459件中 111 - 120件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たジェシマウロ・ジョゼ・ボルゲス

    補強は、湘南から西部洋平、C大阪から小松塁、京都から森下俊を完全移籍で、コリチーバFCからレナト、ジェシ。グレミオからレネ・サントスをレンタル移籍で獲得、2年間愛媛にレンタル移籍していた杉浦恭平が復帰した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た金久保順

    補強は、大分から森島康仁、横浜FCから武岡優斗を完全移籍で、栃木からパウリーニョ、大宮から金久保順を期限付き移籍で獲得、安藤駿介が期限付き移籍から復帰、昨年途中に特別指定選手として登録された筑波大学のMF谷口彰悟、阪南大学のMF可児壮隆が入団した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た山本真希

    補強では横浜FMから森谷賢太郎、札幌から山本真希、G大阪から中澤聡太、神戸から大久保嘉人、東京Vから新井章太を、新外国人としてパトリックを獲得。棗佑喜と薗田淳が期限付き移籍から復帰した。更には風間の強い要望でトレーニングコーチとして西本直が入閣した(しかし、5月に一身上の都合で退団)。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た大塚翔平

    補強は、北九州から大塚翔平、千葉から森本貴幸、柏から狩野健太、京都から原川力、札幌から昨シーズンFC東京に期限付き移籍していた奈良竜樹という大島と共に参戦したAFC U-23選手権2016を制したU-23サッカー日本代表コンビに加え、水原三星ブルーウィングスから鄭成龍(チョン・ソンリョン)、アヴァイFCからエドゥアルド・ネットを完全移籍で獲得、高木駿が期限付き移籍先から復帰、順天堂大学から長谷川竜也が入団した。また、昨シーズンまで背番号16をつけていた大島僚太が今シーズンから背番号10をつけることとなり、クラブで初めて日本人選手が10番を付ける事になった。この他、シーズン中に柏からエドゥアルドを期限付き移籍で獲得した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た安柄俊

    風間体制5年目。西部洋平が清水、船山貴之、山本真希が千葉、杉本健勇がC大阪、山越享太郎が栃木、實藤友紀が福岡、松井謙弥が大宮へ完全移籍、湘南に期限付き移籍していた可児壮隆、千葉に期限付き移籍していた安柄俊が金沢へ期限付き移籍、角田誠(清水)、中澤聡太(C大阪)、森島康仁、森下俊(磐田)はそれぞれ期限付き移籍先へ完全移籍、福森晃斗は札幌への期限付き移籍期間が延長、アルトゥール・マイアが期限付き移籍期間満了により退団した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た吉田勇樹

    関塚体制5年目。MFマギヌンが名古屋へ移籍。一方で東京Vへ期限付き移籍していた吉原慎也、フッキらがチームに復帰し、千葉より山岸智を獲得した。また、青山学院大学からMF田坂祐介、駒澤大学からMF菊地光将、早稲田大学からDF横山知伸、下部組織よりトップチームへ昇格のDF吉田勇樹(後にU-19日本代表に選出)らが加入。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た田中雄大

    風間体制2年目。12シーズン在籍してきた黒津勝が横浜FCへ移籍。前年に主力として活躍した山瀬功治が京都、楠神順平がC大阪、小松塁が大分に、昨シーズン途中から古巣の東京Vに期限付き移籍していた柴崎晃誠が徳島へそれぞれ完全移籍。同じくシーズン途中から栃木SCへ期限付き移籍していた田中雄大が鳥取に、杉浦恭平が神戸へ、安藤駿介が湘南へ、森下俊が横浜FCへ期限付き移籍した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た板倉滉

    補強は、仙台から角田誠、大宮から橋本晃司、松本から船山貴之、C大阪から杉本健勇、徳島から松井謙弥を完全移籍で、アメリカFCからエウシーニョを期限付き移籍で獲得。ユースから板倉滉、三好康児が昇格し、昨年途中に特別指定選手として登録された筑波大学の車屋紳太郎、同じく筑波大学の中野嘉大が入団した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た西部洋平

    補強は、湘南から西部洋平、C大阪から小松塁、京都から森下俊を完全移籍で、コリチーバFCからレナト、ジェシ。グレミオからレネ・サントスをレンタル移籍で獲得、2年間愛媛にレンタル移籍していた杉浦恭平が復帰した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たエドゥアルド・ダ・シルヴァ・ナシメント・ネット

    補強は、北九州から大塚翔平、千葉から森本貴幸、柏から狩野健太、京都から原川力、札幌から昨シーズンFC東京に期限付き移籍していた奈良竜樹という大島と共に参戦したAFC U-23選手権2016を制したU-23サッカー日本代表コンビに加え、水原三星ブルーウィングスから鄭成龍(チョン・ソンリョン)、アヴァイFCからエドゥアルド・ネットを完全移籍で獲得、高木駿が期限付き移籍先から復帰、順天堂大学から長谷川竜也が入団した。また、昨シーズンまで背番号16をつけていた大島僚太が今シーズンから背番号10をつけることとなり、クラブで初めて日本人選手が10番を付ける事になった。この他、シーズン中に柏からエドゥアルドを期限付き移籍で獲得した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

459件中 111 - 120件表示
[an error occurred while processing this directive]

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]