301件中 81 - 90件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た湘南ベルマーレ

    富士通サッカー部元主将の小浜誠二が事実上の責任者となる常務に就任。富士通からの豊富な資金力を利用して、名古屋の中西哲生や平塚のベッチーニョ等を獲得。富士通川崎時代のレギュラーだった伊藤彰・小松崎保・源平貴久などの富士通社員選手は控えに回し、1年でのJリーグ昇格を目指した。この他、ブラジルのグレミオとの業務提携も発表した。ちなみに、現在のチームカラーが水色と黒なのは、グレミオのチームカラーを模した名残である。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たアルビレックス新潟

    鹿島でコーチを務めていた関塚隆が監督に就任。また、鹿島からDF相馬直樹、新潟から2年連続でJ2リーグ得点王のマルクスを補強。リーグ戦は開幕直後から首位を独走。9月26日の水戸戦に勝利してJ1昇格が確定、10月2日に横浜FCに勝利して5年ぶり2度目のJ2優勝が確定。シーズン成績も勝ち点105、得点104の「ダブル・トリプル」を達成した。また、ジュニーニョが37得点を挙げて、J2得点王を獲得した。天皇杯はベスト16に入った。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た愛媛FC

    補強は、湘南から西部洋平、C大阪から小松塁、京都から森下俊を完全移籍で、コリチーバFCからレナト、ジェシ。グレミオからレネ・サントスをレンタル移籍で獲得、2年間愛媛にレンタル移籍していた杉浦恭平が復帰した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た大宮アルディージャ

    ブラジルのSEパルメイラスから獲得したFWジュニーニョが我那覇和樹とともに前線で活躍、また鹿島から移籍したDFアウグストも攻守にわたりチームをまとめ上げた。また、大宮からFWバルデスを獲得したが、3得点に止まりシーズン途中に退団した。日本人の新加入選手では、前年J1に昇格した大分からMF山根巌、新人ながら主に交代要員として全試合でベンチ入りしたMF中村憲剛などが加わった。シーズン成績は2位と勝ち点1差の3位に終わった。シーズン終了後に石崎が監督を辞任した。天皇杯はベスト16に進出した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た横浜FC

    鹿島でコーチを務めていた関塚隆が監督に就任。また、鹿島からDF相馬直樹、新潟から2年連続でJ2リーグ得点王のマルクスを補強。リーグ戦は開幕直後から首位を独走。9月26日の水戸戦に勝利してJ1昇格が確定、10月2日に横浜FCに勝利して5年ぶり2度目のJ2優勝が確定。シーズン成績も勝ち点105、得点104の「ダブル・トリプル」を達成した。また、ジュニーニョが37得点を挙げて、J2得点王を獲得した。天皇杯はベスト16に入った。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たスポーツ仲裁裁判所

    4月23日、我那覇和樹が試合後に受けた疲労回復の静脈注射(点滴)がJリーグのドーピング(禁止薬物使用)規定違反と認定され、自粛期間を含めて公式戦6試合の出場停止、チームにも1000万円の罰金となった。我那覇は5月19日の大分戦から復帰したが、以後は精彩を欠き、年間を通じて1ゴールのみに終わった。この問題はその後も尾を引き、結局は2008年にスポーツ仲裁裁判所で審理される事になったが、仲裁の結果は我那覇にドーピングの事実が認められないとされ、かつ、Jリーグ側に仲裁費用の負担を求める異例の裁定となった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た川崎麻世川閲麻世

    川崎麻世(タレント)/6月30日の神戸戦で、川崎市のスポンサードマッチ(7月1日の市制施行記念日に合わせた記念試合)を実施。その試合で川崎麻世が「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」をハーフタイムショーとして熱唱。2006年までは西城秀樹が、川崎市内在住の縁でほぼ毎年招聘されていた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たくぼたまこと

    2009年、TVアニメ『天体戦士サンレッド(作:くぼたまこと、ヤングガンガン連載)』とコラボ。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た岩本輝雄岩本 輝雄

    ベットが監督を続投。岩本輝雄を獲得したが、序盤は出遅れた。その後、松本育夫に監督が交代し、ティンガや柏からDF森川拓巳などを獲得した。チームは順調に勝ち点を伸ばし、11月5日の鳥栖戦(等々力)に勝利し、J1昇格条件のJ2の2位以内が確定。11月8日にJ2優勝も決めた。また、この年に初のマスコットとしてふろん太を発表。5月に練習場が東京都稲城市の富士通南多摩工場の敷地内の「富士通南多摩グラウンド」(2005年の工場閉鎖後に稲城市営南多摩スポーツ広場に移管・改称)から、川崎市麻生区片平にある麻生グラウンド(旧・大東学園高等学校グラウンド)に移転。さらに市内全体での広報活動を強化し、川崎市も市民後援会を発足させた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たアレックス・アントニオ・デ・メロ・サントス

    ベンチーニョ、マルキーニョや途中加入のマーロン、アレックスなどのブラジル人選手が攻撃を担い、中盤には神戸からレンタル移籍した茂原岳人が加わった。さらに、DF岡山一成獲得し守備力を強化。石崎のプレス戦術も浸透し、勝ち点を多く積み上げたが、前半戦の出遅れが最後まで挽回できず、4位に終わった。天皇杯はベスト8に入った。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

301件中 81 - 90件表示

「川崎フロンターレ」のニューストピックワード