459件中 121 - 130件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た伊藤宏樹

    再びJ2でのシーズンとなったこの年は堀井美晴が監督、サンパウロFCの元監督で現役時代に名古屋でもプレーしたピッタをコーチに迎え、前年にサンパウロFCから札幌へレンタル移籍していたブラジル人FWエメルソンを完全移籍により獲得した。エメルソンはハイペースでゴールを重ねたが、チーム自体は守備戦術の整備が進まずに低迷し、7月14日の第20節・甲府戦に引き分けた時点で8位となっていた。この後、堀井監督は解任、大分を解任されたばかりの石崎信弘を新監督に迎えた。クラブは長期的視点に立ったチーム整備に方針を転換し、新人DFの伊藤宏樹は出場停止の最終節を除く43試合に出場した。一方、ピッタコーチとエメルソンは揃って浦和へ移籍した。結果としてシーズンは7位に終わったが、最終節の山形戦(山形県陸)では浦上壮史の好セーブ連発と我那覇和樹の延長Vゴールにより1 - 0で勝利し、山形のJ1昇格を阻止した。続く第81回天皇杯では戦力外通告を受けた阿部良則や伊藤彰などの選手が活躍してベスト4の成績を収めた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た箕輪義信

    現有戦力をベースにし、若干名の補強選手を加えて臨んだが、序盤戦は試合終了間際に失点を喫する試合が続き、中盤戦は攻撃陣に怪我人が相次いだ影響もあり勝ちきれない試合が多かった。しかし、8月の中断期間中に行ったキャンプで戦術を熟成した結果チーム状態が好転、終盤戦ではチーム新記録となる6連勝を記録した。また、川崎市出身のDF箕輪義信が日本代表に選出された。シーズン成績は8位となり、最低条件の「J1残留」を果たした。天皇杯は2年ぶりにベスト8へ進出した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た吉原慎也

    関塚体制5年目。MFマギヌンが名古屋へ移籍。一方で東京Vへ期限付き移籍していた吉原慎也、フッキらがチームに復帰し、千葉より山岸智を獲得した。また、青山学院大学からMF田坂祐介、駒澤大学からMF菊地光将、早稲田大学からDF横山知伸、下部組織よりトップチームへ昇格のDF吉田勇樹(後にU-19日本代表に選出)らが加入。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た黒津勝

    AFCアジアカップ2007に中村憲剛およびGK川島が日本代表に選出。中村は決勝まで5試合連続で先発起用された。また、代表候補合宿には森勇介と黒津勝も初招集された(正式メンバー登録はならず)。FW鄭大世も北朝鮮代表に初選出され、東アジアサッカー選手権2008予選大会で3試合8得点で得点王となり、翌年2月の本大会進出に貢献した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た柴崎晃誠

    一方で横浜FMから山瀬功治、田中裕介、東京Vから柴崎晃誠を獲得。U-21代表で活躍した實藤友紀をはじめとした6人の新人選手が加入した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たパウロ・ロベルト・ゴンサガ

    補強は、大分から森島康仁、横浜FCから武岡優斗を完全移籍で、栃木からパウリーニョ、大宮から金久保順を期限付き移籍で獲得、安藤駿介が期限付き移籍から復帰、昨年途中に特別指定選手として登録された筑波大学のMF谷口彰悟、阪南大学のMF可児壮隆が入団した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た船山貴之

    補強は、仙台から角田誠、大宮から橋本晃司、松本から船山貴之、C大阪から杉本健勇、徳島から松井謙弥を完全移籍で、アメリカFCからエウシーニョを期限付き移籍で獲得。ユースから板倉滉、三好康児が昇格し、昨年途中に特別指定選手として登録された筑波大学の車屋紳太郎、同じく筑波大学の中野嘉大が入団した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た高畠勉

    開幕戦の東京V戦で試合終盤に追いつかれドローに終わると、続く神戸戦に1-4で大敗。更に神戸戦での起用法を不満としたフッキが4月2日に退団、東京Vへ完全移籍した。その後は安定感を欠いた戦いを強いられ、フッキによる一連の騒動による心労、かねてから罹患していた持病の不整脈の悪化もあり、関塚が検査入院のため離脱。入院こそ免れたものの、ドクターストップがかかり、同月24日に監督を辞任。ヘッドコーチの高畠勉が監督に昇格した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たカルロス・エドゥアルド・ベンディニ・ジュスティ

    補強は、北九州から大塚翔平、千葉から森本貴幸、柏から狩野健太、京都から原川力、札幌から昨シーズンFC東京に期限付き移籍していた奈良竜樹という大島と共に参戦したAFC U-23選手権2016を制したU-23サッカー日本代表コンビに加え、水原三星ブルーウィングスから鄭成龍(チョン・ソンリョン)、アヴァイFCからエドゥアルド・ネットを完全移籍で獲得、高木駿が期限付き移籍先から復帰、順天堂大学から長谷川竜也が入団した。また、昨シーズンまで背番号16をつけていた大島僚太が今シーズンから背番号10をつけることとなり、クラブで初めて日本人選手が10番を付ける事になった。この他、シーズン中に柏からエドゥアルドを期限付き移籍で獲得した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た菊地光将

    関塚体制5年目。MFマギヌンが名古屋へ移籍。一方で東京Vへ期限付き移籍していた吉原慎也、フッキらがチームに復帰し、千葉より山岸智を獲得した。また、青山学院大学からMF田坂祐介、駒澤大学からMF菊地光将、早稲田大学からDF横山知伸、下部組織よりトップチームへ昇格のDF吉田勇樹(後にU-19日本代表に選出)らが加入。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

459件中 121 - 130件表示
[an error occurred while processing this directive]

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]