141件中 11 - 20件表示
  • 本多雄一

    本多雄一から見た川崎宗則川崎宗則

    ''は、自身初の開幕スタメンを果たし、開幕から正二塁手に定着した。序盤の打順は9番だったが、川崎宗則の離脱で4月11日以降2番を打つことが多くなった。4月25日の対西武戦ではマルチ安打を記録し、相手捕手野田浩輔から自身初のマルチ盗塁を成功させた。6月27日時点ではリーグトップの17盗塁と好調だった。7月28日の対西武戦では3回にタイムリー二塁打で出塁し、許銘傑?細川亨バッテリーからプロ初の三盗を成功させた。7月28日から8月10日まで11試合連続安打を記録した。大村直之の左背筋痛により8月4日以降は1番打者に定着し、8月22日の対西武戦ではプロ初の1試合4安打を記録した。9月24日の対北海道日本ハムファイターズ戦で内野安打を打った際に一塁手・稲田直人と接触して首を強打して打撲、右ひざも痛めた。最終的にレギュラーシーズンではチーム最多の141試合に出場し、139試合に先発出場した。打撃では猛打賞を12度記録し、走ってはチーム最多でリーグ2位の34盗塁、4度のマルチ盗塁を記録するなど走攻守に成長を見せ飛躍の年となった。本多雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 福田秀平

    福田秀平から見た川崎宗則川崎宗則

    ''は、激しい外野手のポジション争いの中、開幕一軍選手登録を勝ち取る。自身が尊敬してやまない川崎宗則の6年振りの日本プロ野球復帰戦となった4月28日の対オリックス戦において、決勝となる2ラン本塁打を放つ。6月25日の対西武戦では、1点ビハインド9回2死一塁の状況で、増田達至から2ラン本塁打を放ち、プロ初のサヨナラ本塁打を記録する。この活躍により、7月12日に6月度の「スカパー! ドラマティック・サヨナラ賞」を受賞する。8月31日の対日本ハム戦では、相性の良い大谷翔平から勝ち越し打となる3ラン本塁打を放つ。9月1日の対楽天戦でジャフェット・アマダーが起こした乱闘騒ぎでは、身を挺して東浜巨を守るなど献身的な姿をみせる。上林誠知の台頭などで激しい外野手のポジション争いがあったが、守備や代走、代打の起用が中心ながら自己最多の104試合の出場を果たした。12月1日、福岡ヤフオク!ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、500万円アップとなる年俸2,800万円(金額は推定)でサインした。福田秀平 フレッシュアイペディアより)

  • 森本学

    森本学から見た川崎宗則川崎宗則

    には自己最多の出場機会を得て、川崎宗則の代役スタメンや守備固め、本多雄一の二塁手定着後は三塁の守備固めなどで起用され、初めて一年を通して一軍に定着した。二塁手55試合、三塁手20試合、遊撃手12試合とさまざまなポジションを守り、チームでただ一人年間無失策を成し遂げた。森本学 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た川崎宗則川崎宗則

    は北京オリンピック野球日本代表に選出され、オールスターゲームにも4度目の出場。共に同じ遊撃手の川崎宗則、西岡剛が選出されたこともあり、オールスターゲームでは三塁手を務めたが、悪送球による失策を記録した。北京五輪では、川崎の故障によって主に遊撃手を務めた。4年ぶりに20本塁打を記録。前半戦終了時にリーグトップだった打率は後半戦に入って徐々に落ちていったが、楽天のリック・ショートと首位打者を争い、楽天との最終戦までもつれ込んだ。結果は7毛差で及ばなかったが自己最高の打率.331を記録。最終戦後には敬遠されなかった事について「勝負してくれて嬉しかった」と語った。シーズン成績はチームトップの55四球を選び、それぞれ自己最高を更新する出塁率.410、25盗塁で、初タイトルとなる最高出塁率を獲得した。遊撃守備ではリーグ2位の12失策を記録したものの、守備率は遊撃手部門2位を記録して送球ミスも減り、ゴールデングラブ賞とベストナインを初受賞した。同年、かつて西武で背番号「3」を着けていた清原が引退を表明し、オリックス・バファローズとの最終戦の日にユニフォームの交換を行なった。オフの契約更改で年俸2億円に到達。「野球をやっている以上、いろんな国の選手がいる中でやってみたいという夢はあります。メジャーに行けるような選手になりたい」と将来的なメジャーリーグ挑戦志向を明かした。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 松田宣浩

    松田宣浩から見た川崎宗則川崎宗則

    ''4月17日の埼玉西武ライオンズ戦で自身初のサヨナラ本塁打を含む2本塁打を、20日と21日には2試合連続の本塁打(21日はホセ・オーティズとの2者連続本塁打)を放った。4月はリーグ2位の4本塁打、同2位のOPS1.014を残した。その後も打撃は好調で、松中信彦、小久保、アレックス・カブレラが相次いで離脱した9月25日以降は最終戦まで4番を任された。結果的に自身初めて全試合にフルイニング出場し(他にチーム内では川崎宗則・本多雄一も記録。1チーム3人の全試合フルイニング出場は2リーグ制以後、初の記録)、いずれも自己最高の打率.282、25本塁打、83打点、27盗塁、OPS.854を記録し、リーグ連覇に大きく貢献した。松田宣浩 フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た川崎宗則川崎宗則

    は前年の秋山引退や若田部健一の移籍があり、開幕直前に精神的支柱であり主砲小久保裕紀が大怪我でシーズン絶望と判明するも、前年のドラフト自由獲得枠の和田毅・新垣渚の両投手が大車輪の活躍をし、斉藤和巳20勝や村松有人・川崎宗則の打棒開花などでかえって戦力の底上げが実現した。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 川﨑宗則

    川﨑宗則から見た川崎宗則川崎宗則

    川﨑宗則 フレッシュアイペディアより)

  • ムネリン

    ムネリンから見た川崎宗則川崎宗則

    ムネリン フレッシュアイペディアより)

  • トニー・アタナシオ

    トニー・アタナシオから見た川崎宗則川崎宗則

    川?宗則 : SFXベースボール社のマーク・ピーパーに変更。トニー・アタナシオ フレッシュアイペディアより)

  • サルビアのつぼみ/You'll be alright with 槇原敬之

    サルビアのつぼみ/You'll be alright with 槇原敬之から見た川崎宗則川崎宗則

    「サルビアのつぼみ」は、福岡ソフトバンクホークス(当時)の川崎宗則選手の2006年度後半戦のテーマソングとして打席に立つ時に使われていた。また、阪神タイガースの矢野燿大選手の2006年度テーマソングとして打席に立つ時に使われていた。サルビアのつぼみ/You'll be alright with 槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

141件中 11 - 20件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード