459件中 101 - 110件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た富士電機

    一方、ホームタウンである川崎市も2004年9月に「川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナー」を制定。フロンターレはこの創設メンバーとして認定を受け、これに基づく活動を推進していくことになった。また、その中で、川崎市は他の地元企業・団体、またサポーター持株会と共に、運営会社(当時の富士通川崎スポーツマネジメント)の株式の一部を取得した。現在は富士電機・富士通グループ各社のほか、川崎市に本社や事業所を持つ企業・公益法人など36の団体が出資している。特に富士通系のスポーツクラブではフロンターレのほか、女子バスケット「レッドウェーブ」、アメリカンフットボール「フロンティアーズ」もこのパートナーに参加しているが、男子バレーボール「川崎レッドスピリッツ」は、富士通系で唯一まだこのパートナーに加盟していない。2016年からは男子バスケットボールのジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)でとどろきアリーナをホームとする「東芝川崎ブレイブサンダース」とのコラボレーション企画を発表し、ホームゲーム同日開催時のチケット割引サービスなどを実施している。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た小田急電鉄

    またトップチームの麻生練習場がある麻生区では2009年に「麻生アシストクラブ」が発足した。「しんゆり・芸術のまちづくりフォーラム」内に事務所が置かれ、商店街や各種団体などが構成する同クラブを川崎市役所(麻生区役所)やフロンターレが後援する形を取って、同区内での広報・支援活動を展開する事になった。同クラブでは小田急電鉄の協力も受け、麻生練習場の最寄り駅である小田急多摩線栗平駅のホーム脇陸橋に告知看板を出すなどの活動をしている。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た富士通

    一方、ホームタウンである川崎市も2004年9月に「川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナー」を制定。フロンターレはこの創設メンバーとして認定を受け、これに基づく活動を推進していくことになった。また、その中で、川崎市は他の地元企業・団体、またサポーター持株会と共に、運営会社(当時の富士通川崎スポーツマネジメント)の株式の一部を取得した。現在は富士電機・富士通グループ各社のほか、川崎市に本社や事業所を持つ企業・公益法人など36の団体が出資している。特に富士通系のスポーツクラブではフロンターレのほか、女子バスケット「レッドウェーブ」、アメリカンフットボール「フロンティアーズ」もこのパートナーに参加しているが、男子バレーボール「川崎レッドスピリッツ」は、富士通系で唯一まだこのパートナーに加盟していない。2016年からは男子バスケットボールのジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)でとどろきアリーナをホームとする「東芝川崎ブレイブサンダース」とのコラボレーション企画を発表し、ホームゲーム同日開催時のチケット割引サービスなどを実施している。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た小学館

    これらの活動を広くまとめた書籍として、2011年6月17日にフロンターレプロモーション部部長の天野春果が『僕がバナナを売って算数ドリルを作るワケ』を小学館から出版し、テレビ東京系のサッカー番組「FOOT×BRAIN」などでも紹介された。天野は2016年11月2日に同社から2冊目の著書『スタジアムの宙にしあわせの歌が響く街』を出版してマスメディア各社から取り上げられ、2017年2月からは2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会へ出向した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たノエル (企業)

    ノエル (NOEL) は、2005年途中にCIの変更によりロゴが変更されたが、2005年シーズンは旧ロゴのままで、2006年シーズンより新ロゴに変更された。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た富士スピードウェイ

    2012年6月30日、フォーミュラ・ニッポンとコラボ、等々力の陸上トラックをフォーミュラカーが走った。これが縁となり、同年11月に富士スピードウェイで開催されたJAFグランプリでは、フォーミュラ・ニッポン予選での最高速度上位3名を『フォーミュラ・ニッポン 川崎フロンターレ賞』として表彰した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たアシックス

    1999年 - 2010年:アシックス川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た都倉賢

    6月21日には箕輪義信を札幌へ期限付きで放出し、7月8日にはサントスFCのMFヴィトール・ジュニオールを期限付移籍で獲得。7月29日にはFW都倉賢を草津に期限付きで放出するも、8月5日にはサントスのFWレナチーニョを期限付き移籍で獲得した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たリボニール・ルッシェル

    前シーズン終盤の監督不在を解消するため、グレミオからあっせんされたベット監督が就任。鹿島から鬼木達が加わり、シーズン序盤にゴールを量産したヴァルディネイや途中退団のベッチーニョに代わって入団したツゥットなどのブラジル人FWが活躍した。前年は桐光学園高校からの新入団直後にグレミオにサッカー留学していた佐原秀樹も試合に出場し、社員選手でも川元正英や久野智昭がレギュラーを獲得して、チームの総合力向上に成功した。最終節のソニー仙台FC戦で敗れてJFL優勝は東京ガスにさらわれたが、準優勝となった。しかし、J1参入決定戦1回戦の福岡戦でVゴール負けを喫し、Jリーグ ディビジョン2 (J2) への参入が決まった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た小松塁

    補強は、湘南から西部洋平、C大阪から小松塁、京都から森下俊を完全移籍で、コリチーバFCからレナト、ジェシ。グレミオからレネ・サントスをレンタル移籍で獲得、2年間愛媛にレンタル移籍していた杉浦恭平が復帰した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

459件中 101 - 110件表示
[an error occurred while processing this directive]

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]