459件中 11 - 20件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た原川力

    補強は、北九州から大塚翔平、千葉から森本貴幸、柏から狩野健太、京都から原川力、札幌から昨シーズンFC東京に期限付き移籍していた奈良竜樹という大島と共に参戦したAFC U-23選手権2016を制したU-23サッカー日本代表コンビに加え、水原三星ブルーウィングスから鄭成龍(チョン・ソンリョン)、アヴァイFCからエドゥアルド・ネットを完全移籍で獲得、高木駿が期限付き移籍先から復帰、順天堂大学から長谷川竜也が入団した。また、昨シーズンまで背番号16をつけていた大島僚太が今シーズンから背番号10をつけることとなり、クラブで初めて日本人選手が10番を付ける事になった。この他、シーズン中に柏からエドゥアルドを期限付き移籍で獲得した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た佐原秀樹

    前シーズン終盤の監督不在を解消するため、グレミオからあっせんされたベット監督が就任。鹿島から鬼木達が加わり、シーズン序盤にゴールを量産したヴァルディネイや途中退団のベッチーニョに代わって入団したツゥットなどのブラジル人FWが活躍した。前年は桐光学園高校からの新入団直後にグレミオにサッカー留学していた佐原秀樹も試合に出場し、社員選手でも川元正英や久野智昭がレギュラーを獲得して、チームの総合力向上に成功した。最終節のソニー仙台FC戦で敗れてJFL優勝は東京ガスにさらわれたが、準優勝となった。しかし、J1参入決定戦1回戦の福岡戦でVゴール負けを喫し、Jリーグ ディビジョン2 (J2) への参入が決まった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た鹿島アントラーズ

    前シーズン終盤の監督不在を解消するため、グレミオからあっせんされたベット監督が就任。鹿島から鬼木達が加わり、シーズン序盤にゴールを量産したヴァルディネイや途中退団のベッチーニョに代わって入団したツゥットなどのブラジル人FWが活躍した。前年は桐光学園高校からの新入団直後にグレミオにサッカー留学していた佐原秀樹も試合に出場し、社員選手でも川元正英や久野智昭がレギュラーを獲得して、チームの総合力向上に成功した。最終節のソニー仙台FC戦で敗れてJFL優勝は東京ガスにさらわれたが、準優勝となった。しかし、J1参入決定戦1回戦の福岡戦でVゴール負けを喫し、Jリーグ ディビジョン2 (J2) への参入が決まった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た東京ヴェルディ1969

    フロンターレは優勝争いに加わり、前半戦終了の第15節終了時点では昇格圏内の2位に付けていた。後半戦には平塚から野口幸司、V川崎から長谷部茂利を追加補強したが、同9月の第20-22節に上位の直接対決となったコンサドーレ札幌、東京ガス、本田技研に3連敗して昇格圏外となる3位に後退した後に斉藤が監督を辞任。最終成績は札幌・東京ガスに次ぐ3位となり、勝ち点1差でJリーグ昇格を逃した。シーズン後には野口や長谷部は元の所属チームに戻り、小泉も退団した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た田坂祐介

    関塚体制5年目。MFマギヌンが名古屋へ移籍。一方で東京Vへ期限付き移籍していた吉原慎也、フッキらがチームに復帰し、千葉より山岸智を獲得した。また、青山学院大学からMF田坂祐介、駒澤大学からMF菊地光将、早稲田大学からDF横山知伸、下部組織よりトップチームへ昇格のDF吉田勇樹(後にU-19日本代表に選出)らが加入。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た養父雄仁

    横浜FMから小宮山尊信が完全移籍、スタッド・レンヌから9年ぶりのJリーグ復帰となる稲本潤一を獲得。佐原秀樹がFC東京への期限付き移籍から2年ぶりに復帰した。一方、村上和弘が大宮へ移籍。吉原慎也が退団(のち柏に加入)、山岸智や、養父雄仁、久木野聡・杉浦恭平などがそれぞれ期限付き移籍した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た杉本健勇

    補強は、仙台から角田誠、大宮から橋本晃司、松本から船山貴之、C大阪から杉本健勇、徳島から松井謙弥を完全移籍で、アメリカFCからエウシーニョを期限付き移籍で獲得。ユースから板倉滉、三好康児が昇格し、昨年途中に特別指定選手として登録された筑波大学の車屋紳太郎、同じく筑波大学の中野嘉大が入団した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た狩野健太

    補強は、北九州から大塚翔平、千葉から森本貴幸、柏から狩野健太、京都から原川力、札幌から昨シーズンFC東京に期限付き移籍していた奈良竜樹という大島と共に参戦したAFC U-23選手権2016を制したU-23サッカー日本代表コンビに加え、水原三星ブルーウィングスから鄭成龍(チョン・ソンリョン)、アヴァイFCからエドゥアルド・ネットを完全移籍で獲得、高木駿が期限付き移籍先から復帰、順天堂大学から長谷川竜也が入団した。また、昨シーズンまで背番号16をつけていた大島僚太が今シーズンから背番号10をつけることとなり、クラブで初めて日本人選手が10番を付ける事になった。この他、シーズン中に柏からエドゥアルドを期限付き移籍で獲得した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た山瀬功治

    一方で横浜FMから山瀬功治、田中裕介、東京Vから柴崎晃誠を獲得。U-21代表で活躍した實藤友紀をはじめとした6人の新人選手が加入した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た奥野僚右

    松本が監督を退いて社長となり、後任としてヘッドコーチのゼッカが監督に就任。初のJ1挑戦に備えて積極的な補強を進め、特に鹿島からは同シーズンの主将に指名された奥野僚右、鈴木隆行、マジーニョ、鬼木達(再移籍)などを相次いで獲得。他にもパラグアイ代表MFアルバレンガ、元日本代表FW森山泰行等が加入したが、これらの選手と従来の選手との融合が全く図れず、実権のない社長に棚上げされた松本と副社長兼強化責任者の小浜の対立も表面化し、富士通出身の杉本聰ゼネラルアドバイザー(前社長)により小浜中心の体制で運営を進めることが確認されるなど、チーム内での不協和音が増加した。外国人を入れ替える方針によりFC東京へレンタル移籍させたFWツゥットが大活躍し、FC東京がJ1で躍進した事も新体制への批判に拍車をかけた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

459件中 11 - 20件表示
[an error occurred while processing this directive]

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]