301件中 21 - 30件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た柏レイソル

    ベットが監督を続投。岩本輝雄を獲得したが、序盤は出遅れた。その後、松本育夫に監督が交代し、ティンガやからDF森川拓巳などを獲得した。チームは順調に勝ち点を伸ばし、11月5日の鳥栖戦(等々力)に勝利し、J1昇格条件のJ2の2位以内が確定。11月8日にJ2優勝も決めた。また、この年に初のマスコットとしてふろん太を発表。5月に練習場が東京都稲城市の富士通南多摩工場の敷地内の「富士通南多摩グラウンド」(2005年の工場閉鎖後に稲城市営南多摩スポーツ広場に移管・改称)から、川崎市麻生区片平にある麻生グラウンド(旧・大東学園高等学校グラウンド)に移転。さらに市内全体での広報活動を強化し、川崎市も市民後援会を発足させた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たコンサドーレ札幌

    監督も富士通社員の城福浩からプロ契約の斉藤和夫へと交代した後はリーグの上位グループに付け、後半戦に野口幸司と長谷部茂利を追加補強したが、同9月にコンサドーレ札幌、東京ガス、本田技研に3連敗して斉藤が監督を辞任。最終成績は3位となり、Jリーグ昇格は成らなかった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た2009年

    またトップチームの麻生練習場がある麻生区では2009年に「麻生アシストクラブ」が発足した。「しんゆり・芸術のまちづくりフォーラム」内に事務所が置かれ、商店街や各種団体などが構成する同クラブを川崎市役所(麻生区役所)やフロンターレが後援する形を取って、同区内での広報・支援活動を展開する事になった。同クラブでは小田急電鉄の協力も受け、麻生練習場の最寄り駅である小田急多摩線栗平駅のホーム脇陸橋に告知看板を出すなどの活動をしている。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た高坂真琴

    エースをねらえ!/4月15日の清水戦。Jリーグ加盟以来勝利を挙げていなかった清水を相手に「エース」ならぬ「エス(パルス)をねらえ!」と題して初勝利を目指そうという企画を行った。この時はアニメの「エースをねらえ!」で岡ひろみ役を演じた高坂真琴が「このゲームは絶対に負けられない!! 打倒オレンジ、ついに完結よ!!」といったフレーズの宣伝を行った。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た平泉成

    2010年、麻生グランド近くに住んでいるということで平泉成が開幕キャンペーンに出演。開幕戦には始球式も勤める川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た児玉清

    朝日放送テレビ・パネルクイズアタック25/8月25日のガンバ大阪戦の試合において、同番組とのコラボレーション「アタック25日」を開催。博多華丸が児玉清の物まねで「フロンターレ!! 大事なアタックチャーンス!!」とPRした他、同番組の特徴である回答者のカラーの入れ替わり(ガンバの青からフロンターレの水色)のパフォーマンスをバックスタンドのフロンターレ応戦席で行った。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た鬼木達

    鹿島から鬼木達が加わり、シーズン序盤にゴールを量産したヴァルディネイや途中退団のベッチーニョに代わって入団したツゥットなどのブラジル人FWが活躍した。グレミオ留学から復帰した佐原秀樹も試合に出場し、社員選手でも川元正英や久野智昭がレギュラーを獲得し、チームの総合力向上に成功した。最終節のソニー仙台FC戦で敗れてJFL優勝は東京ガスにさらわれたが、JFL準優勝となり、J1参入決定戦に参戦した。しかし、1回戦の福岡戦(東平尾公園博多の森球技場)でVゴールによる逆転負けを喫してJリーグ ディビジョン1(J1)参入を逃し、Jリーグ ディビジョン2 (J2) への参入が決まった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た田坂祐介

    MFマギヌンが名古屋へ移籍。一方で東京Vへ期限付き移籍していた吉原慎也、フッキらがチームに復帰し、千葉より山岸智を獲得した。また、青山学院大学からMF田坂祐介、駒澤大学からMF菊地光将、早稲田大学からDF横山知伸、下部組織よりトップチームへ昇格のDF吉田勇樹(後にU-19日本代表に選出)らが加入。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た原田拓

    我那覇と箕輪がそれぞれ神戸、札幌に完全移籍し、原田拓が熊本へ、大橋正博がKリーグ江原へ、レンタル移籍だった都倉賢(草津)、西山貴永(仙台)が完全移籍するなど7選手が退団。また、FC東京にレンタル移籍していた佐原秀樹のレンタル期間が1年延長された。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た鈴木隆行

    松本が監督を退いて社長となり、後任としてブラジル人ヘッドコーチであったゼッカが監督に就任。鹿島から鈴木隆行、マジーニョ、鬼木達(再移籍)、パラグアイ代表MFアルバレンガ、元日本代表FW森山泰行等を獲得したが、シーズンを通じて勝ち点が伸びず、監督も2度交代したが、J1の年間総合順位では最下位(16位)となり、1年でJ2へ降格した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

301件中 21 - 30件表示

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード