459件中 41 - 50件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た湘南ベルマーレ

    前年の旧JFL10位からJリーグ昇格条件の2位以内を目指すため、富士通サッカー部がJSL1部に昇格した時の主将だった小浜誠二が事実上の責任者となる常務に就任。富士通からの豊富な資金力を利用して、監督を富士通社員の城福浩からプロ契約の斉藤和夫へと交代し、選手では名古屋の中西哲生、平塚のベッチーニョ、横浜Fの桂秀樹、清水の向島建、横浜Mの小泉淳嗣等を獲得。富士通川崎時代のレギュラーだった伊藤彰・小松崎保・源平貴久などの富士通社員選手は控えに回し、元Jリーガーを重用した布陣で1年でのJリーグ昇格を目指した。この他、ブラジルのグレミオとの業務提携も発表した。ちなみに、現在のチームカラーが水色と黒なのは、グレミオのチームカラーを模した名残である。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た清水エスパルス

    前年の旧JFL10位からJリーグ昇格条件の2位以内を目指すため、富士通サッカー部がJSL1部に昇格した時の主将だった小浜誠二が事実上の責任者となる常務に就任。富士通からの豊富な資金力を利用して、監督を富士通社員の城福浩からプロ契約の斉藤和夫へと交代し、選手では名古屋の中西哲生、平塚のベッチーニョ、横浜Fの桂秀樹、清水の向島建、横浜Mの小泉淳嗣等を獲得。富士通川崎時代のレギュラーだった伊藤彰・小松崎保・源平貴久などの富士通社員選手は控えに回し、元Jリーガーを重用した布陣で1年でのJリーグ昇格を目指した。この他、ブラジルのグレミオとの業務提携も発表した。ちなみに、現在のチームカラーが水色と黒なのは、グレミオのチームカラーを模した名残である。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たFC東京

    松本が監督を退いて社長となり、後任としてヘッドコーチのゼッカが監督に就任。初のJ1挑戦に備えて積極的な補強を進め、特に鹿島からは同シーズンの主将に指名された奥野僚右、鈴木隆行、マジーニョ、鬼木達(再移籍)などを相次いで獲得。他にもパラグアイ代表MFアルバレンガ、元日本代表FW森山泰行等が加入したが、これらの選手と従来の選手との融合が全く図れず、実権のない社長に棚上げされた松本と副社長兼強化責任者の小浜の対立も表面化し、富士通出身の杉本聰ゼネラルアドバイザー(前社長)により小浜中心の体制で運営を進めることが確認されるなど、チーム内での不協和音が増加した。外国人を入れ替える方針によりFC東京へレンタル移籍させたFWツゥットが大活躍し、FC東京がJ1で躍進した事も新体制への批判に拍車をかけた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た高木駿

    風間体制3年目。J2時代の2001年からチームを支えてきた伊藤宏樹が現役を引退、風間宏矢が大分、矢島卓郎が横浜FM、棗佑喜が松本、風間宏希が北九州へ、薗田淳が札幌、鳥取へ期限付き移籍していた田中雄大が水戸へ完全移籍、高木駿が千葉へ期限付き移籍、アラン・ピニェイロ、ロブソンが期限付き移籍期間満了、谷尾昂也(鳥取)杉浦恭平(神戸)が期限付き移籍先に完全移籍、昨年横浜FCに期限付き移籍していた森下俊は磐田に期限付き移籍した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た可児壮隆

    補強は、大分から森島康仁、横浜FCから武岡優斗を完全移籍で、栃木からパウリーニョ、大宮から金久保順を期限付き移籍で獲得、安藤駿介が期限付き移籍から復帰、昨年途中に特別指定選手として登録された筑波大学のMF谷口彰悟、阪南大学のMF可児壮隆が入団した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た北海道コンサドーレ札幌

