111件中 11 - 20件表示
  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックから見た川崎宗則川崎宗則

    しかし、7回の表、先頭打者の4番松中信彦がライト線への二塁打を放ち、試合は大きく動いた。ここで韓国は金炳賢をマウンドに送り、後続の多村仁を凡退させた。日本は、これまで完全に抑えこまれていたためにスタメン落ちしていた福留孝介を代打として送り出した。福留は期待に応えてライトスタンドへ2ランホームラン。これに動揺した金は小笠原道大に死球、審判により警告を受け、さらに暴投で1死2塁となったところで里崎智也にエンタイトルツーベースを打たれ、3点目を献上。この時、韓国側は本来であれば日本打線をよく知っている具臺晟を起用したかったが、故障のために投げさせることができなかった。その後、川崎宗則のセカンドゴロが進塁打となったものの二死。しかし、ここから日本は宮本慎也、西岡剛、イチローが三連打。打者一巡で5点を挙げた。8回の表にも多村のソロホームランで追加点を挙げ、日本は上原が7回を無失点、8回は薮田安彦、9回には守護神大塚晶則を投入し完封リレー。6-0と完勝で決勝へと駒を進めた。一方の韓国は日本に1次、2次の両ラウンドでは勝利していたが、まさかの敗戦を喫した。2006 ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

  • 週刊和田毅 WATTI RADIO

    週刊和田毅 WATTI RADIOから見た川崎宗則川崎宗則

    川崎宗則の今日もヨロシコ(CROSS FM、2004年から毎年1月?3月に放送、チームメイトである川崎宗則が担当)週刊和田毅 WATTI RADIO フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表から見た川崎宗則川崎宗則

    本塁打:1 李承燁3号(2ラン、石井弘寿) 2 川崎宗則1号(ソロ、金善宇)2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表 フレッシュアイペディアより)

  • 川﨑宗則

    川﨑宗則から見た川崎宗則川崎宗則

    川﨑宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た川崎宗則川崎宗則

    もう負けられないダイエーは4回裏に西武先発の帆足から鳥越、川?宗則、出口雄大が適時打を放ち3点を先制、さらに6回に帆足から代わった森慎二から川?が本塁打を放ち4-0とした。西武打線はダイエー先発の倉野信次に封じられ、7回に和田の本塁打で1点を返すのみにとどまった。結局4-1でこの試合をものにしたダイエーが2勝2敗のタイに追いつき、リーグ優勝に逆王手とした。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • ホークス歌の応援団

    ホークス歌の応援団から見た川崎宗則川崎宗則

    ライバルは川?選手の「チェスト」ホークス歌の応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 落合英二ブルブルの輪

    落合英二ブルブルの輪から見た川崎宗則川崎宗則

    岩瀬仁紀は、西岡剛や川崎宗則に年齢を36,37と間違えられた。因みに川上憲伸は30いっていないと言い張った(当時の岩瀬は33歳。川上は32歳)。なお普段着で出演し、落合英二から喝を入れられた。落合英二ブルブルの輪 フレッシュアイペディアより)

  • 中村浩一

    中村浩一から見た川崎宗則川崎宗則

    初出場:2002年9月25日、対大阪近鉄バファローズ26回戦(大阪ドーム)、6回表に川崎宗則の代打として出場中村浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 瞬感スポーツ

    瞬感スポーツから見た川﨑宗則川崎宗則

    タイトルは福岡ソフトバンクホークスの川?宗則が命名。また、番組ロゴは、同じく福岡ソフトバンクホークスの和田毅がイラスト。瞬感スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 北野良栄

    北野良栄から見た川崎宗則川崎宗則

    川崎宗則から「松井さんがゴジラなら、北野はメカゴジラだな!」という一言がきっかけで、「メカゴジラ」のあだ名で親しまれた。公式HPにも「ポジティブ北野のめかゴジ日記」として2004年から退団するまで日記を公開していた。北野良栄 フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード