前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示
  • タカミヤ

    タカミヤから見た川崎宗則川崎宗則

    2005年(平成17年)より、川崎宗則(福岡ソフトバンクホークス内野手)をイメージキャラクターに起用。テレビCMを放映中。タカミヤ フレッシュアイペディアより)

  • 森本学

    森本学から見た川崎宗則川崎宗則

    には自己最多の出場機会を得て、川崎宗則の代役スタメンや守備固め、本多雄一の二塁手定着後は三塁の守備固めなどで起用され、初めて一年を通して一軍に定着した。二塁手55試合、三塁手20試合、遊撃手12試合とさまざまなポジションを守り、チームでただ一人年間無失策を成し遂げた。森本学 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田講平

    柴田講平から見た川崎宗則川崎宗則

    は開幕一軍に入ったものの、開幕スターティングメンバーは俊介に譲ることとなり、代走や守備固めなどの起用が多かった。5月13日の対中日ドラゴンズ戦でプロ入り初安打を記録し、5月21日には初スタメン出場も経験した。後半戦は俊介に代わって中堅でのスタメン出場が多くなり、終盤にはバットを川崎宗則のモデルから青木宣親のモデルに変え、打撃フォームも青木に似たものに変えて2番・中堅のレギュラーを獲得し成績を伸ばしていったが、8月14日の対東京ヤクルトスワローズ戦では9回裏二死満塁の場面で飛球を落球してしまい、走者一掃の適時失策を犯すということもあった。柴田講平 フレッシュアイペディアより)

  • 明石健志

    明石健志から見た川崎宗則川崎宗則

    、二軍で打率.282、チームトップの10盗塁、ウェスタン・リーグ最多の8三塁打を記録。一軍では一塁の小久保裕紀の守備固め、北京オリンピック野球日本代表に選出された川崎宗則の代役の遊撃手として29試合に出場し、プロ初盗塁を記録した。明石健志 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤和巳

    斉藤和巳から見た川崎宗則川崎宗則

    松中信彦・和田毅・川崎宗則・ホワイトと共演。斉藤和巳 フレッシュアイペディアより)

  • 大場翔太

    大場翔太から見た川崎宗則川崎宗則

    チームきっての天然キャラであり、数々の珍発言・珍エピソードを残している。そのためか、川崎宗則曰く「松田は天然系、大場は宇宙系」、またD.J.ホールトンからは、「何処の星から来た?どこで地球の言葉を覚えたの?」とまで言われたことがある。大場翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た川崎宗則川崎宗則

    全日本野球会議は、第24回アジア野球選手権兼北京オリンピック野球日本代表の1次選考候補の追加10選手を発表した。唯一、プレオリンピック大会で好投した愛工大の長谷部康平投手がアマチュアから選出された。残る9選手は次のとおり。投手(5人)?武田勝(北海道日本ハム)、成瀬善久(千葉ロッテ)、加藤大輔(オリックス)、朝倉健太(中日)、渡辺亮(阪神)。内野手(3人)?川崎宗則(福岡ソフトバンク)、高須洋介(東北楽天)、中村紀洋(中日)。外野手(1人)?サブロー(千葉ロッテ)。最終候補選手30人は10月に発表される見通し。(5月7日のできごと参照。)2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 松田宣浩

    松田宣浩から見た川崎宗則川崎宗則

    、4月17日の西武戦で自身初のサヨナラ本塁打を含む2本塁打を、20日と21日には2試合連続の本塁打(21日はホセ・オーティズとの2者連続本塁打)を放った。4月はリーグ2位の4本塁打、同2位のOPS1.014を残した。その後も打撃は好調で、松中信彦、小久保、アレックス・カブレラが相次いで離脱した9月25日以降は最終戦まで4番を任された。結果的に自身初めて全試合にフルイニング出場し(他にチーム内では川崎宗則・本多雄一も記録。1チーム3人の全試合フルイニング出場は2リーグ制以後、初の記録)、いずれも自己最高の打率.282、25本塁打、83打点、27盗塁、OPS.854を記録し、リーグ連覇に大きく貢献した。松田宣浩 フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見た川崎宗則川崎宗則

    北京オリンピック予選リーグでは初戦となる対キューバ戦のマウンドを託されたが、日本のメディアによるインタビューに答えたユリエスキ・グリエルからは「簡単に打てる」と言われ、試合では4回0/3を投げて4失点と打ち込まれ、敗戦投手になる。試合後は長髪をバッサリと切って、丸刈りにして球場に現れた。「おれもやるからお前もやれ」と半ば強要されて田中将大も丸刈りにし、田中は「僕は道連れにされました」とコメントした。ちなみにダルビッシュの頭をバリカンで刈ったのは川崎宗則であり、この翌日、二人に続いて川崎宗則、阿部慎之助も丸刈りとなって球場に現れた。しかしこの1戦で星野監督の信頼を失い、予定されていたメダルのかかる決勝トーナメント準決勝の先発も剥奪される。結局その後の登板は消化試合だった予選リーグ最終戦の対アメリカ戦の先発や、3位決定戦の対アメリカ戦での敗戦処理で登板した。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た川崎宗則川崎宗則

    は前年の秋山引退や若田部健一の移籍があり、開幕直前に精神的支柱であり主砲小久保裕紀が大怪我でシーズン絶望と判明するも、前年のドラフト自由獲得枠の和田毅・新垣渚の両投手が大車輪の活躍をし、斉藤和巳20勝や村松有人・川崎宗則の打棒開花などでかえって戦力の底上げが実現した。王貞治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード