301件中 91 - 100件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たリボニール・ルッシェル

    鹿島から鬼木達が加わり、シーズン序盤にゴールを量産したヴァルディネイや途中退団のベッチーニョに代わって入団したツゥットなどのブラジル人FWが活躍した。グレミオ留学から復帰した佐原秀樹も試合に出場し、社員選手でも川元正英や久野智昭がレギュラーを獲得し、チームの総合力向上に成功した。最終節のソニー仙台FC戦で敗れてJFL優勝は東京ガスにさらわれたが、JFL準優勝となり、J1参入決定戦に参戦した。しかし、1回戦の福岡戦(東平尾公園博多の森球技場)でVゴールによる逆転負けを喫してJリーグ ディビジョン1(J1)参入を逃し、Jリーグ ディビジョン2 (J2) への参入が決まった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た村上和弘

    横浜FMから小宮山尊信が完全移籍、スタッド・レンヌから9年ぶりのJリーグ復帰となる稲本潤一を獲得。佐原秀樹がFC東京への期限付き移籍から2年ぶりに復帰した。一方、村上和弘が大宮へ移籍。吉原慎也が退団(のち柏に加入)、山岸智や、養父雄仁、久木野聡・杉浦恭平などがそれぞれ期限付き移籍した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た源平貴久

    富士通サッカー部元主将の小浜誠二が事実上の責任者となる常務に就任。富士通からの豊富な資金力を利用して、名古屋の中西哲生や平塚のベッチーニョ等を獲得。富士通川崎時代のレギュラーだった伊藤彰・小松崎保・源平貴久などの富士通社員選手は控えに回し、1年でのJリーグ昇格を目指した。この他、ブラジルのグレミオとの業務提携も発表した。ちなみに、現在のチームカラーが水色と黒なのは、グレミオのチームカラーを模した名残である。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たカルロス・アルベルト・カルヴァリョ・ドス・アンジョス・ジュニオル

    ブラジルのSEパルメイラスから獲得したFWジュニーニョが我那覇和樹とともに前線で活躍、また鹿島から移籍したDFアウグストも攻守にわたりチームをまとめ上げた。また、大宮からFWバルデスを獲得したが、3得点に止まりシーズン途中に退団した。日本人の新加入選手では、前年J1に昇格した大分からMF山根巌、新人ながら主に交代要員として全試合でベンチ入りしたMF中村憲剛などが加わった。シーズン成績は2位と勝ち点1差の3位に終わった。シーズン終了後に石崎が監督を辞任した。天皇杯はベスト16に進出した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たジウベルト・カルロス・ナシメント

    富士通サッカー部元主将の小浜誠二が事実上の責任者となる常務に就任。富士通からの豊富な資金力を利用して、名古屋の中西哲生や平塚のベッチーニョ等を獲得。富士通川崎時代のレギュラーだった伊藤彰・小松崎保・源平貴久などの富士通社員選手は控えに回し、1年でのJリーグ昇格を目指した。この他、ブラジルのグレミオとの業務提携も発表した。ちなみに、現在のチームカラーが水色と黒なのは、グレミオのチームカラーを模した名残である。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たジェシマウロ・ジョゼ・ボルゲス

    補強は、湘南から西部洋平、C大阪から小松塁、京都から森下俊を完全移籍で、コリチーバFCからレナト、ジェシ。グレミオからレネ・サントスをレンタル移籍で獲得、2年間愛媛にレンタル移籍していた杉浦恭平が復帰した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た大島僚太

    レナトがシーズン終盤になってチームにフィットして大車輪の活躍を見せたり、大島僚太や楠神順平などの成長があったなど攻撃面では収穫があったが、天皇杯4回戦の大宮戦で前半だけで3点をリードしながらも後半だけで4失点して敗退するなど、守備面で課題を残すシーズンとなった。また本拠の等々力が大型改築に入った。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た長谷部茂利

    監督も富士通社員の城福浩からプロ契約の斉藤和夫へと交代した後はリーグの上位グループに付け、後半戦に野口幸司と長谷部茂利を追加補強したが、同9月にコンサドーレ札幌、東京ガス、本田技研に3連敗して斉藤が監督を辞任。最終成績は3位となり、Jリーグ昇格は成らなかった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た高円宮妃久子

    ナビスコカップは決勝まで進んだが、2000年、2007年に続き、準優勝に終わった。この決勝戦後の表彰式において、協会名誉総裁の高円宮妃久子はじめ協会幹部やスポンサー関係者の前で、川崎の一部選手が「首にかけて頂いた準優勝メダルを外す行為」、「握手を拒む行為」、「壁に寄り掛かかんだり、しゃがみ込む行為」、「ガムを噛みながらの表彰式参加」といった行動をとったことが問題となった。これを受けて、クラブ側の川崎は謝罪、準優勝賞金5000万円の自主返還、社長ら役員3人の減俸、森勇介の最低1試合の出場停止などの処分を発表した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たパウロ・セザール・フォンセカ・ド・ナシメント

    ベットが監督を続投。岩本輝雄を獲得したが、序盤は出遅れた。その後、松本育夫に監督が交代し、ティンガや柏からDF森川拓巳などを獲得した。チームは順調に勝ち点を伸ばし、11月5日の鳥栖戦(等々力)に勝利し、J1昇格条件のJ2の2位以内が確定。11月8日にJ2優勝も決めた。また、この年に初のマスコットとしてふろん太を発表。5月に練習場が東京都稲城市の富士通南多摩工場の敷地内の「富士通南多摩グラウンド」(2005年の工場閉鎖後に稲城市営南多摩スポーツ広場に移管・改称)から、川崎市麻生区片平にある麻生グラウンド(旧・大東学園高等学校グラウンド)に移転。さらに市内全体での広報活動を強化し、川崎市も市民後援会を発足させた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

301件中 91 - 100件表示

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード