459件中 81 - 90件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た中山雅史

    2ndステージに入り開幕戦はFC東京に勝利したものの開幕戦直後に攻撃の主力レナトが中国・広州富力へ電撃移籍し、その後6節の山形戦で引き分けると3連敗を喫し4試合で2得点と失速した。9月に入り4連勝で16得点を重ね、CS出場への可能性を残したが14節で広島に敗れCS出場の可能性が消滅した。リーグ終盤戦に再び失速し1分2敗したものの最終節は仙台相手に勝利を収め、リーグ戦は2ndステージ7位、年間順位は6位で終えた。また大久保がシーズン23得点を挙げ史上初となる3年連続J1単独得点王に輝き、通算156得点となり中山雅史の通算得点記録157得点まであと1点に迫ったが惜しくも今シーズンの達成はならなかった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た関塚隆

    鹿島でコーチを務めていた関塚隆が監督に就任。また、鹿島からDF相馬直樹、新潟から2年連続でJ2リーグ得点王のマルクスを補強した。リーグ戦では開幕直後から首位を独走し、9月26日・第36節の水戸戦(笠松)でマルクスの2ゴールにより2 - 1で勝利してJ2の2位以内によるJ1昇格が「内定」、続く10月2日・第37節の横浜FC戦(等々力)にも勝利して5年ぶり2度目のJ2優勝が確定。シーズン最終成績も勝ち点105、得点104と、昇格後に設定した「ダブル・トリプル」の目標を達成した。また、ジュニーニョは37得点を挙げてJ2得点王を獲得した。第84回天皇杯ではベスト16に入った。なお、この年のスローガン「Mind-1」は、2011年からの東日本大震災復興支援活動で再び利用される事になった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た車屋紳太郎

    補強は、仙台から角田誠、大宮から橋本晃司、松本から船山貴之、C大阪から杉本健勇、徳島から松井謙弥を完全移籍で、アメリカFCからエウシーニョを期限付き移籍で獲得。ユースから板倉滉、三好康児が昇格し、昨年途中に特別指定選手として登録された筑波大学の車屋紳太郎、同じく筑波大学の中野嘉大が入団した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た木村祐志

    町田元監督の相馬直樹が監督に就任。DF森勇介が東京V、稲本潤一の加入などで出場機会を減らした谷口博之がユース時代に所属した横浜FM、植草裕樹がレンタル移籍先の山形、木村祐志が北九州へそれぞれ移籍した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た春日王克昌

    スポーツ交流パートナー事業以外の異競技交流では大相撲・春日山部屋が川崎市川崎区にある という縁で、フロンターレのファン感謝デーに春日山部屋の力士をゲスト出演として招き、フロンターレの主催試合では春日山部屋の所属力士が同部屋のちゃんこを販売する屋台が競技場外の広場に毎回出店されている。また、毎年1度は同部屋の力士が等々力陸上競技場を訪れ、相撲にちなんだイベントを行う「イッツァスモウワールド」 を実施している。2014年は開催が途切れたが、2015年4月29日のJ1・1stステージ第8節、柏レイソル戦では2年ぶりに開催され、同部屋力士によるアトラクション、特製ちゃんこなどの飲食販売、等々力陸上競技場での枡席の設置、選手入場前の呼出による両チーム名の読み上げなどが行われた。なお、この時の開催は日本相撲協会も後援し、本場所(五月場所)のチケット販売、特製焼き鳥の販売、マスコット「ひよの山」の来場、始球式では人気の高い振分親方(現役時代は高見盛精彦)の参加などで協力した。一方、2009年からは毎年1回、両国国技館での本場所でフロンターレが告知してサポーターが集まる春日山部屋応援ツアーが実施され、同部屋所属の春日王克昌などの応援に駆けつけ(2010年9月13日 NHK総合テレビジョン「Bizスポ」より)、2011年も九月場所(秋場所)9日目の9月19日に実施された。春日王は大相撲八百長問題によって2011年4月に引退したが、同年の「イッツ・ア・スモウワールド」開催日となった5月3日のジュビロ磐田戦では春日王が試合前にグラウンドに登場して引退報告と今までの支援への感謝を述べ、5月28日に行われた春日王の断髪式には武田社長が参加した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た高見盛精彦

    スポーツ交流パートナー事業以外の異競技交流では大相撲・春日山部屋が川崎市川崎区にある という縁で、フロンターレのファン感謝デーに春日山部屋の力士をゲスト出演として招き、フロンターレの主催試合では春日山部屋の所属力士が同部屋のちゃんこを販売する屋台が競技場外の広場に毎回出店されている。また、毎年1度は同部屋の力士が等々力陸上競技場を訪れ、相撲にちなんだイベントを行う「イッツァスモウワールド」 を実施している。2014年は開催が途切れたが、2015年4月29日のJ1・1stステージ第8節、柏レイソル戦では2年ぶりに開催され、同部屋力士によるアトラクション、特製ちゃんこなどの飲食販売、等々力陸上競技場での枡席の設置、選手入場前の呼出による両チーム名の読み上げなどが行われた。なお、この時の開催は日本相撲協会も後援し、本場所(五月場所)のチケット販売、特製焼き鳥の販売、マスコット「ひよの山」の来場、始球式では人気の高い振分親方(現役時代は高見盛精彦)の参加などで協力した。一方、2009年からは毎年1回、両国国技館での本場所でフロンターレが告知してサポーターが集まる春日山部屋応援ツアーが実施され、同部屋所属の春日王克昌などの応援に駆けつけ(2010年9月13日 NHK総合テレビジョン「Bizスポ」より)、2011年も九月場所(秋場所)9日目の9月19日に実施された。春日王は大相撲八百長問題によって2011年4月に引退したが、同年の「イッツ・ア・スモウワールド」開催日となった5月3日のジュビロ磐田戦では春日王が試合前にグラウンドに登場して引退報告と今までの支援への感謝を述べ、5月28日に行われた春日王の断髪式には武田社長が参加した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た西城秀樹

    なお、上記の川崎市制記念試合では川崎市により市民が集団招待されているが、2004年(市制施行70周年)から2006年までは当時川崎市内在住で、「YOUNG MAN」を日本語カバーでヒットさせた西城秀樹が毎年招聘され、ハーフタイムショーに出演するのが常だった。2008年からは川崎麻世に代わって西城が再び出演するようになり、西城は2003年に脳梗塞を発症しており、2011年には同病を再発し、川崎市外への転出も行ったが、2012年以降の市制記念試合にも引き続いて出演している。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た風間八宏

    開幕2連勝と順調なスタートを切ったが、その後は公式戦5戦勝ちなしと低迷。その後3月31日の浦和戦、4月8日のFC東京戦で数的有利でありながら勝てないなど攻撃面での行き詰まりを見せたことや、開幕前後から選手との関係が疎遠になっていた事 などを理由に4月11日に相馬を解任した。その後、後任監督決定までの3試合(ナビスコ杯の1試合を含む)をコーチの望月達也が監督代行としての指揮を経て、同月23日、筑波大監督の風間八宏が監督に就任した。中盤こそ故障者が多発したことや決定力不足により苦戦した時期もあったが、11月7日の浦和戦で4対2で勝利した試合から、シーズン終了まで3勝1分と負け無しでシーズンを終える。最終的には前年を上回る8位でフィニッシュした。なお、7月1日に風間監督の長男である風間宏希と風間宏矢が入団し、Jリーグ史上初めて同時に父が監督、息子が選手として所属する「親子鷹」が実現した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た谷口彰悟

    補強は、大分から森島康仁、横浜FCから武岡優斗を完全移籍で、栃木からパウリーニョ、大宮から金久保順を期限付き移籍で獲得、安藤駿介が期限付き移籍から復帰、昨年途中に特別指定選手として登録された筑波大学のMF谷口彰悟、阪南大学のMF可児壮隆が入団した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た髭男爵

    中村、井川、谷口の3選手、武田社長、マスコットキャラクター・ふろん太とその家族との共演アニメ(全4話)が制作され、『ファイト!川崎フロンターレ』内で放送された 1。『サンレッド』のDVD2〜5巻に映像特典として収録されている。また、そのコラボレーション企画の一環として、タレントの髭男爵の2人(山田ルイ53世、ひぐち君)が開幕戦の始球式に登場した(両者とも、同作のアニメに声優として出演)。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

459件中 81 - 90件表示
[an error occurred while processing this directive]

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]