながら開幕の広島戦でデビューし、主に交代要員として全試合でベンチ入りしたMF中村憲剛などが加わった。しかし、リーグ最多の88得点、リーグ最少の7敗ながらリーグ最多タイの13引き分けと「勝ちきれない」試合が多く、最終的には2位と勝ち点1差の3位に終わり、J1昇格に失敗した。シーズン終了後に石崎が監督を辞任した。第83回天皇杯ではベスト16に進出し、2回戦の国見高校戦(等々力)の後には選手やサポーターによる石崎監督の胴上げが行われた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た森勇介

    AFCアジアカップ2007に中村憲剛およびGK川島が日本代表に選出。中村は決勝まで5試合連続で先発起用された。また、代表候補合宿には森勇介と黒津勝も初招集された(正式メンバー登録はならず)。FW鄭大世も北朝鮮代表に初選出され、東アジアサッカー選手権2008予選大会で3試合8得点で得点王となり、翌年2月の本大会進出に貢献した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た相澤貴志

    主な補強はC大阪へ期限付き移籍していた相澤貴志の復帰、新戦力として、特別指定選手として2004年・2005年に所属していた清水の矢島卓郎を完全移籍で獲得(事実上の古巣復帰)、レンタル移籍だったヴィトール・ジュニオールを完全移籍で獲得、ジュニーニョも契約期間延長するなど攻撃陣を中心に選手を獲得した(なお、前年に東京Vのレンタル移籍から復帰した吉原慎也が磐田へ再度レンタル移籍)。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た鄭大世

    名古屋から獲得したGK川島永嗣は全34試合フル出場を果たし、我那覇に代わり先発で起用されたプロ2年目の鄭大世は12得点と飛躍、22得点のジュニーニョは2004年のJ2に続きJ1でも得点王に輝き、リーグ2位の計66得点を挙げた一方、失点はリーグ11位の48失点に上り、前年を下回る5位でシーズンを終了した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た中澤聡太

    補強では横浜FMから森谷賢太郎、札幌から山本真希、G大阪から中澤聡太、神戸から大久保嘉人、東京Vから新井章太を、新外国人としてパトリックを獲得。棗佑喜と薗田淳が期限付き移籍から復帰した。更には風間の強い要望でトレーニングコーチとして西本直が入閣した(しかし、5月に一身上の都合で退団)。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た大久保嘉人

    補強では横浜FMから森谷賢太郎、札幌から山本真希、G大阪から中澤聡太、神戸から大久保嘉人、東京Vから新井章太を、新外国人としてパトリックを獲得。棗佑喜と薗田淳が期限付き移籍から復帰した。更には風間の強い要望でトレーニングコーチとして西本直が入閣した(しかし、5月に一身上の都合で退団)。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
459件中 1 - 10件表示
[an error occurred while processing this directive]

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]