    フロンターレは優勝争いに加わり、前半戦終了の第15節終了時点では昇格圏内の2位に付けていた。後半戦には平塚から野口幸司、V川崎から長谷部茂利を追加補強したが、同9月の第20-22節に上位の直接対決となったコンサドーレ札幌、東京ガス、本田技研に3連敗して昇格圏外となる3位に後退した後に斉藤が監督を辞任。最終成績は札幌・東京ガスに次ぐ3位となり、勝ち点1差でJリーグ昇格を逃した。シーズン後には野口や長谷部は元の所属チームに戻り、小泉も退団した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た大分トリニータ

    4月23日、我那覇和樹が試合後に受けた疲労回復の静脈注射(点滴)がJリーグのドーピング(禁止薬物使用)規定違反と認定され、自粛期間を含めて公式戦6試合の出場停止、チームにも1000万円の罰金となった。我那覇は5月19日の大分戦から復帰したが、以後は精彩を欠き、年間を通じて1ゴールのみに終わった。この問題はその後も尾を引き、結局は2008年にスポーツ仲裁裁判所で審理される事になったが、仲裁の結果は我那覇にドーピングの事実が認められないとされ、かつ、Jリーグ側に仲裁費用の負担を求める異例の裁定となった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たセレッソ大阪

    チーム成績は低迷し、V川崎とリーグ戦で初対戦 となった4月22日・1stステージ第8節の「川崎ダービー」にも敗れ、5月3日・第10節の磐田戦では藤田俊哉にペナルティーキックだけで3得点のハットトリックを許す空前絶後の記録を許して1 - 5と大敗した後にゼッカを解任し、ヘッドコーチの今井敏明が後任の監督に就任。5月27日・第15節(最終節)のC大阪戦(長居)ではシーズン後に同年のJリーグ優秀新人賞を獲得した我那覇和樹の得点に続いて浦田尚希が延長Vゴールを決め、2 - 1で勝利してC大阪の優勝を阻止した が、1stステージは16チーム中15位で終え、2ndステージでも苦戦が続いた。8月19日・第10節の市原戦に敗れてJ1残留の可能性が低くなると、その後のナビスコ杯準々決勝でV川崎に勝利してベスト4に進んだ後にクラブはシーズン2度目の監督交代に踏み切り、育成部から移動させた小林寛を監督とした。この時期までに外国人選手は全員入れ替わり、出番が減った鈴木隆行も鹿島に戻るなど、チームは開幕前から大きく様変わりしていた。新体制で臨んだナビスコ杯準決勝では京都を下して決勝に進出したが、決勝では鹿島に敗れてタイトルを逃し、リーグ戦でも11月18日・第13節(日立柏)の柏戦を戦う前に残留争いの対象チームが勝利を飾ったためJ2降格が決定した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た大宮アルディージャ

    ベット体制2年目。元日本代表の岩本輝雄を獲得して同時に主将に据えた。リーグ戦は開幕3連敗でスタートし、第5節のヴァンフォーレ甲府戦に勝利した後、ベットを監督から解任。Jリーグカップ(ナビスコ杯)1回戦のG大阪戦 を挟み、第6節、4月18日の札幌戦から松本育夫に監督が交代した。久々のクラブチーム監督となった松本に対して反発した岩本はやがてチーム構想から外されたが、岩本に代わって主将に就任した中西の起用や柏から途中加入したDF森川拓巳などが守備を安定させ、攻撃面ではブラジル人のティンガが活躍した。松本就任後のチームは順調に勝ち点を伸ばし、7月30日・第19節の大宮戦に勝利して首位に立ち、11月5日の鳥栖戦(等々力)に勝利し、J1昇格条件のJ2の2位以内が確定。11月8日にJ2優勝も決めた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たベガルタ仙台

    我那覇と箕輪がそれぞれ神戸、札幌に完全移籍し、原田拓が熊本へ、大橋正博がKリーグ江原へ、レンタル移籍だった都倉賢(草津)、西山貴永(仙台)が完全移籍するなど7選手が退団。また、FC東京にレンタル移籍していた佐原秀樹のレンタル期間が1年延長された。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

459件中 41 - 50件表示
[an error occurred while processing this directive]

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]